自転車のチューブレスタイヤをパッチとリムテープで修理してみる

スポーツバイクのタイヤはおもに3種類です。チューブラー、クリンチャー、チューブレスです。チューブの有無とリム形状のイメージはこんなです。

 

左からチューブラー クリンチャー チューブレス

左からチューブラー クリンチャー チューブレス断面イメージ

 

自転車のジャンルやカテゴリでタイヤの主流派はことなります。

 

チューブラー=ロードレース、シクロクロス

クリンチャー=一般ロード、クロス、ママチャリ

チューブレス=オフロード、オールロード

 

チューブラー、クリンチャー、チューブレスの順に歴史があさくなります。

 

 

気軽になったチューブレス

 

クリンチャーは実用性の高さから幅広いジャンルをカバーします。趣味のロードバイクからママチャリ、ミニベロ、折り畳み自転車まで。半面、レースではほとんど使われません。

 

チューブラーはパンク一発で終了します。筒形のタイヤの中にチューブがまるまる内蔵されます。パンク修理にはタイヤの縫製をほどいて、パンク穴をふさいで、チクチク縫い直します。

 

一般人は出先でこんなことをできません。遠出には予備タイヤを持参します。しかし、チューブラーはコンパクトになりません。応急処置には接着テープを要します。なにかと気重です。

 

クリンチャー-チューブ=チューブレス

 

クリンチャー-チューブ=チューブレスです。ピュアチューブレスとチューブレスコンパチがあります。シーラントなしで使えるか使えないかのちがいです。

 

IRCやHutchinsonやMAVIC USTタイヤがチューブレス系です。ほかはおおかたチューブレスコンパチです。

 

オフロードではこれがすでにスタンダードです。チューブレスタイヤの品質が全般的によくなって、取り付け、ビード上げ、密封が昔より楽ちんになりました。

 

そして、STANSのリムテープとシーラントを使えば、大方のクリンチャータイヤをチューブレス化できます。

 

チューブラーのピンホール予防に使えます。シーラントはもともとパンク防止剤ですから。

 

シーラント

シーラント

 

チューブレス+チューブ=クリンチャー

 

で、チューブレスタイヤ=クリンチャー-チューブです。反対にチューブレス+チューブ=クリンチャーです。チューブレスタイヤにチューブを入れれば、チューブドクリンチャー化できます。

 

この邪道な方法の用途は出先のパンクや減圧です。まあ、チューブレスタイヤはぜんぜんパンクしませんが。タイヤ自体がピュアクリンチャーより堅牢ですし、シーラントがたいていの傷をふさぎます。

 

減圧はまちまちです。バルブの不調、テープの貼り損ね、リムの精度不足みたいな要因があります。どれかを抜かると、減圧ペコペコスカスカタイヤの洗礼を浴びます。

 

オールロードでのバイクパッキングの二日目の朝とかはゲンアツ先生の絶好機です。

 

テント設置

テント設置

 

クリンチャー用の予備チューブを持ち歩けば、不意のパンク、不測の減圧に対応できます。チューブラーほどにかしこまらず、軽さ、転がり抵抗、耐パンク、乗り心地のメリットを得られます。

 

食わず嫌いをしたり、タイヤの取り付けやビード上げに手こずったりして、チューブレスを敬遠する人は少なくありません。

 

ぼくはすんなり噛み砕けまして、すっかり傾倒しまして、完全なチューブレスユーザーです。

 

気軽詐欺のクリンチャー

 

取り付けの手間がしばしばやり玉に上がりますけど、楽ちんてゆわれるクリンチャーの取り付けもそう手軽じゃありません。

 

サイドを押してチューブ噛みを見るとか、タイヤをもんでチューブのヨレを取るとか、バルブをしっかり引っ張り出すとか、こまかい約束事はあれこれあります。

 

これを抜かると、パンク神を召喚できます。先代のミニベロのR’AIRは満身創痍でした。

 

タイヤチューブ

タイヤチューブ

 

弱点はサイドカット!

 

チューブレスはほとんどパンクしません。でも、ものには限度があります。チューブレスとシーラントは穴には無敵を誇りますが、大きな裂けには対処できません。

 

チューブレスタイヤの弱点はサイドカットです。薄手の軽量のオフロードタイヤはなおさらです。

 

これはSchwalbe G-one SPEEDです。29×2.35インチで480gしかありません。チューブレスコンパチじゃありません。ペコペコさからサイドの薄さが知れましょう。

 

Schawalbe G-one 2.35インチ

Schawalbe G-one 2.35インチ

 

シーラントを入れれば、サイドのケーシングを補強できて、チューブレスで使えます。でも、砕石や倒木のコースにはひやひやします。

 

グッドグラベル!

グッドグラベル!

 

幸か不幸かこいつは数回のオフロード走行でパンクしません。

 

一方、別の機会に購入してチューブレス化したChallange ALMANZO 700×30は一月足らずではでなサイドカットをやらかしました。

 

Challange ALMANZO 700x30c

Challange ALMANZO 700x30c

 

ビードを上げられましたから、シーラントを入れて、チューブレス化しました。2.75barで常用します。

 

で、これが淀川河川敷のでこぼこでカットをやらかしまして、一発でぶしゅーっとエア抜けを食らいまして、空気ゼロで3メートルほどブチブチと路面にやられました。

 

もとからハンドメイドの柔らかいタイヤです。トレッドはミスドのチョコクルーラーのチョココーティングみたいにちょろっとしか乗りません。サイドの被膜の下にコットン地がうっすら見えます。

 

で、そのせんさいなサイドがこのざまです。

 

タイヤのサイドカット

タイヤのサイドカット

 

左3mm、右5mmです。そのほかのこまかいキズやアナがあちこちにあります。

 

ためしにシーラントを追加して、空気入れをしてみます。ビードは上がりますが、カット部分はふさがりません。シーラントがブシュー!! て噴出します、あらら。

 

チューブを入れれば、クリンチャーで使えます。てか、もともとがクリンチャー用です。HOOKレスリムで使うには7-9barの適正空気圧は高圧です。

 

これを予備タイヤに落とす前にひとつの実験をしましょう。チューブレスタイヤの修理です。

 

できるか? チューブレスタイヤの修理

 

現実問題、これはチューブレスやチューブレスコンパチじゃありません。クリンチャーです。『クリンチャーのサイドカットを直して、チューブレスアゲインできるか?』が正解です。

 

タイヤ裏のサイドカットの近影です。ざっくり行きました。

 

ざっくりサイドカット

ざっくりサイドカット

 

このChallangeのタイヤのサイドはゴムゴムしません。ケーシングのコットン感が強くします。薄いラバーコートのキャンパス地みたいなふんいきです。

 

周囲が伸縮しませんから、破れ目が小さくすぼまりません。じゃあ、シーラントががばがば漏れます。このクラスのダメージが3か所です。

 

パッチとテープ

 

対応策を練ります。正統派と邪道のアイテムを用意しました。

 

パンク修繕パッチとSTANS リムテープ

 

まんなかのパッチはダイソーの100円の自転車チューブパンク修繕パッチです。8枚入り108円です。こいつはダイソーの自転車グッズのなかで最優秀アイテムです。ゴムのりも。

 

チューブの空気漏れを防げるキットはタイヤの空気漏れを防げます、おそらく。問題はタイヤ裏にぺたっと張り付くかどうかでしょう。

 

左はSTANS NOTUBEのチューブレスリムテープです。ホイールのリムのスポークニップル穴を塞いで、チューブレス化するための高級気密防水テープです。

 

小刻みに貼る

小刻みに貼る

 

スポーク穴をきっちり防げるテープはサイドカットやピンホールを防げます、たぶん。こちらの不安材料は伸縮性です。まあ、タイヤはチューブみたいにびよびよしませんが。

 

この二つのアイテムで空気漏れを防いで、ビード上げまで行けるかを検証します。

 

 

パッチをタイヤに貼る

 

手順はチューブのパンク修理に準じます。最初にパンクの周囲をやすり掛けします。

 

タイヤをやする

タイヤをやする

 

うーむ、表面がうまく荒れません。すぐにコットン地が出てきます。なかなかむずかしいタイヤです。

 

ゴムのりを薄くのばして、しっかり乾かして、パッチをぺたぺたぺたて圧着します。

 

パッチ

パッチ

 

おお、ぴっちり貼り付きました。むしろ、つるつるのチューブの表面より吸着の手ごたえがGOODです。

 

リムテープでやってみる

 

おつぎはリムテープです。ぺとっとな。

 

リムテープ

リムテープ

 

うむ、手応えはべリーライトです。チューブレステープの粘着力はひんじゃくです。左下の角がすでにぺらぺらします。

 

しかし、内圧がかかれば、テープは外側にべちゃっと貼り付きます。心配はテープの伸び代とホイールへの取り付けのときの剥がれです。

 

この調子でテープ処理x2、パッチ処理x3で大まかな穴をふさぎました。

 

タイヤ修理完了?

タイヤ修理完了?

 

ビードが上がった! タイヤ修理成功!

 

この後で空気入れを実行に移しましたが、ビード上げに苦戦して、写真を撮り損ねました、あしからず。

 

結果から報告しましょう。ぶじにビード上げを成し遂げました!

 

じわじわシーラント

じわじわシーラント

 

ゴムパッチはタイヤのふくらみに完全に同調します。チューブパンク修理の要領でタイヤのダメージを修繕できます。

 

ただし、重さがそこそこありますから、タイヤのバランスは崩れます。オンロードの超軽量の薄型タイヤには向かないかな?

 

25c以上のエンデュランス系ロードタイヤ、グラベルタイヤ、MTBタイヤの修繕はこれでぜんぜんOKですわ。

 

リムテープも作業途中ではがれずに役目を果たします。空気漏れは起こりません。重さは限りなくゼロですし。

 

でも、粘着力の低さが一抹の不安です。圧が高くなって、タイヤが余計に伸びたら、テープのはしがぺりっと行きそう。シーラントの水気が追い打ちをかけます。

 

てか、お高いチューブレスリムテープを使わずとも、汎用気密テープで代用できませんかね?

 

 

こうゆう大工用の気密テープはファットバイクのイレギュラーチューブレス化のおともです。あんなにぶっといチューブレステープがありません。

 

タイヤに貼るなら、ノリのカス、はがし残しとかに気を遣わずに済みます。STANSのテープはお高級ですしねえ。