カンザキバイク 大阪の最強激安自転車屋 ロードもクロスも安い!


昨今の健康ブーム、自転車ブーム、スポーツバイクブームで雨後のたけのこのように自転車屋がぼこぼこ出てきます。大阪市内の堀江のかいわいはことさらにホットですね。チャリ屋がひしめき合います。

 

しかし、大方が似たり寄ったりで、特徴や強みに欠けますね。といって、本格派のビチコルサアベルみたいな店も殿様商売でいられません。うつぼ店はあえなく閉店しちゃいましたね。

 

チャリ屋になにを求めるかは人によりけりです。スタッフの人当たり、大将の腕前、おしゃれぽさ、アクセスなどなどです。

 

が、やっぱし、価格は重大な要素でしょう。近場のテキトーな店でそれなりの価格で買う、てのは関西人的にはPROSじゃありません。

 

良い物を安く買えたことをやたらと自慢するのがなにわのスピリッツです。東京の人はこれと逆ですね。向こうの人は支払った額の高さを自慢します。この価値観のギャップはお国柄でしょうねー。

 

なにわA「これ、なんぼしたと思う?」

なにわB「3000円くらい?」

なにわA「ぶー、1500円やで。めっちゃ安くない?」

なにわB「えー、めっちゃ安い! すごい!」

 

えどB「あ、それ、買ったんですか?」

えどA「うん、ちょっと気分を変えたくて。これさ、いくらだと思う?」

えどB「うーん、3000円ぐらいです?」

えどA「ははは、8000円もしちゃってさ」

えどB「へー、いいものなんですね! すごい!」

 

ですね。もちろん、ぼくはあきらかに前者です。安く買えるなら、なんぼかぺこぺこしますし、おべんちゃらを言いますわ~。

 

で、そんなB4Cが自転車屋を探しに探して、ベストマッチな店を見つけます。

 

「とにかく安くロードバイクやクロスバイクを買うんや!」

 

て人にベストな店がカンザキバイクです。おそらく自転車業界的にもブログ界隈的にも異論は出ません。北大阪を中心に展開するローカル自転車ショップですね。

 

ここと張り合えるのはウエパーこと、ウエムラサイクルパーツくらいでしょう。しかし、取り扱いのブランドがちょくちょく異なりますね。

 

ウエパーにはキャノンデがありませんし、小径車はブロンプトだけ、車種はロードよりですね。カンザキ系の取り扱いジャンルは電動チャリからスペシャライズドのフルサスまであります。

 

このカンザキバイク、淡路のエバーレ店がなにかと有名ですが、いくつかの系列店があります。大本は吉正商会といいます。菅原の住宅地にあるチャリ屋さんです。

 

サイクルショップカンザキ本店

サイクルショップカンザキ本店

 

ここは完全に住宅街の迷路みたいなところにあります。カジュアルファミリー向けで、地元のチャリ屋さんですね。実用車の扱いがありますし、中古車の販売がありますしね。

 

とみに有名なのはここから程近い淡路の昭和ロマンなモールの半地下にあるカンザキバイクエバーレ店ですね。

 

ショッピングモール エバーレ

ショッピングモール エバーレ

 

エバーレの土曜の昼下がりはこんな活況です。

 

土曜日の昼下がりのエバーレ内

土曜日の昼下がりのエバーレ内

 

微妙に傾いたおばちゃんがひとりきり、それを撮るぼく・・・オー、ボーイミーツガール?!

 

別の日の土曜日の昼下がりです。

 

エバーレのクラシカルな昭和的内装

エバーレのクラシカルな昭和的内装

 

そして、だれもいなくなった。左のシャッターの絵柄がなんか魔法少女まどかっぽく見えますね、コワイヨー!

 

と、かなりのディープローカルなエリアです。赤タイル張りの床、暗めの照明、低い天井、すべてが昭和チックです、三丁目の夕日的な、二十世紀少年的な。

 

ちなみにこの左手にスーパーマーケットのニッコーがあります。そして、毎月25日はニッコーの日ですよ! つめ放題セールが!

 

スーパーニッコーの毎月25日の詰め放題サービス

スーパーニッコーの毎月25日の詰め放題サービス

 

おおおおお!! オレンジが、りんごが、お惣菜が詰め放題ですよ! ニッコーの日、パネエ!

 

大量オレンジゲットだぜ!

大量オレンジゲットだぜ!

 

が、そのほかの商品はそんなに安くなかったZE!

 

と、このロマンシングなビルの一角にカンザキバイクエバーレ店のテナントがあります。取り扱い車種はロードから電動アシストまで盛りだくさんです。

 

カンザキバイク エバーレ店の様子

カンザキバイク エバーレ店の様子

 

電動ママチャリのわきにBMCののぼりとBianchiのペナント、壁のポスターは新デュラエースの告知・・・ザ・ディープカオス!

 

あ、店はきちんとしたものですよ。スタッフ一同はいっつも忙しそうですね。通販の販売が月500からあるとか。

 

特筆はその価格で、めちゃめちゃ安いです。あえてはっきりいいます、日本一です。

 

たとえば、クロスバイクで1,2を争う人気車種のGIOS MISTRAL 2016年モデル

 

GIOS ジオス 2017 MISTRAL ミストラル
税込み価格 43500円

※2017/03/16 11:11:12のカンザキバイク楽天店の価格。完成車送料は本州一律5000円

 

定価は58320円ですが、カンザキ価格は43500です、しかも税込み。

 

これより安いところは・・・なんとありました! カンザキ千里店の42000円! 

 

価格コムの金銀銅メダル独占です、圧倒的です。京都の自転車屋のQBEIさんをそんなにいじめないで~。このQBEIは良いQBEIだから~。

 

パーツもこれまたお買い得

 

完成車以外に取り寄せできるパーツがあって、これもほとんど最安値です。ブランドは限られますが。

 

ぼくはTOKENのスクエアBBを取り寄せして、店舗に受け取りに行きました。店舗受け取りは送料無料ですね。

 

BB分解

BB分解

 

アマゾンでは3800円ちょいですが、さすがのカンザキバイク、超お買い得の3240円です、税込みだし。このご時勢にカンザキ系列は内税表記です。卸の感覚でしょうか?

 

上新庄店ではなにかしらのロードバイクが常に特価です。キャノンデールの取り扱いが始まって、注目度が一気に増しました。

 

一転、MTBの高級モデルの実車があるのはバイシクルドットコムことカンザキ吹田店です。キャノンデのジキルカーボンやトリガーやスペシャのフルサスの試乗車や型落ちが狙い目です。また、KONAの新モデルが25%引きとかです。

 

大阪以外の唯一の店舗がおとなり兵庫県のカンザキ伊丹店です。つかしんモールの北の方、ダイヤモンドシティの南の方です。

 

サイクルショップカンザキ伊丹店

サイクルショップカンザキ伊丹店

 

ここは屈指の小径車屋さんですね。ダホン、KHS、TERNの試乗特価が50%引きでぼつぼつ来ます。ミニベロ、折り畳みを求める人は定期的にチェックしましょう。

 

万事がこんなふうです。北大阪のチャリダーは日本一安くスポチャリを買えるといっても過言じゃありませんね~。

 

おそらくこの事情は特殊でしょう。東京はふつうに物価高だし、そのほかはプロショップの店舗数が少ないし。おまけに人気モデルは通販不可だし。海外通販が流行るわけです、ははは。

 

あと、カンザキエバーレに問い合わせメールをすると、シークレット価格のページにアクセスできるコードを教えてもらえますよ~。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share