Cannondale SuperX SE 2018モデルの新作はプラスタイヤの新世代クロス


アルミフレームのCAADシリーズ、ENDURO/AMのTrigger、アーバンストリートの代表格BADBOYなどがキャノンデールの人気モデルです。

 

ピュアなジャンルよりハイブリッド、X系が得意です。がっちんのロードレーサー、がっちんのダウンヒルの競技ハイエンドはなんとなくほかより見劣りします。

 

カンザキやムーンバイクスのSuperSix EVO Hi-modの試乗車は売れるようで売れません。BB30のホロウグラムクランクがいやだあ? ははは。

 

とくにこのSuperSixやCAAD12のピュアロードレーサーがずっと代わり映えしません。キャノンデのロードのフレームは丸チューブ、ホリゾンタル、ダブルトライアングル、ノーオフセットステーです。

 

エアロ、湾曲、オフセット全盛時代の昨今、このスタンダードなビジュアルは骨太クラシカルに見えます。トレンドではない。ほんのちょいアナクロです。ザ・タフなアメリカンロードレーサーです。

 

でも、キャノンデの持ち味、遊び心はX系の分野に強く出ます。ぼくがキャノンデを買うなら、X系やアーバン系のレフティモデルを買いますわ。SLATEやBADBOYです。

 

BADBOYは2017モデルからハイグレードからエントリーモデルまで一律レフティ化しましたね。また、レフティの形状がより無骨にいかつくかっこよくなりました。ストリートちょい悪チャリの代表です。

 

反対にENDUR/AMのToriggerとJekyllの2018モデルはレフティーじゃなくなりました! 片持ちフォークの強度の限界でしょうか。サスペンションフォークはFOXです。

 

 

 

キャノンデぽさはなくなって、ふつうのかっこいい汎用のMTBになっちゃいましたね~。ファン的にはだめだめでしょうねえ。

 

このキャノンデがNEWROADジャンルにX系の新作バイクを加えます。SuperX Force 1 SEです。

 


シクロシリーズの系譜を持つX系の新作バイク

 

無印のSuperXシリーズはキャノンデールの競技系のシクロクロスバイクです。最高モデルは電動XT搭載のSuperX Di2です。

 

このシリーズの名前を受け継ぐ新作がSuperX SEです。2018モデルのニュカマーです。

 

 

まっさきにモノトーンのオレンジカラーが目を引きます。イメージ図のようにグラベル・アドベンチャー系のバイクです。ノットレーサー、ホビーバイクです。

 

フレームはキャノンデ自慢のバリスチックカーボン製です。フォークはノーマルリジッドです。レフティでもファッティでもありません。

 

前後エンド幅はスルーアクスルの100-12 142-12です。ブレーキは油圧ディスクブレーキのフラットマウントです。ザ・トレンディー・バイクです。

 

BBは伝統と格式のキャノンデBB30です。クランクはホロウグラムSiのフロントシングル、リングはナローワイドの40Tです。

 

フロントのコンパクトさを補うのがスプロケのワイドレシオです。SRAM PG1130はオフロード用で、10-42Tの11速です。

 

10T~のスプロケはXDドライバー用です。フロントシングル車の主流はSRAM系です。シマノのこの分野への進出は消極的です。

 

が、単品のXT BOOSTハブがローンチするとかしますから、そろそろシマノの1xのグラベルバイクが出るかあ?!

 

でも、フロント変速を採用しないなら、変速の滑らかさうんぬんを度外視できますから、シマノを特別にひいきしませんか。シマノ=フロント変速屋さんですし。

 

METREAはグラベルには向かないしなあ。アルテグラか105のロード系のフロントシングルはまだですかねー。

 

タイヤとリムがワイド化

 

ノーマルSuperXのタイヤ幅は32C前後です。他方、このSuperX SEのタイヤ幅は37mmです。タイヤのモデルはWTB Riddler 700-37cです。

 

リムはWTB KOM 700Cです。ETRTO 622-21です。内径21mm=推奨タイヤ幅は35-40mm前後です。競技用のシクロより太めです。

 

このタイヤのサイズはMTB表記の29 1.5に匹敵します。2.54*1.5=3.81ですから。オフロード的には細め、オンロード的には細め、てことはクロスバイクのジャストサイズです。

 

が、そこは新作です。旧来のクロスタイヤとは違います。リムもタイヤもチューブレス用です。軽さ、グリップ、転がり抵抗、乗り心地はチューブドのワイヤービードのHE 29 1.5とは段違いです。

 

スルーアクスル

油圧ディスクブレーキ

チューブレスタイヤ

1×11

 

てのが2015年以降のスポーツバイクの王道です。気軽にするならフラットバーかライザーバーを、スポーティにするならドロップハンドルやブルホーンを使います。

 

また、クリアランス次第でMTB系の太タイヤやロード系の細タイヤをセットできます。機材の選択肢は広めです。フレーム購入でいろいろ遊べます。

 

この前、カンパニョーロがディスクブレーキと専用ホイールをどばっと出しました。シャマルのディスクブレーキ用のスルーアクスルタイプをつけるとかできます。

 

で、タイヤを32cのチューブレスにすれば、超高速全天型アーバンコミューターにできます。そこらのロードレーサーよりぎゅんぎゅん走りますわ。

 

ライバルは3TのExploroとかですか。

 

3T Exploro グラベルバイク

 

ヒジョーにそっくりの構成です。タイヤはWTBですし、タンカラーですし。ここのところ、WTBがおもしろいロードプラスタイヤを出しますねー。

 

ここに限らず、グラベルバイクのタイヤは絶賛大進化中です。おもしろい分野です。