Y’sRoad スポーツバイクデモ2018 in 大阪 1月13日に鶴見緑地で開催


Y’sRoad、ワイズロードはスポーツ自転車専門の大手チェーンです。メインの商圏は東京の山手線の沿線です。全店の半数がここに集中します。

 

そのほかのエリアにはまんべんなく数店舗のショップが展開します。規模は自転車小売のベスト5に入ります。基本的に自転車屋さんは地域密着型のローカルな商売ですから。

 

うちの地元の関西には大阪、神戸、京都に店舗があります。大阪店は2008年、大阪ウェア館は2014年、神戸店は2014年、京都店は2016年にオープンしました。

 

最古参の大阪店がようやく10周年です。あら、オープン付きの10月になにかメモリアルセールがあるかな? そんなふうに関西ではまだまだ新顔の店舗です。

 

ワイズの良いところは立地のよさ、店の広さ、敷居の低さ、在庫のほうふさです。一見さんや初心者がふらっと立ち寄って、ふわーっと冷やかせます。コンビニ的なコンフォートさです。現代人向け。

 

もちろん、カンザキバイクの居城のエバーレのノスタルジックなふんいきはきらいじゃありません。

 

エバーレのクラシカルな昭和的内装

 

がらんどうでしょう。これが土曜日の昼下がりです。左のシャッターがどこぞの円環の理的な魔法少女に見えるのはぼくだけでしょうか?

 


年に一度の大試乗会スポーツバイクデモ

 

大きな店舗やローカルチェーンは自前の試乗会やイベントをちょくちょくします。淀川サイクルロードを走ると、たまにメーカーのテントを見かけます、だいたい太子橋付近で。

 

国内自転車通販大手のWorld Cycleとその実店舗のベックオンが主催するベックオンフェスタ、セオサイクルのセオフェスなどです。

 

最大のものはサイクルモードです。関東の開催は11月の幕張、関西の開催は3月の万博です。これはテレビ東京&テレビ大阪のイベントです。

 

このサイクルモードに次ぐ自転車の大試乗会がワイズロードのスポーツバイクデモです。メインエリアの関東圏のin埼玉の開催はすでに15回を数えます。同時開催のワイズカップは7回です。

 

一方、西のスポーツバイクデモは三回しか行われません。近畿の最古参のワイズ大阪が2008年です。一店舗では会場の人員が足らなかったか、初開催は神戸店のオープンの2014年にずれこみました。

 

会場が変更に

 

で、関西版のスポーツバイクデモは2014年、2015年、2016年に行われました。場所は南港のATCのピロティ広場です。

 

ワイズロード主催スポーツバイクデモ大阪2016

 

海沿いの施設です。市内中心部からのアクセスはかんばしいものじゃありません。とくに北大阪からのアクセスは大遠回りになります。自転車と歩行者は北側の橋を渡れない。

 

さらにここはおもしろいエリアじゃありません。人口埋め立て地です。飯屋がない、人家がない、見所がない。

 

そして、試乗コースとイベントエリアにには海風が定期的にごうごう吹き付けます。ブースのテントが悲鳴を上げます。出店側にはめっきり不評です。

 

休止前のサイクルモード大阪の会場もこのATCでしたが、再開後には万博記念公園になりました。やはり、強風がネックでしょう。テントとディープホイールがあおられます。

 

で、第4回のスポーツバイクデモ in 大阪の会場は沿岸地域から内陸部へ移って、花博記念公園鶴見緑地のハナミズキホールになりました。大阪市の西端から東端への会場大移動です。

 

鶴見緑地は上述の太子橋の近所になります。市内中心からのアクセスは良好です。出店者側の土地勘があります。ワイズ大阪の近所です。この会場変更は100%のWINWINです。

 

気がかりは試乗コースです。が、もとのATCの試乗コースはフラットなしょぼいコースでした。万博のアップダウンの部活チックな2kmの本格コースにはぜんぜん及びません。

 

そして、鶴見緑地の敷地内は平坦です。走りごたえははなからありません。フラットな無風のショートコースになりましょう。

 

2017年開催分が2018年にずれこみ

 

この会場変更が影響したか、従来の年末の開催がすこしずれ込んで、年をまたいで、2018年のイベントになっちゃいました。本来の2017年開催分が今度の2018年1月13日のデモです

 

この遅れは悪いものじゃありません。試乗車やアウトレットの準備期間が増えます。ぼくのおめあては年末年始処分の売れ残りの処分特価です、ははは。

 

料金は無料!

 

サイクルモードは有料のイベントです。まず、会場の万博記念公園の入場に費用がかかります。これはチケット代に含まれます。

 

花博鶴見緑地の入場には料金が発生しません。ほんとにただでフリーダムに最新高級モデルに乗りまくれます。ちょろっと走れば、淀川CRや繁華街や商店街に出られます。

 

近隣の人は自前のチャリで行って、高級バイクに乗りまくって、その感覚をひきずりながら、愛機でしこしこ帰宅しましょう。機材のよしあしが、切なさ、鉄下駄が身に沁みます。

 

試乗には身分証明と誓約書

 

スポーツバイクデモはフリーなイベントです。みんなが自由に参加できます。当日券も入場チェックも受付も不要です。

 

ただし、自転車の試乗には誓約書と身分証明書が必要です。サイクルモードでは会場に入れば、身分証明なしで試乗できます。ここがちがいます。

 

「小銭入れしかない?! 財布忘れた! 免許証も保険証もあらへんがな!」

 

てことにならないようにしましょう。

 

ぼくも日帰りライドでは紛失と重量増を不安視して、小銭入れしか持っていきません。財布の収めどころはまあまあの悩みです。で、そのくせでふつうのお出かけでたまに財布を忘れます、ははは。

 

スポーツバイクデモは雨天決行ですが、1月9日の週間天気予報で1月13日の天気は曇りのち晴れです。楽しいイベントの予感がします。

 

ワイズロードスポーツバイクデモ in 大阪 2018

 

  • 名前:スポーツバイクデモ2018 in 大阪
  • 日時:1月13日(土) 9:00~15:00
  • 場所:花博記念公園鶴見緑地ハナミズキホール
  • 代金:無料