RELIVEの使い方基本編 祝!日本語化で設定や3D動画作成がかんたんに

海外にはたくさんのおもしろいアプリやWEBサービスがあります。自転車、登山、ランなどの愛好者にはフィットネスアプリのSTRAVAはおなじみです。

 

To The ENPAGE Strava データ

To The ENPAGE Strava データ

 

ルート作成、セグメント、リーダーボード、おもしろい要素がてんこもりです。

 

で、これひとつで無味乾燥なトレーニングをゲーム感覚にできちゃいますが、別のアプリやサービスと連動させると、たのしさを二倍三倍にUPできます。

 

RELIVEって?

 

STRAVAと連動できるもののなかからRELIVEを紹介しましょう。これは動画作成サービスの一種です。

 

GPSで記録したルートのデータと3DマップをMIXして、疑似的な俯瞰のナビゲーション動画を作成するってものです。

 

ユーザーの手間はルートデータの設定やアップロードだけです。RELIVEがさくっと動画作成してくれます。公開先は独自のサーバーシステムです。YOUTUBEじゃないよ。

 

ローンチは2016年です。待望のジャッパニーズ版が2018年10月にスタートしました。設定や動画作成のなやみの種が消えます。ヤッタネ!

 

実際、ぼくは前に英語版から登録しましたけど、アルファベッツのまえにあえなくざせつしました。

 

で、この機に最初からRELIVEのアカウント登録、各種の設定、STRAVA連動から動画作成・SNS貼り付けまでの手順をおさらいしましょう。

 

RELIVEの登録

 

RELIVEにはPC版とアプリ版があります。アプリ版はiPhoneとandroidに対応します。ぼくの端末はandroidです。GOOGLEストアからRELIVEをダウンロードします。

 

RELIVEアプリ日本語版

RELIVEアプリ日本語版

 

基本機能は無料です。RELIVE CLUBから有料サービスやRELIVEショップを利用できます。初心者やひやかしさんは無料で利用しましょう。

 

ログイン画面です。

 

RELIVEアプリ日本語版ログイン

RELIVEアプリ日本語版ログイン

 

FacebookやGoogleアカウントと同期できます。はじめての人はそれらかメールでサインアップしましょう。ぼくはメールで登録します。てか、以前のアカを復活させます。

 

STRAVAと連動

 

最新版のRELIVEではアプリからアクティビティを作成できます。しかし、国内のユーザー数はRELIVE <<< STRAVAです。

 

で、基本的にSTRAVAのデータを上げることになります。ぼくはPC版で以前に同期を済ませました。この画面が出ます。

 

STRAVAアクティビティから動画作成

STRAVAアクティビティから動画作成

 

はじめての人は右下の『設定』から『接続されたトラッカー』をタップします。すると、いろんなフィットネスサービスの一覧が出ます。もちろん、STRAVAがイチオシです。

 

外部サービスと連動

外部サービスと連動

 

このとき、STRAVAのアプリかブラウザからSTARAVAアカウントへの接続をもとめられます。つまり、さきにSTRAVAなりなんなりに加入しないといけません。

 

STRAVA同期

STRAVA同期

 

OKです。設定内にSTRAVAのマークが出ました。

 

RELIVEの設定

RELIVEの設定

 

Relive Clubの料金は月額11ドル

 

各種項目は説明不要でしょう。いちばんしたの黄色文字『Relive Clubに参加する』が月額課金やショップへのいざいないです。

 

RELIVE CLUB設定画面

RELIVE CLUB設定画面

 

月額11ドル=2018年10月の為替換算で1200円てとこです。まあまあの課金コンテンツです。

 

で、かんじんのRELIVE CLUBの特典は過去のアクティビティの動画作成、アップ済みの動画編集、HD動画、動画速度変更です。ヘビーユーザー向けですね。

 

STRAVAのアクティビティを公開する

 

RELIVEはほかのアプリやサービスと連携しますが、RELIVEのアプリから元データをいじれません。保全の面からこれはあたりまえです。

 

で、STRAVAのデータをいじるにはSTRAVAのアプリやPC版に入ります。動画を作成するアクテビティをえらんで、”Private actvity”をチェックします。

 

Private activityをオフ=全員に公開

Private activityをオフ=全員に公開

 

ぼくはデフォルトでSTRAVAのライドデータを未公開にしますから、アクテビティはつねに自分だけの非公開設定で記録されます。

 

で、非公開のアクティビティは公開されませんから、外部のアプリやサービスには反映されません。あたりまえ。閲覧できないのに利用できるのはへんですし。

 

このPrivate activityをオフにすると、Reliveへデータを移せます。PC版では公開設定を『全員』にします。

 

OFF=公開

OFF=公開

 

連動がおわると、この通知が来ます。ロケット花火だあ?

 

RELIVEの同期通知

RELIVEの同期通知

 

で、RELIVEのホームにSTRAVAのアクティビティが反映されます。現時点では日付が海外式に日→月→年でならびますね。機械翻訳では定番です。

 

動画作成選択

動画作成選択

 

動画の条件は、

 

  • パブリックにアップロード
  • Reliveに登録されているのと同じアカウントでトラックする
  • 1km以上
  • 12時間未満

 

です。非公開、別アカ、1km未満、12時間以上のデータはむりです。

 

大昔のアクティビティを同期できるか?

 

て、この時点でひとつの疑問がうかびあがります。今回、ぼくは手持ちのSTRAVAのアクティビティを公開にしたら、RELIVEに反映できました。

 

じゃあ、これは過去データのインポートじゃないのか? 有料サービスになる? 課金?! 課金ですか?!!

 

いや、GOOGLEにはクレジットカードの設定しませんし、RELIVEもSTRAVAもFREE版です。これは無料サービスの範疇のようです。

 

ためしにどの過去まで同期できるかを試します。2018年10月14日のレポートです。

 

  • 2018年10月2日 〇
  • 2018年9月22日 〇
  • 2018年8月2日 ×
  • 2018年1月24日 ×
  • 2016年5月21日 〇

 

うーん、法則がわからない。とりあえず、一か月以内の日付はOKぽいです。Relive登録以前の2016年のSTRAVAデータがなんでOKでしょう? なぞ。

 

動画作成

 

動画を作成しましょう。アクティビティのえんぴつマークをタップします。

 

動画作成選択

動画作成選択

 

タイトルや写真を設定します。ここでの写真は動画内でダイジェストされます。

 

オプション指定

オプション指定

 

また、写真に撮影ポイントの位置情報があれば、動画のルートのそのポイントにその写真が入ります。

 

項目をうめて、右上の作成を押します。

 

動画作成中

動画作成中

 

1時間から数時間で動画ができあがります。ちーん。スマホにアラートが来て、登録アドレスにメールが来ます。

 

RELIVEの動画完成の通知

RELIVEの動画完成の通知

 

ホームのホームの画像のもやがはれて、くっきりクリアになります。

 

上・作成済み 下・作成前

上・作成済み 下・作成前

 

アプリ内で再生できます。形式はMP4です。

 

RELIVE-動画再生

RELIVE-動画再生

 

したのボタンからSNSへ埋め込むとか、動画をダウンロードするとかできます。容量は30秒/15MBくらいです。

 

RELIVE再生画面

RELIVE再生画面

 

Twitterにうめこみました。

 

 

73km/hはGPSの完全に計測ミスです。STRAVAに心拍データやパワーデータがあれば、動画内の表示項目が増えます。ステータス好きにはびんびん来ますね!

 

STRAVAプライバシーゾーン内のRELIVE動画は?

 

動画公開の気がかりはプライバシーです。STRAVAのプライバシーゾーンの走行データは動画に出るか?

 

プライバシーゾーン内でゴールしたアクティビティを動画化してみました。

 

STRAVAプライバシーゾーンとRELIVE動画

STRAVAプライバシーゾーンとRELIVE動画

 

左がRELIVEの動画のゴール地点、まんなかがSTRAVAのPC版のアクティビティの詳細、右がSTRAVAのプライバシーゾーンの範囲です。

 

左の動画とまんなかのマップの緑の線が国道423号線です。STRAVAの自分向けのライドデータはこれを越えてゴールします。

 

一方のRELIVE動画は423号線の手前で終了します。右下の大阪府吹田市芳野町周辺1kmのプライバシー設定がRELIVE動画でちゃんと効きました。一安心。

 

が、やっぱし、自宅や職場のドアtoドアのアクティビティを動画化するのは個人情報的にビミョーです、STRAVAしかり、RELIVEしかり。

 

ここに気を付ければ、いろいろあそべます。おためしあれ。