IpBike 多機能なおすすめサイコンアプリ 設定やオフラインマップ利用の方法


IpBikeでシムなしスマホをサイコン化

 

ぼくがチャリダーに持ち出すのはシムなしスマホです。通話不能、データ受信不能です。

 

必然的にオンラインサービスに頼れませんので、オフラインのデータをフル活用して、機能を充実せざるを得ません。

 

まずはなによりマップです。実用レベルの無料地図データは限られます。ほぼOpen Street Mapのオンリーワンです。

 

日本地図データの圧縮ファイルがこちらのアジアのURLにあります。1GB弱のデータですが、日本全域OKです。これをダウンロードして、解凍して、スマホのストレージに移します。

 

つぎはIpBikeのダウンロードです。これはGoogle playで入手可能です。無料版はホイール100万回転まで使用可能です。だいたい2000kmが目安です。

 

初期起動画面はこんな感じです。

 

IpBike起動画面

IpBike起動画面

 

数字がめちゃめちゃですが、バグじゃなくて、これがデフォルトです。

 

まず、下の『Settings』から設定に入って、Audio-visual settings→System language override→日本語を選択し、表示をジャパナイズします。

 

日本語化

日本語化

 

それから、オフラインで使う地図のデータファイルを選びます。表示、音声設定→マップの設定→Mapsforgeファイルを選び、さきほどストレージに置いた地図ファイルを指定してください。

 

ストレージ地図ファイル選択

ストレージ地図ファイル選択

 

それから、一つ前の項目に戻って、『デフォルトMapforge描画テーマに戻す』をクリックします。

 

地図の見栄え、色とかデザインのフォーマットをXMLファイルでカスタムできますが、なにかとてこずりますので、プリインストールのデフォルトファイルを使います。

 

初期画面に戻って、地図表示部分(読み込み前では灰色タイル)をダブルタップします。『マップのソースを選択』をクリックして、Mapsforgeを選びます。

 

Mapsforge

Mapsforge

 

これで地図が読み込まれて、表示されます。最初のロードは遅めです。少し待っても地図を見れないときにはアプリ再起動かスマホ再起動を試してください。

 

ぶじにオフライン地図表示に成功したら、『GPSオン』と『走行開始』をクリックしてください。数値のデータがリセットされて、きちんと計測されはじめます。

 

開始の手順はGPSオン→走行開始です。走行停止で1ランが終了します。一時停止はトイレ休憩やコンビ休憩なんかでラン記録を途切れさせたくないときに使います。

 

おつぎはpersonal settingで体重や身長を入力します。ちなみに各種のセッティングはGPSオフのときにだけ設定可能です。

 

「設定ボタンをクリックしたのに設定項目に入られへん!」

「設定ボタンがあれへん!」

 

ってときにはだいたいGPSオフにし忘れています。

 

Personal settingで体重や身長を設定します。これはカロリーとか出力パワーの計算に影響します。

 

時間や距離の項目を増やす

 

初期画面の項目を増やすには数値の項目のどれかを長押して、メニューを出します。距離、速度、活動時間、実測時間なんかが便利です。

 

3458253ea6ccf5fbb8cc904d87f25ac9-225x400

 

でも、項目が増えすぎると、地図表示のエリアが減ります。初期設定では横スライドからの『新規カスタム画面』で画面を増やせます。

 

ぼくはサブ画面の項目を減らして、地図表示専用にカスタムしています。

 

a19e3aa845a4b49601dcd1ecb466a299-225x400

 

また、『外観』からテキスト色やラベルの背景カラーをカスタムできます。初期のデザインはほんまにださださです。なんとかすっきりさせて、runtastic road bike風にしましょう。なりませんか? はは。

 

最後に走行記録の管理のために初期画面の『バイク』から入って、新規バイクを編集します。必須は名前と重量くらいです。

 

設定後の初期画面 下に『バイク』

設定後の初期画面 下に『バイク』

 

バイク設定

バイク設定

 

注意点は『仮想出力の有効化』です。ここにチェックを入れると、擬似的に出力計算をしてくれますが、走行中の表示を見づらくしてしまいます。チェックなしがおすすめです。

 

ランの詳しいデータを見るには『走行記録』をクリックします。これまでの全部の走行記録を見たり、走行の抽出で~10kmだけを表示とか、5km以内をカットとか、フィルタリングできます。

 

詳細データはほんとに詳細です。

 

3788235b5d550c79df03a7611019fcb1-225x400

 

バイク設定で仮想出力のチェックを入れると、ワット数を計測できます。が、精度がいまいちで、表示が煩雑です。上級者向け。

 

%e4%bb%ae%e6%83%b3%e5%87%ba%e5%8a%9bon%e3%81%ae%e8%b5%b0%e8%a1%8c%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%81%ae%e6%95%b0%e5%80%a4

 

最高速39.2kmだ。どこでだろう? そんなときには『統計』の折れ線グラフを見ます。

 

0c700c3053234a5a9fd41f16374fe251-400x225

 

白線の大きな四つ山がサイクルモードの4回分の試乗ですね。コースの長いくだりのところでしょう。たぶん、一回目のKONAのENDUROバイクのランです。あれはまじに良いバイクでしたわ。

 

『ルート』は太線で表示されます。

 

a19e3aa845a4b49601dcd1ecb466a299-225x400

 

これはサイクルモード大阪のときの走行データですね。濃いところは試乗コースとサイクルモードの会場です。走行モードをずっとオンにしていたので、会場うろうろの歩きの分も記録に含まれています。

 

この機能が全部オフラインでOKです。でも、無料使用の限界100万回転まであと20万回転です。オフラインの地図を継続的に使いたいので、走行データをカットしますか。

 

われながらケチくさいな~。サイコンを買う前にふんいきだけを手軽に味わうなら、IpBikeを使ってみてください。

 

あと、GPS連動型アプリの宿命でバッテリーはわりに減ります。でも、うちの4年前のスマホでぎり大丈夫ですねえ。SIM抜きスマホにはバックグラウンドの回線通信がありません。電力の持ちはそこそこですね。

 

で、本気でサイコンを使うなら、ガーミンへレベルアップしましょう~。