ワイズロードのわいわいセール2017 賢い利用方法と注意点


ワイズロードは国内大手のスポーツバイク専門店です。津々浦々に店舗があります。メイン展開は関東、東京都心エリアですね。山手線沿線はワイズだらけです。

 

ぼくはチャリ乗りになって、堺筋の大阪本館に良く寄ります。梅田⇔難波or市内北部⇔市内南部のチャリダーに御堂筋を爆走するのはご法度です。大丸前やOPA前は地獄だあ。

 

で、それを避けると、なにわ筋か堺筋で行き来します。ワイズかベックオンがおのずと途上に現れます。じゃあ、吸い寄せられるように入ってしまいますね、ははは。

 

ワイズロード大阪本店

ワイズロード大阪本館

 

このワイズセールの毎年恒例の大処分セールが1月上旬から始まるわいわいセールです。

 

完成車・フレームが最大70%オフのわいわいセール

 

ワイズロードはチェーン店系のプロショップでは最大手です。店舗数は35です。じゃあ、ダホンの取り扱いは量販店型のインターナショナル武田シナネン系ですね。

 

量販の強みで在庫量を活かして、定期的に売り切りセールを開催します。四半期毎になんらかの安売りイベントがありますね。

 

ワイズは良くも悪くもコンビニ風ですから、店頭のアイテムの回転は早めですし、早めであることが理想的でしょう。バイクは生ものです。有限なる売り場に型落ち・お古をいつまでも置けません。新モデルの入荷は定期的に来ますしね。

 

ワイズにはキャノンデール、ピナレロ、コルナゴの取り扱いがあります。じゃあ、人気ブランドの型落ちが定期的に出ますね。スペシャライズドの取り扱いは数年前になくなりました。スペシャラの型落ちはムーンバイクかラビストですね。

 

わいわいセールの特徴は圧倒的な安さです。完成車とフレームが大特価です。たまーに80%や90%の掘り出し物があります。

 

リストはワイズのポータルサイトの特設ページに出ます。今年2017年は1月7日からですね。

 

ただ、これは通販のリストじゃありません。店頭のわいわいセールの現品特価のリストです。店頭訪問、対面販売が基本ですね。他店の在庫取り寄せには郵送費用が掛かります。

 

そもそもセールであれ、通常販売であれ、人気海外自転車ブランドの完成車とフレームは通販NGですね。各ブランドの国内代理店が正規小売に通販を許しません。これは厳格ですね。

 

キャノンデール、スペシャライズド、コルナゴ、デローザ、メリダ、スコット、リドレー、サーベロ、ピナレロ、このあたりは軒並みOUTです。ビアンキ、ガノー、KONA、FUJI、JAMISあたりはOKですね。

 

この販売規制は完成車とフレームです。よって、わいわいセールの大量の売り切り特価アイテムを得るには店舗にTELして、お金を持っていかなきゃなりませんねん。

 

また、特別価格の適応には事前のメルマガ登録が必要です。ついでにクレカ払いやローン払いは割引率ダウンします。振込みか店頭支払いがベターですね。

 

よって、完成車よりフレームの購入が一段と難しくなります。車に積むか、荷造りして電車で帰るか、現地でパッキンしてクロネコヤマトやファミマに駆け込むかしましょう。

 

もちろん、実用車で行って、荷台にダイレクトマウントして運ぶのもありですね!

 

セキネ 実用車

セキネ 実用車

 

「フレームぐらい発送してよ~」

 

と部外者は気軽に思っちゃいます。が、フレームを発送できるなら、完成車を軽くばらして、『フレームとその他のパーツ』て建前でバイクを通販できちゃいます。じゃあ、規制がなし崩しですわ。

 

チャリ業界は非常にキュークツで狭そうですから、抜け駆けは速攻で村八分でしょうねえ。ついでに人気ブランドの代理店はしにせの大手数社にほぼ独占されます。ニコイチ、サンコイチはふつうです。ギョウカイ、シガラミ、コワイヨ。

 

人気ブランドのフレームを買うなら、フリーダムな海外ストアを利用しましょう。

 

 De Rosa King XS Road Frameset 2016

De Rosa King XS Road Frameset 2016

定価 446999円
割引 53%
特価 211498円

※2017/01/05 22:28:58のchainreactioncycles.comの価格

 

以下はわいわいセールの正しい利用法です。

 

  1. ポータルのチラシリストをチェック
  2. アイテムを店舗に電話で問い合わせ・取り置き
  3. ワイズのメルマガ登録
  4. 銀行振込みか店頭へ現金を持参
  5. 自力で運搬

 

基本的にワイズのリストにはモデル名、年式、サイズ、割引率、価格だけが記載されます。ビジュアルの画像はぜんぜん出ません。

 

取り置きのタイムリミットは翌営業日の開店までですね。期限内に前金か全額支払いをしないと、強制的にキャンセルを食らいます。

 

別店舗のアイテムは実費で最寄店舗に発送可能です。完成車の東京⇔大阪のコストが7000円前後ですね。

 

ネットショップの感覚で行くと、思い違いをしかねません。事前チェックを怠らないようにしましょう。