副業デビューはUber Eats で!

ヤマハYPJ-R シマノ105仕様の新型電動アシストロードバイクに試乗

ヨーロッパでは電動スポーツバイクが爆発的に普及します。定番はBOSHとかYAMAHAですが、後発のシマノも徐々に販売を伸ばします。

YAMAHAの新型電動アシストは105の本気ロード仕様

と、こんな現状を見かねたYAMAHAがついに日本向けに本気の電動ロードバイクを発表しました。

小型バッテリーで重量を15kg前後に抑えて、見た目をすっきりさせる。シマノの105のダブル22sでがっちりスポーティに走れる。ノットママチャリ、ノットクロスバイク、待望の電動アシストロード! です。

メーカー希望価格は248000円です。うーん、割高です。AZZURRIのカーボンロード2台分だし。カンザキバイクで198000円とかにならん?

まあ、ホイールのカスタムの余地があるのは大メリットです。アシスタとかほとんど弄れませんから。ものめずらしさと話題性でわりと売れそう。

クロス版に試乗

サイクルモード大阪2017のヤマハブースでクロスバイクモデルに試乗しました。

電動クロスバイクYRPJ-C
電動クロスバイクYRPJ-C

いかつマットなモノトーンです。色気がすこし足りませんね~。

YAMAHA電動ユニット
YAMAHA電動ユニット

電動ユニットはYAMAHAです。はて、フロントダブルが必要だあ? フロントシングルにしましょうよ~。

サイコンつきパネルです。うーん、ノットクールだ。

サイコンと電動リモートパネル
サイコンと電動リモートパネル

トップキャップのそっけなさがCONSです。全体的に遊び心がしない。まじめに作りすぎた? なんか学校指定感がします。学ラン、ブレザー、ハルタのローファー、そして、YRPJ-Cです。

で、かんじんの走りはもっさりです。坂道でしか性能をフルに発揮できません。アシストは25kmで頭打ちになります。決してスポーティではない。

び、びみょうだあ・・・

FOCUS Project YやORBEA GAINクラスのスタイリッシュなバイクが国内から出て~。海外物は電動アシスト規制に引っかかりますからねー。

ヨーロッパ仕様のE-MTBに乗る

後日、サイクルモードでヨーロッパ仕様のE-MTBのSCOTT E SPARKに乗りました。

SCOTTの電動MTB E spark
SCOTTの電動MTB E spark

これはダメです。人間を堕落させるヤバさです。アシスト比のちがいが雲泥の差を生みます。ヤバイヨ! ヤバイヨ!