神アプデでより簡単になったUber Eats 配達

スマートフォンホルダー Minoura iH-520 強度アップで破損事故が激減

クロスバイク改造の第5話はお買い物チャリンコらしくカゴとフェンダーの取り付けの予定でしたが、手頃なカゴとフェンダーがなかなか見あたりません。

リクセンカウル? ふつうのカゴ? フルフェンダーをとりつけるとタイヤを太くできないよ? とか考え出すと、おいそれと購入できません。カゴもフェンダーも安くないし。

ついでにパーツ整理でカスタムグッズがちょこっとでてきたので、このクロスバイク改造はもう少し続きます。

💰Uber Eats 初回クーポン限定版

Uber Eats で最強にお得なクーポンは初回限定のものです。ご新規さんはアプリに[ eats-jsx829 ]を入力すると、1800円の割引を受けられます。

この初回限定クーポンは何と送料、手数料も削れます。料理1500円(手数料10%)+送料150円以下=実質0円飯!

使い方:インストール→アプリ起動→アカウント→プロモーション→コードを入力してください

走行性能以外を充実

前回のSUNTOUR160mショートクランクとTIOGAフラットペダルの装着で走り心地的な部分はほぼ完成です。

番外編的にサンポールでブレーキボルトのサビ落しをしましたし、もういじれないな~と思いましたが、玄関の靴箱の中からこんなものを見つけました。

minouraスマホホルダー
minouraスマホホルダー

はい、ミノウラのスマートホンホルダーです。型番はiH-520-OSでワンタッチじゃない方のステムに装着する方です。なんばのビックカメラで購入。

不評だった旧型スマホホルダー

一時期、このひとつ前のモデルのiH500シリーズの固定用の爪の台座のもろさ(樹脂製だった)が猛威をふるって、何人ものチャリダーのスマホをナックアウト! しました。

が、台座がこの型番から金属製に改良されて、やっとまともなスマホホルダーになりましたとさ、めでたしめでたし。

スマホホルダー全般にいえますが、スマホを入れるポッケが少ない夏場の服装シーズンにはグッドアイテムですが、秋冬にはてんで無用の長物です。

このミノウラスマホホルダーも去年の10月ごろに補欠になって、先日まで冬眠してました。

この間にミニベロのステムがDJ用のごっついソリッドなやつになったので、このホルダーのマウントが届かなくなってしまいました。

むやみに手探りメンテ

じゃあ、お買い物クロスにおゆずりしましょうねーと思いましたが、ん? なんかバネの戻りに違和感を感じる。ちょっとバラしてみましょう。工具はふつうのプラスドライバーとアーレンです。

minouraスマホホルダー裏
minouraスマホホルダー裏

このネジを外して、表側のアーレンボルトを外すと、本体をぱっかり開けます。が、すきまからなにかがびょーんと跳んで行きました。この感じは中バネですわね、たはは・・・

バネ、バネ、バネやーい、と探して探して、ほどなく見つけました。やっぱし、右下の長いスプリングでした。バネはほんまにやんちゃですわ~。

minouraスマホホルダー分解
minouraスマホホルダー分解

一見してどこも悪くありません。汚れもない。一応水洗いして、スプリングをすこし引っ張って伸ばして、バネパワーを強めてみました。

さあ、戻そう。たぶんこうです、きっとそうだ。えいえいえい・・・

でも、このバネバネの実がかなりの曲者で、なかなかうまくはまりません。ちょっとやそっとでびよんびよんします。てか、正解が分からない。

「あかん、これは直れへんやつや・・・」

と諦めかけましたが、さきに蓋を当てて、バネをあとからねじ込むようにしたら、うまく戻せました。

GIANT ROMA3のステムに付けて、ジャンクのふるーいスマホをマウントします。

minouraスマホホルダーとふっるいSONY XPERIA
minouraスマホホルダーとふっるいSONY XPERIA

パーフェクトです。でも、赤系統のカラーがちらほら増えてしまいましたね~。左のレバーは街乗りに必須なあれのリモートレバーです。そう、あれです。

ついでのドロッパー

前にAliExpressで購入したTMARSのドロッパーポスト、ミニベロから外して、このお買い物チャリンコに移植します。

TMARS ドロッパーシートポスト パッケージ
TMARS ドロッパーシートポスト パッケージ

うちの超ローハイトなミニベロのサドル高をあげても、なんとか足を地面につけられますが、この700-35のクロスバイクのサドルを上げようなら、まじでバレリーナみたいに爪先の一点しか地べたに付けられません。

お買い物目的ではストップ&ゴーがより多くなります。足つきの悪さは天敵です。なので、こちらにドロッパーを頂くことにします。

もっとも、シートポストのポン付け取替えっこは不可です。シートポストのサイズが違います。GIANT ROAM3のポストは30.9mmで、ミニベロのポストは30.4mm、TMARSドロッパーポストは27.2mmです。

ミニベロへのセットにはこれを使います。27.2-30.4mmのアダプターシム。

シートポストシム
シートポストシム

しかし、これをクロスバイクのシートチューブに入れて、シートポストを差して、シートクランプをぎゅっと締めても、0.5mmのクリアランスのせいできっちり固定できません。

じゃあ、どうしましょう? かんたんです。シートポストのシムを作ります。材料はクラフト用のアルミシートです。

アルミシート
アルミシート

これは厚さ0.3mmのものです。これを30.4mmのシートポストシムに巻くと31.0mmまでボリュームアップできます。0.1mmのギャップは誤差の範囲だと期待して、ねじ込んでみましょう。

はい、ごらんのようにきちっと固定できました、ラッキー!

30.9mmのチューブの中身はシムシムポストのすてきな三層ミルフィーユです♪ SSP! SSP!

10kmぐらい走って、体重を強めにかけたり、歩道の段差越えしたりしました。ばっちり固定OKです。1mmも沈みません。

むしろ、シートポストシムでぴったりサイズのはずのミニベロでは知らず知らずにポストがずり落ちてました、あはは。クイッククランプだからかな?

このドロッパーポストの投入で足つきが格段によくなりました。ポストをボトムまで下げるとママチャリなみに足をべた付けできますし、トップまで上げるとハイポジでスポーティに走れます。

さて、お買い物クロスバイクver4はこんなです。

GIANT ROAM3 カスタムver4
GIANT ROAM3 カスタムver4

ごてりんこです。ああ、まじめチャリダーさんたちはそんなに眉をひそめないで~。使い勝手は最高にベストです、オンリーワンです。しかも、これはまだまだ最終形態じゃありませんし。

最新型の固定力は問題なし

で、かんじんの固定力ですが、問題はありません。河原とかをかなーりあらく走っても、アームがしっかりスマホを固定します。

旧型IH500はこの固定元のツメの強度が難でしたね。それはだめでしょう~。確実に液晶がやられますしねえ。

これはステム用です。バイクとかにはこれですかね。