実測235g チタンレールのゲル入り軽量サドルを購入


スポーツバイクのサドル選びは靴選びなみの底なし沼です。足の形は千差万別ですが、尻の形も十人十色です。じゃあ、もう一人一ケツですね。

 

基本的に東南アジア人のケツはフラットどっしり型ですね。で、猫背の前屈系です。体系的に欧米系やアフリカ系のメリハリボディにはなりえません。ずんどうフラットです。DNAは罪ですね~。

 

で、自転車、ことさらにスポーツバイクは欧米のものです。フレームのジオメトリ、クランク長、ハンドルポジションなどは欧米基準です。向こうのMは日本人平均にはジャストオーバーですね。

 

サドルもこれに同じです。本場のスマートなサドルはアジア人のケツにはなかなかフィットしませんね。ちょっとのことがストレスフルです。ここが干渉する、ここが圧迫するetcetc

 

そして、靴みたいに気軽に試着できない。試し座り? 試し乗り?  でも、五分や十分でサドルの相性は完全に分かりません。

 

むしろ、2時間3時間、50km100kmの感触が大事です。足も疲れるなら、ケツも疲れます。坐骨のパワーは無限じゃありません。

 

無茶な遠出の帰路のケツスタミナはもうゼロです。そのときのざらノイズ、段差がっくんはクリティカルヒットです。こうかはばつぐんだ!

 

この事情を反映して、一部の店舗で高級サドルのレンタルをしますね。これは非常に合理的なサービスです。

 

これは靴の事情にそっくりです。コンバース、ナイキ、ぼくのべた足高甲のあんよにはベリータイトです。

 

ザ・日本人のためのサドルはこんなですね。

 

 

どっしりママチャリポジション用です。日本人の平均的ケツタイプにジャストフィットします。

 

でも、こうゆうコンフォートサドルはスポバイにはNGですね。見た目が×、重量が×です。そして、わりにシートは柔らかくない。バネの力の影響が多大ですね。

 

対極がこのフルカーボンサドルですね。

 

フルカーボンサドル

フルカーボンサドル

 

シートからレールからフルカーボンですね。重量は100-150gです。フルカーボンシートポストと組み合わせると、余裕で400gを切りますね。

 

ポストとサドルは390g

ポストとサドルは395g

 

この細い穴あきタイプのフィッティングは悪くありません。腿への干渉や股間の圧迫感はありません。上の大きなサドルは干渉しまくりますが、ははは。

 

ただし、乗り心地はかっちかちです。まんま板切れ、公園のベンチです。ぼくはジーパンで100kmまでなんとか走れますが、翌日には坐骨の違和感を感じますね。ケツパッド前提でしょう。

 

この軽さは魅力的です。ミニベロの軽量化にはけっこうなもんです。しかし、小径車はノイズを拾い捲りますから、カーボンサドルには向きませんね。

 

ジェル入りのサドルカバーは本末転倒です。しんぼうが肝心ですね。それか、立ち漕ぎメインで行くか。

 

 

かちかちさに屈してこれに手を出すと、本末転倒の重量オーバーをやらかしちゃいますね。このカバーはそんなに軽くありませんし。

 

さいわい、組み立て中の新車のMTBは快適コンフォート号です。軽さへのこだわりはそんなにストイックじゃありません。ケツが持たないよ・・・

 

で、そこそこの軽さ、そこそこの柔らかさ、まあまあの見た目のサドルを物色しまして、めぼしいのを発見します。

 

ゲル入りサドル

ゲル入りサドル

 

穴あき細タイプですね。ゲルシートです。ん、ジェル? ゲル? ようはウレタンサドルですね。これもピンきりですね。安価なVELOとかは3000円、高級なSelle Italiaとかはうん万円ですね。

 

このキャノンデールのクロスバイクのQuickの純正サドルはやたらグニョグニョでしたね。

 

サドル取り付け

サドル取り付け

 

座り心地はグッドでしたが、重さは400g強でした。ついでに赤の差し色があざとく見えます。そして、おまたの通風性がよろしくない。友だちにあげちゃいました。

 

男子諸君が穴あきを体験しちゃうと、ノット穴あきに一抹の窮屈さを覚えます。まじめなはなし、股間の開放感は精神的に肉体的に大事ですわ。圧迫面接、圧迫サドルはストレスに他なりません。

 

ぼくはもう穴あきしか使いませんね。ゴールデンボールがフリーダムだあ! フリーダム・イズ・ジャスチス! アメイジング! USA!

 

じゃあ、ニューサドルの重量を測りましょう。

 

サドル実測235g

サドル実測235g

 

実測235gですね。ゲル入りサドルの中では最軽量クラスです。軽さの秘密はレールですね。

 

中空のチタンレール

中空のチタンレール

 

hollow Tiのマークが見えますね。hollow=中空で、Ti=チタンですね。つまり、このサドルのレールは中空チタンレールです。

 

一般的なサドルのレールは鉄、クロモリですね。チタンはクロモリの65%ほどの重さです。アルミはより軽量ですが、こうゆう強ストレスのパーツ部位には向きません。

 

セライタリアや有名ブランドのサドルは万越えの高級品になりますが、このニューサドルはお中華製の安チタンサドルです。4000円ですね。

 

シートの裏処理はこんなです。

 

サドルシートの裏面の処理 ちょっとざつ

サドルシートの裏面の処理 ちょっとざつ

 

接着剤固定ですね。最終処理はまあまあルーズです、ははは。高いやつの処理は職人技ですね。クラフトマンシップがします。上手下手が出る。サドルの最終仕上げ、シート貼りの工程はいまだに手作業ですからね。

 

これをTHOMSONのドロッパーシートポストにセットします。

 

サドルとシートポスト

サドルとシートポスト

 

ついにこの高級パーツをセットする日が来ましたねー。購入以来、四ヶ月目の日の目です。何度となくヤフオクの誘惑に駆られたか、ははは。

 

計りに載せましょう。

 

サドルとシートポスト実測750g

サドルとシートポスト実測750g

 

750gですね。カーボンサドル、カーボンシートポストのざっと2倍です。でも、便利さは3倍、クオリティは4倍、価格は10倍! ですね。

 

ポスト径は31.6mmです。フレームのシートチューブ径は34.9mmですね。じゃあ、こいつが役立ちます。シートポストシム。

 

シートポストシム

シートポストシム

 

34.9-31.8mmのシムはレアですね。0.2mmは遊びでしょうか? 固定に問題はありません。なんなら、アルミシートを巻きましょう。

 

とにかく31.6mm以上のポストがレアですからねー。対応のドロッパーポストはKindShock LEVくらいですね。

 

サイクルモード大阪2017のKONAブースにあったの試乗車のポストはどうだったかな~。直付けだったか、シムだったか。KS LEVはKS LEVでしたが。

 

KONA HONZO CR TRAIL DL

KONA HONZO CR TRAIL DL

 

はて、何気に収めた写メでしたが、ケーブルの取り回しの参考になりましたね。

 

このフレームのドロッパーポストの内装ルートは小技ですね。ダウンチューブ下からガイドがヘッドチューブまで通ります。

 

フレームの内装用ケーブルのルート

フレームの内装用ケーブルのルート

 

さあ、そろそろ乗れるぜ!

 

シートポストセット完了

シートポストセット完了

 

でも、ヤフオクでまーたKMC SLのチェーンを落とし損ねた、うえーん! そして、チェーンカッターが壊れた、うえーん!

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share