ゾンダよりぶっちぎりで速い! DT Swiss R23 Spline が60%オフの19999円!


DT Swissはその名のようにスイスの自転車パーツ屋です。本社はフランス国境に近いビール(独)/ビエンヌ(仏)て町にあります。オメガやスウォッチもこのひなびた古都にあります。

 

DT Swissの名物はハブとスポークです。うちのミニベロのホイールのスポークがDTですね。ヘッドのDTマークが目印です。

 

DT スポーク

DT スポーク

 

実力派のDTホイール

 

DTの根幹はハブ屋さんです。ハブの性能は文句なしです。新興系の手組ホイールブランド、オランダのFFWDや高級ホイールのlightweightなどがDTハブを使います。

 

また、有力自転車ブランドの純正ハイエンドホイール、スペシャライズドのROVALやCannondaleのHollowgramのホイールのハブもDT系です。

 

350、240、180の3桁数字の型番のハブが有名です。くだんのようにスポークも定番商品です。スポーク長を計算する2DT Swiss Spoke Calculator”はDIYの強い味方です。

 

DT Swiss R23が史上空前特価!

 

こんなふうにDTホイールの実力は間違いなしです。しかし、人気度は競合他社に負けます。カンパニョーロ、フルクラム、マビック、シマノの四天王は強力です。

 

で、DTの完組ホイールは海外ストアのセール品にたびたびリストアップされます。同様の境遇にReynoldsやEastonがあります。ある種、クラフト系メーカーの宿命です。

 

ちまたの人気2大ホイール、カンパニョーロのゾンダやフルクラムのレーシング3よりくるくる回ると評されるDT Swiss R23がChain Reaction Cyclesのプレシルバーウィーク特価で19999円です。

 

 DT Swiss R23 Spline Road Wheelset

DT Swiss R23 Spline Road Wheelset

定価 49699円
割引 60%
特価 19999円

※2016/09/14 09:56:37のchainreactioncycles.comの価格

 

下位モデルのDT Swiss R24は特価11930円ですが、このR23より300gの増量になります。軽量化の目安は1万=100gです。8000円=300gの軽量化はアメイジング! ですよ。

 

この特価品のETRTOは622×15です。旧来の23cクリンチャータイヤを使えます。前後ペア重量は1605gです。はずれのゾンダくらいの軽さです。

 

同グレードのシマノのアルテグラ6800ホイールがだいたい3万前後です。

 

 Shimano Ultegra 6800 Road Wheelset

Shimano Ultegra 6800 Road Wheelset

定価 46859円
割引 28%
特価 33794円

※2016/09/14 10:35:24のchainreactioncycles.comの価格

 

こいつはカタログ値で1640gです。そして、アルテグラはけっこうな確立でほかの人と被ります。まさに自転車界のユニクロ、リーガル、ポーター、セイコーです。

 

これより15000円も安くて40gも軽くて、互角に地味なR23が期間限定の大特価です。最初のホイール交換にゾンダまで出せないな~て人はこのDT SwissのR23を検討しましょう。

 

廉価モデルのR24はちょっと安すぎです。ロードバイクよりクロスバイクのホイールのグレードアップにベターでしょうね。ジャイアントのエスケープとかの重い純正ホイールよりベリーベターでしょう。

 

うちのクロスバイクの純正ホイールなんかは前後で2.5kgですからね~。コネチネンタルの最太シティ用の47Cタイヤを付けると、セットで5kgに迫ります。

 

リムテープ交換完了&タイヤチューブセット完了

とにかく重いタイヤとホイール

 

 

ただ、この安ホイールのハブはカップアンドコーンです。回転はめっちゃスムーズですね。スピードに乗れば、ぐいぐい進めます。タイヤ外径はほぼ28インチです。走破性もあります。ただただヘビーです。

 

Vブレーキ用の太めリムの良いホイールてゆうのはぜんぜんないなあ。安いDT R24のリアはエンド130mm用ですし。しかし、12000円は破格だあ。

 

 DT Swiss R24 Spline Road Wheelset

DT Swiss R24 Spline Road Wheelset

定価 29819円
割引 60%
特価 11930円

※2016/09/14 10:41:19のchainreactioncycles.comの価格

 

CRCのホイールは送料無料です。ヤフオクの着払いの中古の補修品よりだんぜんグッドでしょう。

 

台湾系メーカーの完組

 

台湾の総合自転車ブランド、Kinesisのレースライトのホイールもダークホースですね。

 

 Kinesis Racelight Road Wheelset 2016

Kinesis Racelight Road Wheelset 2016

定価 43799円
割引 13%
特価 38104円

※2017/01/23 21:32:47のchainreactioncycles.comの価格

 

1520gでチューブレスレディです。15Cゾンダやレー3の代替候補ですね。

 

最近、Kinesis、TOKEN、ALEXRIMSみたいな台湾メーカーの完組ホイールがぞくぞく登場します。いずれがコスパ、軽さに優れます。5万で1500g以下のチューブレスはふつうです。

 

問題はじみなシマノよりさらにじみなところです。所有の満足度は大きくなりません。業務用機材、練習ホイールですね。

 

CRCのハウスブランドPrimeのホイール

 

て、DTの特価ホイールはお買い得でしたが、全ては一時の夢でした。今のところ、品切れから再入荷の見込みはぜんぜんありません。昨夏からずーっとSOLD OUTですね。

 

しかし、この一年で安軽ホイールはぐっと増えました。ALEXRIMのALX 473は最近のスマッシュヒットです。4万代で1400gのチューブレス互換です。DURA-ACE9100 C24が形無しです。

 

CRCが2016年に始動させたオリジナルホイールブランドの”PRIME“は当初のカーボンクリンチャーからいろいろバリエを増やして、エントリーやミドルグレードの手頃なホイールを充実させました。

 

コスパは台湾系のメーカーの完組ホイールに迫ります。実体も台湾系のOEMでしょうが、ははは。

 

 Prime - Peloton ロードホイールセット
Prime – Peloton ロードホイールセット

定価 22249円
割引 20%
特価 17799円

※2017/09/08 03:34:39のchainreactioncycles.comの価格

 

こいつは2万弱で1750gですね。軽くて安い、見た目も悪くありません。2万=1700g、3万=1500g、4万=1400gてチョイスが可能になりました。

 

ストアのPBホイールや台湾メーカーの完組ホイールのおかげでシマノが高級品の部類に押し上げられちゃいました。ユニクロが安い安いと思ったら、もっと安いGUやH&Mが出てきた、みたいに。

 

 

ゾンダ価格のPrime proは39999円で1470gです。

 

 Prime - Pro ロードホイールセット
Prime – Pro ロードホイールセット

定価 49999円
割引 20%
特価 39999円

※2017/09/08 13:24:25のchainreactioncycles.comの価格

 

で、チューブレスレディです。スポークのSapim CX Rayはじみに嬉しいポイントですね。

 

しかし、安いな~。てか、へんなブランド料や代理店マージン抜きのアルミホイールの正味の実態価格はこんなところでしょうか? 旧来のブランドホイールが割高だあ?

 

パーツの原価からのステータスの総合得点は大きく上下しません。振り分けられるポイントは有限です。いわば、PB系ホイールはコスパに全振りのネット商材特化型ホイールです。

 

ZONDAひさびさ3万台!

 

ロードホイール界のビッグマック、ひさびさにゾンダが3万台に入りました!

 

 Campagnolo Zonda (ゾンダ) C17 クリンチャーロードホイールセット 2017
Campagnolo Zonda (ゾンダ) C17 クリンチャーロードホイールセット 2017

定価 69541円
割引 44%
特価 38999円

※2017/11/14 14:50:13のchainreactioncycles.comの価格

 

直近最安値クラスです。ピュアクリンチャー、1500gオーバー、しかし、G3のスポークレイアウトとCampagnoloのロゴははなやかです。所有の満足度はありますねー。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share