クロスバイクのVブレーキの交換と片効きの調整

スポンサーリンク

前回のサスペンションフォークのメンテはたいへんでした。外置きチャリにはカーボンかアルミのリジッドフォークをおすすめします、まじで。

 

で、今回はオーバーホールシリーズの組み立て編です。さあ、一夜干しフレームを取り込みましょう。

 

フレームの天日干し

フレームの天日干し

 

Vブレーキをシマノのやつに交換

 

車体から取り外したもとのVブレーキは分解編でほったからしでしたね。これはもう引退です。シューの減り、表面のくすみ、ザ・交換時期です。

 

さいわい手元に新品のシマノのVブレーキがあります。街乗りクロスバイクには文句なしの一品です。

 

シマノVブレーキ 新品

シマノVブレーキ 新品

 

でも、シルバーカラーが車体のカラパタにありません。寄せ集めのちぐはぐさがひとしおです。

 

組み直したサスフォークにセットしてみました。おや、意外と悪くないよ。

 

フォークにVブレーキをセット

フォークにVブレーキをセット

 

くしくもこの色味がシリコングリップとマッチします。

 

シリコングリップ

シリコングリップ

 

フロントからの配色はとくにおかしくありません。むしろ、黒銀2トーンのおしゃれめアクセントです。

 

反面、ブレーキレバーのくすみが気がかりです。これは雨より紫外線の影響でしょうね。そして、なんで調整ボルトがこんなにぼろぼろでしょうか? あ、ペンチでひねった覚えがフラッシュバックしました。

 

Vブレーキアームの片ききを調整しましょう。横側のプラスドライバー用の小ネジでします。動きの関係性はこんなです。

 

Vブレーキアームとネジの動き

Vブレーキアームとネジの動き

 

ワイヤーの取り回しの関係で新品の片効きは左側に良く出ます。左アームを緩めて、右アームを締めるを何度か繰り返して、左右の動きを均等にします。音鳴り解消のためのトーインてテクニックもあります。

 

アウターケーブルエンド切りなおし

 

ブレーキとディレイラーをセットして、それぞれのケーブルを繋ぎます。ここで一手間をかけましょう。アウターのケーブルエンド部分をカッターでばっつんして、切り口を新しくしちゃいます。

 

アウターケーブルきり直し

アウターケーブルきり直し

 

このエンド部分は意外に傷みます。シフトケーブルのレバー側のさびがひとしおです。アウターケーブルエンドキャップの精度でしょうか? あれも妙にゆるくなったり、固くなったりします。

 

それから、ブレーキの取り回しをミニベロの仕様に合わせて、何となく右リア、左フロントにしてみました。ケーブルのアバレ防止策は結束バンドと絶縁テープ巻き巻きです。

 

結束バンドと絶縁テープでケーブル留め

結束バンドと絶縁テープでケーブル留め

 

★Uber Eats初回配達で1万円のチャンス★

Uber Eatsの配達パートナー紹介キャンペーンが復活しました。

当サイトから申し込みして、登録&初回配達完了した方には1万円を還元します。

招待コードをご希望の方は以下のフォームから申し込んでください。詳しい登録方法&1万円コード付きメールをお送りします。

★menuで2000円分のクーポンプレゼント!★

日本発のフードデリバリーアプリ、「menu」がキャンペーンで2000円分のクーポンを配布中です。

普通に登録してもクーポンを貰えませんが、うちの紹介コード[ tpg-dpxkg9 ]を入力すると、1000円x2のクーポンを貰えます。お試しください。

メンテ・カスタマイズ
シェア大歓迎!
スポンサーリンク
B4C