サイドウォールのタンカラー(アメカラーが)ちょっと復権 そのわけ


自転車のタイヤは走りのかなりのウェイトを占めます。シューズのソールのように固め、柔らかめ、薄め、厚めみたいな種類があります。

 

最近のスポーツバイクは全ジャンルでワイド化がトレンドで、ホイールのワイドリム化が止まりません。MTBのセミファット、ロードのC17みたいなのはスタイルにすら思えます。ホイールは二の次だ。

 

この自転車タイヤにひとつのおもしろい兆候があります。機能でなく、見た目、デザインですね。サイドウォールのタンカラーのリバイバルですね。

 

タイヤの側面=サイドウォール

 

タイヤの部分の呼び名のおおまかなところは以下のようになります。

 

タイヤ部位

タイヤ部位

 

トレッド=路面と接地するとこ

ショルダー=トレッドとサイドウォールの間のでっぱりのとこ

サイドウォール=側面のとこ

ビード=タイヤのふちの心材

 

ですね。路面に接地するのはおもにトレッドとショルダーですね。ブロックパターンがあるところですか。

 

実物のパナレーサーのグラベルキングSKを平面で見ましょう。

 

 

Panaracer Gravel King SK 700-40

Panaracer Gravel King SK 700-40

 

正方形のブロックのパターンのとこ=トレッド

縦長四角形と正方形のパターンのとこ=ショルダー

ステッカーのとこ=サイドウォール

ふちのとこ=ビード

 

ですね。分かりやすいタイヤです、ははは。

 

転がりやグリップ力はトレッドとショルダーでほぼ決まります。トレッドやショルダー、路面に接地する部分のゴム素材の総称が『コンパウンド』ですね。

 

ついでにタイヤの裏側の内張りの繊維層は『ケーシング』ですね。コンパウンドをもりもりして成型するための屋台骨ですね。いわしの小骨みたいなもんです。たぶん、発想はその辺からでしょう。

 

 

ケーシング

ケーシング

 

見れば見るほどいわしの小骨です、ははは。

 

魚の皮みたいなサイドウォールもタイヤ性能には無関係でなくて、全体の柔らかさや固さに影響しますね。

 

さらにオフロードでは耐久度が求められます。サイドウォールを枝や石で切っちゃうことをサイドカットていいますね。やっかいなトラブルのひとつですね。

 

タイヤの色

 

とはいえ、このサイドウォールはデザイン的な要素を多く含みます。タイヤの第一印象はここのカラーとデザインで決まりますね。

 

上のパナレーサーは控えめ地味系のルックスですね。4000-5000円のまあまあの高級タイヤですが、シティサイクルの安タイヤに見えちゃいますね。

 

これはShwalbeのグラベルタイヤのG-oneです。ハデハデデカデカですね。

 

Schawalbe G-one 2.35インチ

Schawalbe G-one 2.35インチ

 

が、タイヤの主張にはこのくらいのデカロゴが必要ですね。あと、パナみたいなシール系の記載はわりとかんたんに剥離しますね。

 

実際、前に使ったミニベロ用の451ミニッツタフPTのロゴは一ヶ月ぐらいでぺろぺろ剥がれちゃいました。接着があんまし強くない?

 

てふうにサイドウォールはタイヤの見た目の印象を決定的にしちゃいます。ビジュアル9、性能1ですね。

 

案の定、スタンダードカラーは黒ですね。これはタイヤの素材のカーボンの色ですね。カーボンはゴムの補強材として混合されます。結果、タイヤは黒くなりますね。

 

カラータイヤにするには補強材としてシリカを混合しますね。これの出来上がりは白っぽくなります。着色が可能ですね。

 

ちなみに天然ゴムの原料のゴムの木の樹液も白色ですね。ピュアゴム単体では強度や延び延びが足りませんから、カーボン、シリカ、硫黄みたいな補強材が使われます。

 

じゃあ、タイヤの色=ゴムの色=補強材の色ですね。

 

クラシカルなタンカラー

 

で、タイヤカラーのスタンダードはゴムカラーのカーボンカラーです。今のところカーボンより優秀な補強材がありませんから、タイヤカラーはしばらく黒の天下ですね。

 

逆に超優秀な補強材が発見されて、それがショッキングピンク色だったら、世のタイヤはもれなくショッキングピンクになっちゃいますが。

 

ピンクタイヤの時代が来るか?

ピンクタイヤの時代が来るか?

 

ツールドフランスがピンク一色にそまっちゃいます、ははは。でも、ジロのシンボルカラーには合いますが。

 

幸か不幸かピンク色の補強材は見つかりませんから、タイヤの基本はカーボンカラーですね。

 

もうひとつのカラーにタンカラーがありますね。タン色、飴色のことですね。輪ゴムカラー、関西圏ではババシャツ色ですか。

 

 

これはキワモノイレギュラーでなくて、よりフォーマル・クラシカルなスタイルになりますね。なぜなら、これはチューブラータイヤのルックスにクリソツですから。

 

チューブラータイヤはレースシーンのメインタイヤですね。冒頭の図はクリンチャータイヤやチューブレスタイヤの構造です。チューブラータイヤの構造はすこし違いますね。

 

かんたんな断面図がこんなですね。

 

チューブラー

チューブラー

 

ケーシングの上にトレッドがちょぴっと乗ります。サイドはがら空きですね。あばら骨がスケスケ、小骨がむき出しですね。

 

必要最低限のところにだけコンパウンドゴムゴムをちょぴっと盛ります。屋根だけはって、壁はらない建物のごとしですね。小屋じゃなくて、あずまや。

 

とうぜん、重量は軽くなって、乗り心地はやわくなって、耐久度は落ちますね。小骨がむき出しですから。サイドカットはチューブラーには痛恨の一撃です。血液ないし内蔵の空気が漏れ出しますね。

 

自転車のエアタイヤの歴史はチューブラー→クリンチャー→チューブレスですね。チューブラーが最古参です。フォーマルでアカデミックでクラシカルですね。

 

ですから、サイドウォールのタンカラーはチューブラーぽく、プロレーサーぽく、フォーマルに本格派のふんいきに近づけますね。

 

もちろん、一般的なクリンチャーやチューブレスのタンカラーはファッションですね。地のカーボンコンパウンドの上に飴色のゴムを張って、チューブラー風のふんいきを出します。いわば、チューブラーのコスプレですね。

 

バイクパッキングとタンカラー

 

このタンカラーが意外なところへじわっと進出しますね。はやりのバイクパッキングですね。自転車での短期宿泊旅行のスタイルですね。

 

グラベルバイク、アドベンチャーバイク、オールロードバイクの流行でこのバイクパッキングがトレンドですね。

 

これらのバイクは新世代のランドナー、ツーリングバイクてキャラクターを多分に持ちます。車体、かばん、アクセサリーが昔より小型に高機能になりました。自転車宿泊旅行はもう手軽なホビーですね。

 

で、その系譜からオールロード系のプラスタイヤのタンカラーがひそかに人気ですね。ニュージャンルの盛り上がりでマイナーなブランドから一気にメジャーへ台頭するWTBのロードプラスタイヤです。

 

 WTB Horizon TCS Road Tyre
WTB Horizon TCS Road Tyre

定価 5839円
割引 16%
特価 4904円

※2017/09/07 14:11:03のchainreactioncycles.comの価格

 

デフォルトがこのカラーですね。競技系由来のタンカラーでなく、ランドナー系由来のタンカラーですね。プロぽさよりレトロぽさですね。

 

もちろん、中身はTCS=Tubeless Compatible Systemの名のとおりに最新鋭のチューブレスですね。

 

実例はこんなですね。

 

3T Exploro グラベルバイク

3T Exploro グラベルバイク

 

はい、たしかになぜかばくぜんとした旅情が出ますね、サイドウォールのタンカラー。全世界的にベージュ色はオジサン・オバサン向けの年配カラーでしょうか? いぶし銀、いぶしタンですね。レトロ。

 

近日、WTBは旧モデルの定番にもタンカラーのSkinwallオプションを加えます。しかも、これはほんとにケーシングむき出しのサイドウォールですね。小骨のスケスケが見えます。

 

で、TCSのチューブレス互換タイヤです。タイヤの進化が止まらない・・・オールロードとオフロードではタイヤ主導の展開がもうしばらく続きますねー。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share