ショートクランク 170mmよりちょっと短いサイズが日本人におすすめ


クランクの長さ、クランク長は大事なエッセンスです。これはクランクの中心(BB芯)からペダルホールの中心までの距離のことです。

 

クランク長

クランク長

 

サイズ160mm

サイズ160mm

 

この長さは走りに多大な影響をもたらします。しかし、フレームサイズやサドルポジションに異常なこだわりを見せるのに、クランクには関心を向けない人はわりと多くいます。まあ、走れるし慣れるしとなぜか妥協しちゃいます。なぜ?

 

現在の完成車付きのクランクはほぼ170mmです。女性向けや小柄な人向けの一部のスポチャリモデル、XSサイズ、ママチャリ、シティサイクルなんかは165mmです。

 

これは身長の10分の1の算出方法によります。170cmの人には170mmのクランクが適当だ、て発想です。

 

ここ三十年くらい、日本人男子の身長の平均値は172cmです。おそらくこれは東南アジア系人種全般の限界で、将来的にもここから大きく上下しません。飯が変わらないし。

 

じゃあ、170mmをつけとけば、大はずれはないな、という寸法です。

 

サイズ展開的にはベターな172.5mmのクランクもありますが、生産量が圧倒的に少数で、高価なモデルか競技用ばかりです。そんなこんなで普及品の定番は170mmとなります。

 

しかし、この身長10分の1の計算方法はちょっと古いタイプです。現在のメジャーな算出方法は股下か大腿骨の長になります。たしかに同じ170cmのヒューマンであっても、アジアンとヨーロピアンでは足の長さも特徴も違います。

 

しかし、ぼくは個人的に西洋人の足の長さより甲の狭さにつねづね驚きます。靴のDワイズとかぜんぜん入りません! ぎゅうぎゅうです。コンバースもナイキもむりです。ニューバランスの26cmの4Eがベストです。

 

多分、クランク長を気にしない人は靴の足幅も気にしない人でしょうね~。伸びてなじむやろ、て発想ですか。クランクは靴みたいに伸びませんけどね、はは。

 

さて、セルフ測定には股下計測の方がシンプルでベターです。大腿骨長の測定は煩雑です。ぼくは簡単な股下測定をおすすめします。

 

Check your Cranks! Bycycle cranks

 

ここが直感的でベストヒットでした。ほかのは専門的過ぎてちょっと猥雑でNGです。読む気が失せます。

 

専門的なデータはこのページにあります。

 

最適クランク長

 

おお、データしかない。めずらしいサイトです。多分、めっちゃ有用な資料です。じゃあ、もっとアピールしましょうよ~。

 

股下の計り方

 

股下の計り方は

 

1,背中を壁につけて、かかとをすこし離して自然に立つ。

2,股間の付け根に本やノートをフラットにはさむ。

3,トップをマーキングして、メジャー等で計る。

 

というものです。かんたんでしょう。魔族だてこのとおりです。

 

クランクサイズ

 

あと、計測前に人間男子諸君はアレやナニをきちんと持ち上げてください。ほんまの付け根、医学でいう会陰のところが股下のトップです。

 

ちなみに身長172cmの股下78cmが日本人成人男子の平均です。ぼくは平均以下です、何回計っても、169cmの72cmです。

 

ということで、上のクランク適応リストでは160mmのがぎりぎりぼくのジャストフィットクランクです。成人男子平均の78cmが162.5mmですから、72cmは股下界の中の下ってところでしょう。

 

162.5mmのクランクはレアですから、おのずと165mmが日本人のほんとのメジャー規格になります。ママチャリはそうですし。

 

でも、成人女子平均は159cmの71cmで155mmになっちゃいます。まあ、大多数のママチャリにケイデンスとかポジションとかはナンセンスですが。

 

ママチャリでスポチャリみたくひざまっすぐなひざ神ポジションにすると、バランスを欠いて、どんがらがんしゃんとやってしまいます。ママチャリダーはひざ曲がりっぱなしです、それが正解です。

 

反面、ロードバイクやクロスバイクの完成車付きのクランクは女性陣には長めです。女子チャリダーの方々はクランクを短めにしましょう。走りがまろやかになります。

 

しかし、最大手のシマノに手頃な160mm以下のショートモデルがありません。これはざんねんです。なので、ショートクランク探しはなかなか難航します。

 

おすすめは東京サンエスのDIXA La Crankです。

 

 

これは日本人向けに開発された企画商品でなんと140mmからサイズ展開があります。

 

スギノは無骨でレーシーでクールじゃないので却下。

 

じゃあ、裏技でBMXレース用のショートクランクなんかはどうでしょうか? このPROMAX SQ-1なんかはスクエアでカラバリ豊富で135mmからあります。

 

PROMAX SQ1

PROMAX SQ1

 

国内代理店のKUWAHARAで9000円です。じつに手頃です。アマゾンの並行輸入品はことごとくぼったくりです。

 

このほかにもBMXレース用のやつは全般的におすすめです。ただし、ほとんどがシングルギアでスクエアテーパーBBで110BCDで5ホールのタイプになります。

 

多分、うちのANSWERの150mmクランクもそうです。

 

クランクキャップを外す

150mmクランク

 

中古8000円ですが、箱には24000円てシールが・・・高級品です、大事に使います。デザインや質感もグッドだし。これは掘り出し物でした。

 

ちなみにクランクは短ければ短いほどくるくる回ります。あと、うちのミニベロは車高が低いので、クランクを短くしないと、カーブでアームエンドやペダルをガリッちゃいます。

 

よって、160mm以上は無用の長物ですね。必然的にシマノ系は全滅です、あはは。

 

まあ、クランクはサードパティ製のかっちょいいのに限りますね~。シマノはクランク界のユニクロだからなあ。デュラエースだろうがXTRだろうがザ・ダサいのですねー。

 

SRAM NXのクランクは155mmからあります!

 

そういうことで160mm以下のショートクランク入手はハードでしたが、なんと近日発売予定のSRAMのニューグレード SRAM NXのクランクには小柄なライダー向けに155mmのサイズが用意されます!

 

メジャーどころがこんな選択肢をくれるのはありがたいことです。155mmがあるなら、ぼくもグループセット一式を本気で買おうかな? SRAMよ、発売まで値上げしないでくれ~。