ロードバイクの空気入れに必須! ゲージ付きの高圧フロアポンプ


ホームセンターで買った空気入れが壊れた!

 

うちの空気入れは足踏み式の安いやつです。

 

足踏み式空気入れ

足踏み式空気入れ

 

メーターはありますが、高圧は無理で、バルブソケットは米式です。仏式のチューブにエアー入れするときには仏式バルブを英式に変換するアダプターを使います。

 

仏式バルブアダプター

仏式バルブアダプター

 

これは250円です。たしかカンザキバイクかヨドバシカメラで買いました。

 

さて、上記の空気入れ、もともとガタがありましたが、先日の無理な使用がたたり、エアータンクが壊れました。オーマイゴッドです。

 

タンクの中身は無事ですが、タンクのカバーがおしゃかです。シャフトがひっかかります。これはだめだ・・・

 

うちにほかのポンプはありません。ママチャリの空気入れすらできやしない。新しい空気入れ、いや、スポーツチャリ用のフロアポンプを購入することにします。

 

しかし、これがなかなかのお値段で、まともなやつは軒並みに5000円前後。中古のチャリを買えちゃいます。要検討、要調査です。候補を挙げて、商品を絞りましょう。

 

定番の定番はTOPEAK JoeBlow Sport IIです。

 

 

通販で4000円ぐらい。性能は折り紙つきですし、ブログの所感とか検証とかが充実、現物は実店舗でよく見ます。

 

でも、個人的に黄色が好みじゃありません。こいつが2000円であれば、購入候補になりえますけど。

 

つぎはパナレーサーの楽々ポンプ。

 

 

1700円で、お手ごろです。でも、名前がクールじゃありませんねー。楽々ポンプ、もう少し考えましょうよ。

 

ついでにパナレーサー製品の印象がよくありません。軽量チューブのR’AIRを買いましたが、品質にえらいばらつきがありました。

 

 

バルブ付近のパッチの処理が雑で、つなぎ目がすぐにはがれて、ひんぱんにエア漏れします。結局、古チューブでパッチ部分を補強しました。目先の軽量化にこだわりすぎており、耐久性を軽視しています。

 

心理的なものですが、一度ケチがついたところにお金を渡したくありませんので、パナレーサーはスルーの運びとなります。

 

おつぎはGIYOGF-55P クレバーバルブ搭載 ゲージ付きフロアポンプです。

 

 

3000円弱。米、英、仏式に対応します。クレバーバルブ! って名称がクレバーです。ちょっとしたこだわり感が好みです。

 

TOPEAKはメジャー過ぎ、パナレーサーはNG、というわけでぼくは買うなら、ギーヨを買います。

 

リサイクルショップで高圧フロアポンプを発見

 

と、まあ、あれこれ検討しましたが、近所のリサイクルショップでたまたまこいつを見つけて、衝動買いしちゃいました。

 

BBBフロアポンプ

BBBフロアポンプ

 

オランダのサイクリングアイテムメーカーBBB社のAIR STEALTH フロアポンプです。

 

新品の実売価格はアマゾンで7500円ですが、ぼくは2500円で買えました。まあまあの美品です、ラッキー。

 

各部を確認しましょう。エアーのヘッドはオートタイプです。アダプタなしで米・仏式バルブにセットできます。

 

米仏対応ポンプヘッド

米仏対応ポンプヘッド

 

これで仏式アダプターはお役ごめんです。いままでありがとうございます。こいつはよくどこかへかくれんぼしちゃうから。

 

空気圧のゲージです。

 

空気圧ゲージ

空気圧ゲージ

 

14BARまで圧れます。バイク用?

 

ポンプヘッドのレバーのロック方向に注意!

 

早速、空気をいれます。が、ポンプヘッドがバルブヘッドに入らない! なんでや!

 

中古品でマニュアルがありません。ネット検索で調べて、すぐに答えを見つけました。ヘッドのレバーのロックの方向が間違いでした。

 

レバーを起こした状態がロックでした。そら、それでセットしようとしても、セットできませんわな。

 

で、これを踏まえて、BBBのポンプヘッドのレバーを折りたたんで、仏式バルブにセットして、今度こそロックします。

 

レバーロック時

レバーロック時

 

差し込みの深さは奥まで目一杯です。びびらずに押し込みます。それから、普通に空気をしゅぽしゅぽ入れます。

 

が、その前にタイヤの適正空気圧を確認しましょう。表記はタイヤの側面にあります。たいていKPa PSI BARが併記されています。

 

読み方は順にキロパスカル、ポンド・スクエア・インチ、バールです。パスカルやバールはお天気用語ですけど、ポンド・スクエア・インチはなじみのない単位ですね。

 

うちのTIOGA COMP3の適正空気圧は40-65PSIです。BMX用のブロックタイヤで、ロードタイヤより柔らかめになります。

 

適正空気圧を超えてむりに空気を入れると、タイヤの寿命を縮めて、最悪の場合、ゴムを裂傷させてしまいます。

 

おおまかなゲージ表記は安ポンプにもあります。高級ポンプはより詳細です。ゲージの位置が手元で見やすいです。

 

ぼくは適正値のあいだを取って、50PSIにしました。ソフトな乗り心地が好みです。ハードなタイヤはほんまにこりごりですわ。

 

 

最後に要点をあげます。

 

  • タイヤの適正空気圧
  • 確認チューブの適正空気圧確認
  • 空気入れのヘッドのレバーのロック方向を確認
  • ヘッドバルブにきちんと深く差し込む
  • 適正空気圧まで入れる