アルテグラホイール後継者問題 WH-6800の直系はRS500かRS700か?


例年のごとく2017年6月にシマノのロードコンポのUltegraがめでたくフルモデルチェンジを遂げました。2013年以来の4年ぶりのモデチェン。型番は6800系からR8000系へ飛び級しました。

 

空位の7000系は来年の新型105のものでしょうね。MTBコンポの3rdグレードのSLXの型番がM7000ですから、ロードの3rdグレードの105はR7000になりますね。

 

で、識者の予想、海外のアンオフィシャルなログ、中華系SNS系からのリークのとおりに真っ黒がちむちクランク、油圧ディスクブレーキ、電動Di2などがデビューしました。

 

事前情報がたっぷりどっさりあって、シマノの公式発表がただの答え合わせ風になっちゃいましたね。

 

しかも、そのシマノがオフィシャルサイトでちょっとやらかしまして、発表前の非公開情報を野ざらしにしちゃいました。

 

具体的には「シマノのオフィシャルサイトの商品情報の個別ページのURLをちょこちょこといじると、公開前のアルテグラのページにアクセスできちゃった!」てなものです。やっちまったなあ!

 

まあ、そんなこんなも後の祭り、笑い話ですね。アルテフィーバーは終わって、2017年はすでに上半期に突入しました。そろそろ2019モデルがちらほらしはじめますね。

 

ロードの105、MTBのXTR、SRAMのロード用12速のRED、microshitの電動11速などなどが注目ですね。

 

で、そのアルテグラフィーバーの最中にひとつの気がかりが浮上します。ホイールの後継問題ですね。

 

WH-RS700とWH-RS500

 

現時点のシマノのロードホイールの一覧はこんなですね。TU=チューブラー、TL=チューブレス、CL=クリンチャーです。価格は税抜き国内定価ですね。

 

モデル名 重量 タイヤ種 タイヤ幅 素材 価格 備考
WH-R9100 C60 TU Dura-Ace 1480g TU カーボン 301256円
WH-R9100 C60 CL Dura-Ace 1789g CL アルミカーボン 207812円
WH-R9100 C40 TU Dura-Ace 1355g TU アルミカーボン 303266円
WH-R9100 C40 CL Dura-Ace 1501g CL アルミカーボン 199619円
WH-R9100 C24 CL Dura-Ace 1412g CL アルミカーボン 145067円 25g増量
WH-R9170 C60 TL Dura-Ace 1647g TL カーボン 262347円 Disc
WH-R9170 C60 TU Dura-Ace 1500g TU カーボン 305775円 Disc
WH-R9170 C40 TL Dura-Ace 1563g TL カーボン 248709円 Disc
WH-R9170 C40 TU Dura-Ace 1400g TU カーボン 308715円 Disc
WH-RS81 C50 CL 1908g CL アルミカーボン 120286円
WH-RS81 C35 TL 1581g TL アルミカーボン 94099円
WH-RS81 C35 CL 1631g CL アルミカーボン 90009円
WH-RS81 C24 TL 1581g TL アルミカーボン 81007円
WH-RS81 C24 CL 1502g CL アルミカーボン 76918円
WH-RS81 C24 CL 1502g CL アルミカーボン 76918円
WH-RS770 TL 1639g TL カーボン DISC NEW!
WH-RS700 TL 1568g TL アルミカーボン 83485円 NEW!
WH-RS500 1649g TL アルミ 48918円 NEW!
WH-RS610 1791g TL アルミ 36825円 105グレード
WH-RS330 2051g CL アルミ 27275円 安重ディープ
WH-RS21 1850g CL アルミ 23729円 カラーオプション
WH-RS170 1149g(リア) CL アルミ OLD142mm 12mm E-thruアクスル NEW!
WH-RS010 1869g CL アルミ 14187円
WH-R501 C30 2001g CL アルミ 8-10速用 カラーオプション
WH-R501 C24 1900g CL アルミ 12099円 8-10速用 カラーオプション

 

今年のニューフェイスはWH-RS700、WH-RS770、WH-RS500、WH-RS170です。シマノの推しはWH-RS770ですね。海外版の公式動画のディスプレイ完成車はディスクブレーキモデルでした。

 

旧6800系のアルテグラホイールはディスクブレーキのオプションをしません。ディスクブレーキ用ホイールはRXシリーズになりますね。

 

また、正規グレードのディスクブレーキホイールはデュラエースのR9170シリーズとMetrea U5000のみですね。105 DBやTiagra DBは存在しません。

 

てか、そもそも『105ホイール』や『Tiagraホイール』がありませんね。『Ultegraホイール』さえがなくなりました。名前持ちホイールはデュラだけですね。Metreaは純粋なロードコンポじゃないし。

 

この名無しのごんべさんのおかげでアルテグラホイールの後継がうやむやになっちゃいます。結局、どれがアルテだア? て。リムとハブから『Ultegra』の文字は消えちゃいましたから、うえーん。

 

当初の流れ的にはWH-RS700が有力候補に挙がりました。WH-RS770のキャリパーブレーキ版ですね。チューブレスレディです。

 

リムの材質はアルミカーボンのハイブリッドですね。おはこのカーボンラミネートですね。カンパのBullet、フルクラムのRED WINDと同じタイプですね。

 

シマノはキャリパーブレーキのチューブレスレディのフルカーボン化には消極的です。フルカーボンリムのTLはR9170系のディスクブレーキモデルばかりですね。ザ・慎重派です。

 

じゃあ、旧型のWH6800 UltegraはピュアアルミのTLタイプですね。『実売3万円のチューブレス互換の手軽なホイール』てポジションをがっちり確保しました。

 

質実剛健、練習、普段使いにベストな業務用機材です。学校指定の運動靴的な風合いがしますね。アシックスだ。正味、華はない。いぶし銀です。はい、ZONDAやRacing 3と比べない~。

 

しかし、このイメージは本来のアルテグラのイメージとはかけ離れますね。Ultegraはれっきとしたセカンドグレードの競技用機材です。準エースですよ。バルセロナのネイマールだ。

 

で、新作ホイールのRS-WH700は十二分なエース感を漂わせます。ペア1568g、税抜き定価83485円、アルミカーボンのチューブレスイージーです。『Ultegra』のロゴがないのはふしぎですね。

 

これは実質セカンドグレードの準エースホイールRS81シリーズの地位をおびやかせますね。RS81 C24 TLが1581gのアルミカーボンのチューブレスです。これより軽量だし、割安だし。

 

で、これが新生アルテホイールだ! て思われますが、のちのちのRS500が待ったをかけますね。

 

WH6800 Ultegraに生き写しのWH-RS500

 

「アルテグラホイールが高嶺の花になっちゃうかあ・・・」

 

て全国のアルテファンの嘆きが聞こえますが、いつのまにかWH-RS500て新顔の影がちらほらしはじめます。

 

モデル名 重量 タイヤ種 タイヤ幅 素材 価格 備考
WH-6800 Ultegra 1640g TL アルミ 30000円(実売) OLD!
WH-RS500 1649g TL アルミ 48918円 NEW!

 

はい、これは完全に直系の隠し子ですね。9gの重量差はリム強度の向上のためか計測サンプルの誤差でしょう。なにからなにまでアルテホイールさんの生き写しですね。アルテ王の帰還や!

 

ちまたのアルテの後継のイメージは完全にこっちですね。現実問題、アルテホイールのブランディングをしたがるのはシマノだけです。世間の印象はデュラorその他です。

 

しかし、アルテグラホイールを本来の正しい位置に据え直すなら、なんでシマノはネームドモデルにしませんかねー? レーゼロ、シャマル、コスカボとかの愛称は大切じゃありませんけ?

 

そして、シマノの新製品は海外では大幅に安くなりません。国内価格は一律20%オフですね。じゃあ、実売が4万円前後になっちゃいます。他社のかっちょいいホイールの実売価格と近くなりますね。

 

ライバルのフルクラム、カンパ、マビックは1年毎に新モデルを出します。2017モデルがもう型落ちですね。

 

 Campagnolo Zonda (ゾンダ) C17 クリンチャーロードホイールセット 2017
Campagnolo Zonda (ゾンダ) C17 クリンチャーロードホイールセット 2017

定価 65999-66599円
割引 41%
特価 39050円

※2017/07/27 00:40:38のchainreactioncycles.comの価格

 

WH-RS500の海外の実売が3万前後になりうるのは2年後くらいですね。大方は同じ4万を出すなら、ゾンダにしちゃいますねえ。

 

ロードバイクのチューブレス化はまだまだマイナーです。そのうえ、アルテホイール購入層はコンサバのコンサバでしょう。多勢が新規格、新機軸へのアレルギー、拒否反応、食わず嫌いをしますね。

 

そもそも旧6800アルテホイールがそこかしこにめっちゃ出回りますしね。アルテネームドの3万のホイール > ノンネームのアルテ相等の4万のホイール、でしょうよ。

 

安重スルーアクスルのWH-RS170

 

このアルテ後継問題をよそにしつつ、さらなる新顔がこそーっとラインナップしますね。WH-RS170です。

 

オフィシャルにはリアの情報しかありません。10、11速兼用のアルミのディスクブレーキホイールです。シャフトはスルーアクスル12 142mmですね。

 

リア重量が1149g! です。単体では最重量のスーパーヘビー級ですね。新世代のテツゲタだあ! 黒白のオプションがあります。

 

 

ディスクブレーキホイールの前後のスポークレイアウトは同じになります。フロントがあるとしても、そんなに劇的に軽量じゃありませんね。せいぜいハブの差の100g前後でしょう。

 

じゃあ、ペアが2100gだあ?! おっも! しかも、タイヤタイプはCL、クリンチャーです。チューブレスで軽量化できません。ディスクローター込みでペア2300g・・・

 

ディスクテツゲタてゆう新しいジャンルの開闢ですね! やけくそでDTと呼びましょう。ヤフオクで叩き売られるこいつが見えますわ、ははは。

 

「15万のディスクロードの完成車についていました。試走程度の美品です。練習用や普段使いにいかがでしょう? ヤマト着払い、NR,NCでお願いします。」

 

だよ!

 

とにかく、転生アルテホイールの時代はさきのはなしです。てか、先代WH-6800の流通量が生半可じゃありません。各国のストアにゾンビのようにしぶとく無限リスポーンしますね。

 

Shimano - Ultegra (アルテグラ) 6800 ホイールセット
Shimano – Ultegra (アルテグラ) 6800 ホイールセット

定価 67169円
割引 52% オフ
特価 31665円

※2017/07/27 00:50:48のwiggleの価格

 

「はあ~、また古アルテが出てきたわ~。倉庫の奥で分裂してへんけ~?」

 

て仕入れ担当のぐちが聞こえますね、ははは。

 

amazonに在庫が出てきました。

 

 

セラーはワイズのアウトレットですね。なんで新型がはなからアウトレットだよ! バルクかな?

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share