おすすめ自転車動画その13 ゴリゴリとびだせ動物とチャリ


自転車はアウトドアです。不意のトラブル、予想外のアクシデント、驚天動地のてんやわんやは日常茶飯事です。

 

杉倒れすぎ II

 

そして、町から離れ、野に山にくりだせば、やつらとの遭遇を避けられません。

 

箕面の猿

 

ザ・ビースト、野生の猛獣です。サルのおおきさは幼稚園児くらいです。が、ものすごい牙をむけられると大の大人がビビります。こえー!

 

地元の北大阪、京阪、阪神ではクマの目撃例が後を絶ちません。

 

熊出ます

 

ものはツキノワグマです。小型のおとなしいクマです。でも、山中でこいつに出会ったら腰を抜かしましょう。

 

もっとメジャーな猪、鹿はわりと大型です。奈良公園の鹿は神の使いで天然記念物す。こっちは手を出せませんが、むこうはお構いなしに来ます。

 

鹿のむれ

 

鹿注意、略してシカチュウ

 

六甲山牧場の標識です。

 

どとうの羊に注意

 

城の門をこわす”battering ram”の先端は羊の頭を模します。本気の羊の突進は強力です。

 

そして、バイク乗りはクルマ乗りより圧倒的に無防備です。海外の郊外はリアルサファリパークです。動物トラブルはつきものです。

 

ニンゲン vs アニマルのバトルムービーを特集しましょう。

 


とびだせレイヨウ

 

一発目は南アフリカのアルバート・フォールズ・ダム自然公園内の激突の模様です。ANTELOPE=レイヨウ類が走行中のチャリにはげしくタックルしました。

 

 

うーん、あきらかに仕留めに来ましたね。みごとな悪質タックルです。角で来られなかったのが不幸中の幸いでした。

 

ダチョウに逃げは決まるか?

 

おつぎはダチョウとロードの史上最速王決定戦です。

 

 

チョコボ! すばらしい二足走行です。腕振りなしでなんでこんなに快速できましょう? 体幹がえげつない。さいわい先行組の逃げが決まりました。

 

カンガルーアタック

 

こちらはオーストラリアのクイーンズランドのひとこまです。

 

 

野良のカンガルーが草むらからささって飛び出して、ライダーの頭部にみごとな一撃をくらわします。こいつもまたたしかな敵意を持って、仕留めに来ました。顔はやめて!

 

ゾウが来るぞう

 

地上最大のアニマル、それはゾウです。で、おおきさ=つよさですから、このアニマルこそが真・百獣の王です。

 

これが道端から飛び出すのはアジアでは日常の風景です。

 

 

でかさがもうダメだあ! しかも、群れだあ!

 

逃げに定評のあるマーモット

 

うってかわってこちらはイヤシのニンゲン vs アニマルです。マーモット、げっ歯類、リスネズミの仲間がダウンヒルのコースをちょこちょこ先導します。

 

 

ライダーはフランス人ぽいですから、アルプスのマーモットのようです。みじかい足でけっこうな速度ではしります、ははは。

 

熊系はFAKE多し

 

で、本命の熊さんはFAKEネタっぽいしかありません。スルー!

 

ムースの寸止め

 

最後は子連れのムース、ヘラジカです。そこにひとりのローディがふらふらと近づきます。

 

 

まさかの寸止めです。やさしさ!

 

こうして見返すと、シカ、ヒツジ、ウシ類とのバトルが激熱です。