けいはんなサイクルレース2017 ウエパーの試乗会と即売会も


ウエパー、ウエムラサイクルパーツは大阪の有名な自転車屋さんです。本店は住吉の粉浜に、支店は梅田と福岡にあります。

 

ぼくは梅田店によく行きますね。

 

ウエムラサイクルパーツ梅田店外観

ウエムラサイクルパーツ梅田店外観

 

今年はウエパー創業80周年のメモリアルイヤーになります。年末年始からプレセール・本セールが続きます。

 

この周年セールのために去年2016年の粉浜本店名物のウエパー青空市が見送りになりました。今年の開催はまだ未定です。とにかく、セールの混雑は必須ですね。カード会員が優先だし。

 

京都の公道を周回するウエパー杯

 

ウエパーが特別協賛して、京都府の自治体や自転車協会が主催するのがけいはんなサイクルレース、正式名称は「U-spirit ウエパー杯 けいはんなサイクルレース」ですね。

 

けいはんな=京阪奈=京都、大阪、奈良の関西3府県の境界エリアを差します。大阪中心部からは東、京都中心部からは南、奈良中心部からは北のあたりですね。

 

まあ、ほぼ奈良です。生駒の激坂暗がり峠は近所ですね。

 

暗峠の名所S字カーブ

暗峠の名所S字カーブ

 

関東の人は飯能とかをイメージしましょう。

 

このかいわいの丘陵地帯が京阪奈丘陵です。で、この山間にすらーっと広がるのが『関西文化学術研究都市』て郊外型の学研都市です。平仮名の『けいはんな』はこの学研都市を意味しますね。

 

じゃあ、ここは山間部の新興系未来型理想都市です。精華町けいはんなプラザの周辺の道路はきれいな碁盤の目です。オマージュは古代の理想都市の平城京でしょう。ザ・碁盤の目ですね。

 

このような整備道路は公道閉鎖型の周回コースにはもってこいですね。実際、日本のトップロードレースのツアー・オブ・ジャパンの京都ステージがここを使います。京都ステージは2016年の新設ステージですね。

 

けいはんなサイクルレースはこのTOJのコースの一部を通ります。けいはんなプラザ前の日時計を基点にして、2.36kmの閉鎖公道をぐるぐるします。

 

周回数はクラスで変わりますね。最高のC1は14周、最低のC6は3周です。

 

全出場者の合計は1000人弱です。なかなかの規模のレースですね。なんちゃってホビー系でしょう。実際は猛者の集まりでしょうよ。

 

コースの目安はこんなですね。公式のコース設定が見当たりませんが、過去参加者のログからグーグルマップではだいたいこうなりますね。

 

 

けいはんなプラザ前の日時計前を基点にして、パナソニック、京セラ、島津のそうそうたる研究所に臨みながら、左周りにぐるぐるします。

 

この地図の距離換算では2.39kmになりました。30mは誤差てことで。コースの西側のピンク線が坂ですね。上り→下りです。

 

スタート地点が102.1m、ルートの左下の角のところが最高峰126.4mです。標高差はそんなにありませんが、上ピンクの500mあまりで20mの傾斜ですね。なかなかの斜度です。

 

この坂は後からじわじわ効きますよ~。小学生初心者コースではこのブロックが省略されます。

 

試乗会と即売会があるよ!

 

このレースの開催は2017年9月3日日曜日です。が、レースの受付は8月13日に終わりました。ロードブームで満員御礼ですね、きっと。

 

もともとぼくはレースものには無関心ですね。スポーツイベントは苦手です。エントリーやなんやの手間がハードですわ~。スポーツサイトに登録するのもめんどうだし。

 

しかし、一般参加者が楽しめるイベントがありますね。そう、試乗会と即売会です。むしろ、こっちがメインですね! 無料だしね!

 

2018モデルの試乗や新商品があるかなー。ぼくは即売会を目当てに行ってみようと思います。自走はしんどいから、電車で。試乗もまだ暑いでっしゃろし~。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share