おすすめ自転車動画紹介その6 MTBのジャンル別厳選映像


世間はおぼんやすみです。ぼくはそんなに遠出せず、海辺でチャリキャンプを予定します・・・暑さでハンガーノッキング熱中症KOを起こさなければ。

 

で、おでかけまえに予約投稿でおすすめ動画を紹介しましょう。現在、カナダのフランス語圏のケベック市の郊外のMont-Sainte-AnneでMTB競技の世界選手権が開催中です。

 

MTBの世界選手権は4-9月の長期ステージです。トッププロは欧米の主要なコースを転戦します。で、シーズンの総合得点を競います。

 

イタリアのVal di soleやイギリスのFort William、そして、このMont-Sainte-Anneはおなじみの開催地です。

 

で、ひとくちに”MTB”とゆっても、ジャンルが多岐にわたります。DH、XC、FR、4X、DJ、BMX、ENDUROなどです。

 

XCO=クロスカントリーとDHI=ダウンヒルはMTBの両極ですが、この二つは同時開催です。FRの最高峰はRed Bull Rampageです。BMXは東京五輪からオリンピック種目になります。

 

この多彩なMTBのそれぞれのジャンルのおすすめ動画を紹介します。

 

DH、ダウンヒル

 

MTBのはながたがダウンヒルです。フルサスのごつい車体で荒れ地をごりごり下ります。このジャンルのアイコンはフルフェイスのメットです。

 

有名選手はアメリカのAaron Gwin、2017年のチャンピオンのLoic Bruni、南アフリカ出身のGreg Minnaar、英国のDanny Hart、Atherton兄弟などです。日本人は井出川選手や九島選手ですね。

 

ぼくの個人的な見解ではMTBの中で、いや、全自転車競技の中でもっともイケテるジャンルです。サイキョーでサイコー!

 

DHの動画を見るなら、Vital RAWのチャンネルを登録しましょう。余計な演出抜き、BGM抜きでトップレーサーのリアルなライドのハイライトをたんのうできます。

 

これはできたてほやほやのMont-Sainte-Anneの二日目のハイライトです。SO FAST!のタイトルのように速過ぎのムービーです。

 

 

小柄な(つーても、170cmぐらいある)長髪ライダーは女子です。10連覇の絶対女王レイチェル・アサートン、よく似た顔立ちのフランス人ミリアム・ニコル、トレーシー・ハンナーなどが有名です。

 

速さもそうですが、音がSO CrazY!! です。ギャルギャルギャルギャル! ぼくのバイクからこんな音はしません。コリコリコリて鳥軟骨みたいな音しか出ない。

 

これを見ると、フルサスを欲しくなります。てか、つぎのバイクはかくじつにフルサスですね~。これを買えば、チャンピオンになれるか・・・

 

アーロン・グウィンの使用バイク

アーロン・グウィンの使用バイク

 

てか、なんでサドルがSDGのIBEAMだあ?!

 

XCO、クロスカントリーオリンピック

 

DHワールドカップと同じ会場で同日開催されるのがXCO、クロスカントリーオリンピックです。オリンピックの名前のとおりに五輪の正式種目です。MTB競技はこれだけです。

 

ロードレースのオリンピックも一種目だけです。男子女子のエリートですね。しかも、オリンピックの1日目か2日目にあります。うかうかすると、見逃します。

 

個人的にリオ、ロンドンとトライアスロンを見た覚えはありますが、ロードレースは見た覚えがありません。トラック競技は逆に種目多すぎて、なにがなにやらよく分からない。

 

で、その唯一のMTBの五輪正式種目のクロスカントリーをざっくり表すと、『短距離の周回障害物競争』てゆえます。

 

XCO、男子エリートのレース内容は『一周5km以上のアップダウン未舗装路コースを2時間で5-8周回する』てなものです。

 

ダウンヒルは下りオンリーですが、クロカンは登り下りを含みます。ために車体は軽量です。最近のトップモデルはフルカーボン化で9kg以下になります。フルサスが8kg後半とかです。やばい!

 

スイス選手権の良い動画がありました。

 

 

ウェアはピチピチです。装備はロードやシクロクロスに似ます。実際、CXの選手がXCレースに出るとか、XCの選手がCXに出るとかします。

 

有名選手はスイス人のニノ・シューターです。アルカンシェラは世界王者のあかしです。世界王者でオリンピックゴールドメダリストです。172cm、68kg、そして、薄毛です。

 

最近、シクロクロスの若手のスターのファンデルポールがこのクロカンに参戦して、好成績をおさめます。あ、ペーター・サガンはリオ五輪でこの競技に出ましたが、機材トラブルで下位に沈みました。

 

ダウンヒルの圧倒的なド迫力の後ではクロカンはしょぼく見えます。実際、登りのセクションがありますから、スピード感はそれなりです。

 

正直、ぼくは好んで観戦しません。経験からオフロードの登りのきつさがフラッシュバックして、みぞおちがキュッ!てなります

 

FR、フリーライド

 

FR、フリーライドはエクストリームスポーツのひとつです。ダウンヒルとよく似ますが、あちらは速度を競い、こちらはテクニックや技を競います。一種の採点競技です。

 

車体もダウンヒルバイクとは様相をことにします。ヘッドはたち気味、フォークは軽量、ホイールベース(バイクの縦のサイズ)は短めになります。

 

主目的がトリックやジャンプです。ダウンヒル並みの高速安定性は不要です。フォークもシングルフォークですね。サスペンション付きのでっかいBMXみたいなものですか。

 

FRイベントの代名詞がRed Bull Rampageです。

 

 

うーむ、とりあえず、スタート地点の崖の上に立つのがむりです。へたれにはむりです。最高のテクニックと最高の度胸がなければむりです。

 

でも、安心を。このイベントは完全招待制です。ツールドフランスより縁がありません、ははは。

 

もうすこしマイルドなFR動画でほっこりしましょう。スコットランドのトライアルバイクライダーのDanny MacAskillが彼の出身地のSkye島で撮影したPVがThe Ridgeです。

 

再生回数5000万越えの超ヒット動画です。おそらく自転車関連動画の歴代ナンバー1です。見たことある人もない人ももう一度見ましょう。

 

 

トライアルのようなオールマウンテンのようなフリーライドのようなスタイルです。島のきれいな風景とここちよいBGMにまぎれますが、ライドの内容はそうとうのエクストリームです。

 

トライアルのライダーは止まってからぜんぜん動けますから、あんな崖やこんな岩をひょいひょい上ってしまいます。まあ、1ミスで崖下が確定しますけど。

 

じゃあ、これらのFRの動画をふまえて、小さな岩で練習しましょう。

 

かえる岩

かえる岩

 

最初の一段さえ上れへん・・・

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share

ブログ村自転車バナー