TIOGA Spyder dazz 安くて軽いがちょっと小さすぎ


TIOGA スパイダーペダルの第二弾! spyder dazz発売!

 

TIOGAのアクセサリーやパーツはコスパ的に優秀なものばかりです。うちの愛車のペダルとグリップとタイヤもTIOGAです。ぼくのお気に入りのメーカーのひとつです。

 

そのA製品のなかで人気のspyderシリーズは高級な部類に入ります。プラスチックのかちかちのすかすかのサドルが驚きの9000円・・・

 

 

同一デザインのパチもののサドルはさらに驚きの400円・・・

 

 

このスパイダーシリーズは高嶺の花ですが、ペダルの新モデルは庶民価格で発売されます。

 

 

このクオリティで2000円! しかも、ペアで240g! 樹脂のフラットペダル!

 

ようやく手を出せる正規のスパイダーものです。市内のチャリ屋をぶらぶら巡って、堺筋本町のY’sRoadで現物を見つけました。

 

幅が狭くないか?

 

第一弾のスパイダーのフラットペダルは非常に小ぶりなペダルで、取り得は見た目だけでした。

 

それを踏まえてか、第二弾のdazzの踏み面はそれより広がりました。しかし、ぼくの予想よりまだまだナローなペダルでした。このフラットペダルみたいな横幅が希望だった・・・

 

 

スニーカー履きでがに股気味で踏むのに最高のペダルです。1600円くらいで非常にお手頃ですし。個人的にペダルは『削るもの』ですから、高い金属製より安い樹脂製です。

 

dazzの踏み面は非常に微妙なポイントです。軽さは魅力ですが、前モデルより断然の中途半端感があります。町乗り仕様に寄せるなら、もっと広めにして、コンフォートにしましょう。

 

そう思って、フォトショップでちょっと横長に加工してみました。

 

幅1.2倍イメージ

幅1.2倍イメージ

 

うん、縦横1:1前後がフラットペダルのベストです。ぼくみたいな幅広足の人は狭いフラットペダルを効率的に踏めません。Dとか2Eくらいの欧米人の足幅基準でしょうね。