神アプデでより簡単になったUber Eats 配達

パナレーサーのタイヤとチューブのインプレ 今や貴重な日本製護謨輪

国産、日本製、made in Japan…国内の製造業の衰退や大手メーカーの不祥事などで過剰な黄金のメッキははらはらと崩れ落ちます。

日本製は不滅!

が、基本的に日本製品は高品質で安心安全です。具体的には品質管理のノウハウがしっかり生き残ります。品質のバラツキがマイルドです。

この点、中華系メーカーや欧米系ブランドは圧倒的にルーズでおおらかです。最終チェックの目線がぬるゲーです。

マウント穴の精度はぽんこつ
マウント穴の精度はぽんこつ

スポーツバイクの製造の現場はアジア圏に集中します。台湾は自転車プロダクトの中心です。”Taiwan”と”China”なしで自転車産業は成立しません。

世界最強安心安全台湾製カーボンフレーム
世界最強安心安全台湾製カーボンフレーム

こんな時代に国産パーツは稀有で貴重で奇特です。そして、自転車の生命線のタイヤにこのmade in Japanが息づきます。

競輪のSOYO、名古屋のゴム屋のIRC、そして、松下由来のパナレーサー、これが日本製自転車タイヤの三大メーカーです。

ちなみに世界一のタイヤ屋のブリヂストンの自転車部門のブリヂストンサイクルの製品はおおむね外注の海外製です。BS印のチューブとタイヤはmade in Taiwanになります。

で、この国産タイヤメーカーの中からちまたのスポーツバイク乗りのあいだで最もメジャーなパナレーサーに焦点を当てましょう。

パナレーサーのパナはパナソニックのパナ

パナレーサー、Panaracerはしにせの自転車タイヤ・チューブ屋さんです。看板商品は自転車用の化成品ですが、そのほかの工業ゴム製品をほそぼそと手がけます。

『パナ』の名前のとおりにパナレーサーはもともと家電大手のパナソニック(松下、National)の関連企業です。

創業者の松下幸之助はペーペーの駆け出しのころに自転車店ででっち奉公を始めて、商売のいろはを学びました。で、この縁から家電屋で大成したのちにも自転車産業へ積極的に参入します。

ですから、中華全盛のこの21世紀にパナソニックは自前の自転車フレーム工場をがんこに稼働し続けます。ぞくにパナモリ、パナチタンのフルオーダーは有名です。

そして、電池屋の技術を活かして、電動アシスト自転車の普及と発展に大きく貢献します。モーター屋のヤマハとバッテリー屋のパナソニック、この二つが国内電動アシストの二強です。

で、のちの2015年にパナレーサーはパナソニックグループから独り立ちして、『パナレーサー株式会社』になります。本社は兵庫県丹波市の山奥にあります。

パナレーサーのタイヤの特徴

パナレーサーの主力商品は自転車タイヤ、チューブ、アクセサリです。タイヤとチューブは日本製です。空気入れやタイヤレバーはさだかじゃありません。

安いノーマルチューブもこのとおりです。愛国者は感涙にむせびましょう、ブラボー・ジャポーン!と。

パナレーサーチューブ MADE IN JAPAN
パナレーサーチューブ MADE IN JAPAN

タイヤのジャンルは多彩

パナレーサーのタイヤの展開はオールマイティーです。ロードバイクの軽量高速タイヤ、オフロードのブロックタイヤ、シティサイクルのコンフォートタイヤ、ミニベロの高性能タイヤ、充実です。

RACEシリーズ、PACERAシリーズ、Minitsシリーズなどはロングセラーの人気商品です。個人的にここのMinits Liteシリーズにはお世話になりましたし、泣かされました。

Panaracer Minits Lite Plotite sheild 23 451
Panaracer Minits Lite Plotite sheild 23 451

20インチのハイエンドタイヤは貴重です。実質、選択肢がパナ、シュワルベ、ケンダぐらいです。ミニベロがぼくの初代の本格自転車ですから、パナレーサーにはそこそこの思い入れがあります。

ニュージャンルのグラベル用、ファットバイク用のタイヤもぬかりなくあります。グラベルキングシリーズはオールロードやツーリングバイクの足元の第一候補です。

反面、MTBタイヤの印象はぱっとしません。本格的なブロックタイヤのモデルが5種類しかない。トレンドの+系タイヤがない。やる気のなさが知れます。

まあ、国内市場の需要は実用系とレーサー系です。わざわざ激動のオフロードタイヤ部門に進出せずとも、ぼちぼちやっていけます。

パナレーサーのロードバイクタイヤの印象

実際のところ、パナレーサーのピュアなロードバイク用のタイヤはぼくのタイヤ歴にはありません。が、ミニベロ用のMinitsシリーズはロード用のRACEシリーズの小径車版です。

RACEがアップデートすると、Minitsもアップデートします。RACEにはA、C、D、Lの4タイプがあり、MinistにはLITEとTOUGHの2タイプがあります。

タイヤの成分や技術の表記から、

LITE=A

TOUGH=D

が成立します。オールラウンダータイプと高耐久タイプです。

ぼくはLITEとTOUGHの両方を使いました。じゃあ、同族のRACE AとRACE Dの印象をぼんやりと予測できます。

最初に見た目の特徴を紹介しましょう。パナタイヤのMinits LITEのトレッドの近影です。

パナタイヤの特徴的な山
パナタイヤの特徴的な山

中央の部分が山型です。この部分のエッジがほかのメーカーのタイヤよりあきらかにビビッドです。これがパナタイヤの見た目の特徴です。

もちろん、この山は走行でじょじょに丸くなります。

タイヤ山が丸くなる
タイヤ山が丸くなる

で、対照的にサイドがややうすぺらです。で、表記のプリントがすぐにぺろぺろ剥がれます。ここのシールがちょっとひんじゃくです。

バルブとビード
バルブとビード

グラフィックはじみ

日本人はアピールしません、でしゃばりません。デカデカハデハデロゴの受けはかんばしいものじゃありません。

で、その嗜好を反映してか、純国産のパナレーサーのタイヤはどぎつい主張をいたしません。グラフィックスはじみでそぼくです。

これはそんなパナレーサーのグラベルキングSKの横顔です。

グラベルキングセット完了
グラベルキングセット完了

はい、ロゴやモデルがぜんぜん分かりません。超絶に目を細めれば、MADE IN JAPANの刻印を見いだせましょう。

Challangeのグラベルタイヤです。

Challange ALMANZO 700x30c
Challange ALMANZO 700x30c

ザ・デーハーです。

品質はふつう…タイヤ的には

パナレーサーのタイヤの品質はふつうです、自転車タイヤ的には。日本製品的にはビミョーです。ビードのつくりにけっこうなバラつきがあります。

ミニベロのタイヤ交換はふつうのサイズの自転車よりシビアです。少々のギャップが致命的なものになります。「こっちはギッチギチだけど、こっちはユッルユルだあ!」てのがしばしばありました。

人気の軽量チューブのR’AIRはさらに神経質です。当たり外れがにょじつに出ます。バルブ付近の品質がまちまちです。

ただ、これは軽量チューブの全般的な問題です。70g以下の薄型チューブはきゃしゃです。R’AIRの当たり外れが極端だってわけじゃない。わけじゃないけど、バラつきはたしかにあります。

転がり、軽さ、グリップはほんとにふつう

タイヤ性能の三要素の転がり、軽さ、グリップはふつうです。軽快なロードレーサーの走り心地をしっかりと味わえます。

最軽量モデルのPanaracer Gillarの700 23Cは160gしかありません。超軽量タイヤのランキングの上位に食い込めます。

グリップは固くもなし柔くもなし。コンチみたいなドライな硬さ、シュワルベみたいなグリップ、ヴィットリアみたいなもちもち感、そうゆう特色はありません。ザ・ふつうです。

耐パンク性はまあまあ

~2000km前後の実走ではLITEのパンクは一回こっきりでした。ミニベロの2000kmはロードの3000kmに匹敵します。寿命内のパンク耐性は上々です。

グラベルキングSKは5000kmをラフに走りましたが、最後まできっちり役目を果たしました。が、これはそもそもチューブレスです。パンクしません。が、一本は後半に減圧しまくりました。

トレイル走行もOKです。オールロードバイクにはほんとにおすすめです、グラキンSK。

寝袋パージ
寝袋パージ

価格は良心的

海外のハイエンドタイヤの国内価格は傾向的にファンタジーになりますが、パナレーサーのタイヤは大きく変動しません。内外価格差は小です。それでも、逆輸入のが割安だったりしますけど。

MADE IN JAPANの消耗品がこんな価格で買えることがもう奇跡です。パナソニックのフルオーダーのハンドメイドのフレームも非常に良心的な価格です。

パナレーサーのタイヤの総括

ハイエンドタイヤの走行性能やグラフィックは海外勢に一歩譲ります。1秒を競うかりかりのレーサー、タイヤに特色を求めるこだわり派には不向きです。

マイペース派のロングライダー、国産製品至上主義者、ミニベロユーザーにはパナのタイヤの神々しき刻印とマイルドなふつうさはしっくりきましょう。

あと、タイヤレバーは万人におすすめです。