サコッシュ! 登山、自転車シーンから街中へ進出中の小型かばん

サコッシュ! て、さまぁ~ずの三村風にびっくりマークを語尾に付け足して、力感一杯で呼びたくなる語感のアイテムが注目の的です。サコッシュかよ! シコナッシュ!

 

シコナッシュは永遠のなぞですが、サコッシュは小型のかばんの一種です。フランス由来の言葉です。つづりはSacocheです。

 

声に出して言いたい日本語2017上半期ベスト1!

声に出して言いたい日本語2017上半期ベスト1『サコッシュ』

 

フランス語のSacがかばん、袋、サック、ザック全般のことです。それの指小辞モードがSacocheです。

 

Pince=ペンチ→Pincette=ピンセット、自転車乗りにおなじみのCasque=カスク(メット、兜)→Casquette=キャスケット(鍔付きやわらか帽子)みたいな変形法です。

 

つまり、サコッシュは小さなSac、軽量ふくろ、小型かばんてところです。サコッシュ!

 

自転車競技の補給品の収納袋からおしゃれアイテムへ進化

 

日本での狭義の意味のサコッシュは自転車競技の補給エイド入れのバッグのことです。また、登山用の簡易な収納です。ワンタッチのべんりボタン、リアルショートカットキーです。

 

素材はナイロンや綿です。マチはないか、極薄です。大きさはおおむね20-30cmです。肩ひも付きです。

 

じゃあ、ショルダーバッグやボディバッグの一種じゃありません? はい、まあ、そうです。サコッシュは耳新しい言葉ですが、ものは昔からあります。かばんですから。

 

ようはセカンドバッグ→クラッチバッグです。ジーパン→デニム、ズボン→ボトム、肌着→インナー、ジャンパー→アウターです。若い子はジャンパーて言いません、ははは。

 

三村「ちょ、おまえ、ジーパンにジャンパー?!」

大竹「いえ、デニムにアウターです」

三村「おしゃれかよ! でも、ここ、ハワイ!」

大竹「あっはっはっはっは。あっつい」

 

このショルダーバッグのスマート変形がサコッシュです。ちょっとした小物入れです。でっかいものは入りません、本格的なSacじゃないので。ユニセックスなポシェットですか。

 

じゃあ、なんでこれが登山や自転車競技から街中まで進出するか? 多分にこれは現代の持ち物事情のためです。そう、スマホです。

 

最近のスマホは大画面化しまして、だいたい5インチ~です。ズボンのけつポケットに突っ込むのはきゅうくつだし神経質です。変形、液晶破損の不安があります。

 

冬場から春先には上着のポケットがあります。が、まさにこの5月頃から気温がぐんぐん上昇して、昼間のお出かけに上着が不要になります。長袖シャツかTシャツだ。

 

ところで、ポロシャツの胸ポケットにスマホを入れるのは絶賛NGです。トイレ、ものを拾う、ちょっと前かがみになると、途端につるんとやっちゃいます。めがねもだめだあ。

 

上記のようにズボンのポッケに入れるのはストレスフルでタイトです。じゃあ、スマホ、さいふ、ハンカチ、おやつなんかをぶち込める小さなおふくろが恋しくなります。

 

そんなあなたにサコッシュ! です。はい、この語感と実用性とおしゃれなビジュアルに若者は食いつきます。

 

サコッシュ! うーん、語感がえげつなく耳に残ります。サコッシュ! サコッシュ! スカッシュ! まそっぷ!

 

本来の用途から町乗り自転車にはすんごくベストマッチします。ジーパンのケツポケにスマホイン、さいふインすると、もれなくきっつきつのむれむれになります。ストレスフルサイクリングだ!

 

軽装のお出かけにも至便です。だって、実体はショルダーバッグorポシェットですからね。不便なはずがない。そして、サコッシュはショルダーバッグほどかしこまりませんし。

 

最近のショルダーバッグの相場はすっかり高くなりましたね~。ナイロンのてろてろのやつが2万3万です。すこし前にオロビアンコが大流行しました。主にあれのせいです。

 

サコッシュはよりマイルドです。アウトドア系のブランドの手頃なものが主流です。より気軽なフレドリーな小物入れです。

 

小さく折り畳んで、サックに入れられます。デロデロ汚して、じゃぶじゃぶ洗えます。ショルダーバッグはそこまで気軽でコンパクトじゃない。2万のやつをそざつにできません、ははは。

 

自転車とお出かけ兼用にするなら、超軽量のてろてろのやつをチョイスしましょう。2000円前後のやつをくったくたに使い倒すのが吉ですわ。

 

かばん屋よりアウトドア系のプロダクトがおすすめです。PORTERなんかはちょっとサラリーマン、ビジネスマンくさくなって、ザ・ショルダーバッグになっちゃいます。いい意味でのチープさが失せる。

 

とりあえず、ひと夏を越すなら、こうゆう安いシンプルなチープサコッシュ、チーサコを試しましょう。

 

 

アライテントは埼玉所沢のテント屋さんです。新井天幕かな? がっちんの山屋さんです。ここのマップサコッシュはテントのシート布地で作られます。アウトドア心がくすぐられる~。

 

さあ、みなさんも野で山で街で道で快適にサコリましょう~。サコッシュ!