スルーアクスル ディスクロードのツール勝利で注目度が一気にアップ


エンド=End、終わりて意味がメジャーですが、末端、終点、際、はしっこ、はてを意味します。”Pirates of the Caribbean: At World’s End”は『世界のはてで』ですね。

 

自転車の「エンド」はフォークのエンドないしフレームのエンドです。ホイールのシャフトを嵌めるところですね。

 

「バーエンド」

「ケーブルエンド」

 

・・・いけず。

 

ママチャリのフレームのエンドはこんなですね。ナット締め。

 

ママチャリチェーンとエンド

ママチャリチェーンとエンド

 

ここの幅はカテゴリ、ブランド、モデルでまちまちですね。

 

ピスト、シングル:110mm 120mm ナット締め

ママチャリ:120-130mm ナット締め

ロードバイク:130mmクイックリリース

クロスバイク、ミニベロ、折り畳み:135mm クイックリリース

MTB:142mm 148mm 150mm 157mm スルーアクスル

 

ですね。ばらばらです。一般的にボルト締め、クイックリリース、スルーアクスルの順でなじみが薄くなります。今日の主役はスルーアクスルです。

 

スルーアクスルの特徴

 

スルーアクスルはこんなです。

 

 

中空のシャフトですね。上の細いのが径12mm 幅148mmのリア用、下のが径15mm 110mmのフロント用です。

 

この組み合わせはSRAM発のBOOST規格ですね。2015年以降のスタンダードです。

 

超激しいダウンヒル用のものはもすこしごつい12mm 150mm、20mm 110mmとかですね。そして、近日にスーパーBOOST 157mmてのが出てきました。現行最大最強クラスのエンド幅ですね。

 

あ、これ以上のファットバイクのエンドがありますね。ファットの幅は前15mm 135-150mmの後ろ12mm 190-197mmですね。フロントが135mmだあ?!  ごんぶっと!

 

これらはことごとくスルーアクスルですね。オフロードではクイックリリースは完全に廃れました。仮留め機構のクイックリリースはオフロードではささいなことでわりとすぐにずれます。

 

さらにディスクブレーキが標準化しました。これの強烈な制動力にクイックの固定は力不足です。ディスクローターとパッドのクリアランスは1mm以下です。ちょっとのずれで音鳴りや干渉が起こりますね。

 

ディスクブレーキのベストクリアランス

ディスクブレーキのベストクリアランス

 

じゃあ、スルーアクスルはエンドの穴をさくっと貫通します。たてずれの心配は皆無ですね。

 

フレームのリアエンド

フレームのリアエンド

 

こんなふうにフレームのエンドはクローズドです。クランプ部分がナット締めやクイックリリースのようにオープンじゃない。

 

この機構のおかげでエンド、ホイール、シャフトが擬似的に一体化します。全体のかちっとしたソリッドさはクイックの比ではありません。

 

正味、クイックの固定力はナット締めに劣りますね。クイックはほんまの仮留めです。

 

クイックリリース

クイックリリース

 

オープンなエンドを外側から締め付けてホイールを止めます。『ホイールのずれ防止』がクイックの役目です。

 

クイックはシャフトではありませんから、これを支えません。クイックの横棒はガイド&キャップ引っ張りの役目しか持ちません。かんたんに曲がります。

 

リアエンド

リアエンド

 

実際にホイールを支えるのはホイール側のエンドキャップと中空棒ですね。

 

上・リア 下・フロント ホイール軸

上・リア 下・フロント ホイール軸

 

この棒は中空です。クイックのシャフトはここに通ります。エンドやホイールには直接に触れません。

 

両者のフロントフォークの断面イメージ図です。

 

左・クイックリリース 右・スルーアクスル

左・クイックリリース 右・スルーアクスル

 

実のところ、クイックの機構のがはんざつですね。黄色い支えの中空シャフトとクイックリリースは別々の働きをします。クイックリリースのシャフトはフレームやハブにはコンタクトしません。

 

スルーアクスルのシャフトはごらんのようにシンプルです。ザ・心棒ですね。フレームとハブにダイレクトにコンタクトします。反レバー側の留めはねじ切りですね。

 

かんたんな発想でパーツが減れば、一体感が上がって、かっちり度が増えますね。しかも、クランプがクローズドです。オープンな仮留めのルーズなQRはこのかっちりさを欠きますね。

 

スルーアクスルの利点

 

スルーアクスルの利点は剛性ですね。かっちりソリッドです。むしろ、クイックリリースがルーズすぎます。

 

まあ、ロードやクロスはべたーと平地を走りますから、エンドの下側がオープンであっても、ホイールはぽろりとずり落ちませんね。

 

オフロードでは車体と車輪はばんばん浮きます。競技系は年々激しくなりますから、QRの仮留めは信頼不足ですね。いまやなしです。

 

ロードやクロスではまだまだクイックが主流です。が、この仮留めさえちゃんとしない人は少なくありませんね。

 

締め過ぎ、緩め過ぎ、レバーをさきに倒してからぐりぐり締める、レバーを最後まできっちり倒さない、タケノコバネ逆付け、タケノコバネ忘却、タケノコバネって何?

 

て、クイックリリースは意外とずさんに扱われますね。もともとがルーズなものです。これをさらにルーズに扱うのは禁物ですね。『軸』がぶれると、節々に悪影響が出ます、チャリに限らず。

 

げにクイックの手軽さはルーズさの裏返しですね。これをずさんに扱えば、利便性の恩恵を最大限に受けられません。ダイナシです。ただのゆるい止め具です。ナット止めのがましだ。

 

毎度、スルーアクスルはかちっとなります。エンドの破損とか変形以外で縦ずれは起こりえません。そもそもずれると、シャフトが通りません。

 

横ずれの調製も楽チンです。しっかり締める、それだけですね。締めすぎるとレバーを倒せませんが。固定の最終調整の安定度はクイックに勝ります。

 

そのため微妙なクリアランスを要するディスクローターと好相性ですね。初心者やめんどくさがりさんこそはスルーアクスルに向きます。わりとルーズに締めても、かちっと仕上げられますから。最終誤差が少ないです。

 

とにかく、ルーズパーツxルーズメンテがキング・オブ・ルーズですね。今一度、そうゆう人はクイックリリースの正しい使い方をおさらいしましょう。

 

ディスクロードが主流になるとクイックリリースが消える

 

ロードバイク界はディスクブレーキの解禁にすごく手間取りました。2016年にはトライアル解禁されましたが、レース中の事故でディスクブレーキが容疑者に仕立て上げられました。陰謀ですね。

 

その後の調査でディスクブレーキの潔白が証明されました。安全性はすでに実証済みです。各社はローターの面取りをして、安全なラウンデッドローターにしましたから。

 

rounded-disc-brake-rotor

EUROBIKE2016の試作ラウンデッドローター

 

しかし、ディスクブレーキのローターの安全性がとやかく言われるなら、レース中の並走オートバイのブレーキはもっとごっついディスクブレーキですが。

 

だいたい形状から大きさから選手の生身との近さからフロントリングやチェーンのがぜんぜんデンジャラスですが。ふくらはぎのすぐそばにチェーンソーがあるようなものですが。

 

しかし、バッシュガードやチェーンガードをしろて議論はまったく沸きあがらず、ディスクローターだけが目の仇にされました。キャリパーブレーキ派の陰謀ですね。

 

で、カンパニョーロがディスクブレーキをついに投入しまして、この抗議はしれっと黒歴史になりました。

 

「あれー、ディスクロードがツールにおるやん~?」

 

が、多勢の感想でしょう。そして、はやばやクイックステップフロアーズのマルセル・キッテルがSpecialized Venge DISCモデルでばかすか区間勝利を重ねます。

 

第7ステージの超僅差の写真判定勝利は機材の発展を担うパイオニアに自転車の神さまが微笑んだ結果です、きっと。

 

3大メーカー的には油圧ディスクブレーキ化は必須の流れですね。シマノ社長がこんなふうに公言しますし。

 

自転車部品、世界で低調 シマノ社長「来春から巡航速度に」  www.nikkei.com

  • 今後の戦略商品としては「油圧式ディスクブレーキ」を挙げた。11月に全面改良する最上級の自転車部品セット「デュラエース」に導入予定で、「来年から中級・普及モデルにも順次搭載する」(島野社長)計画だ。世界市場での拡販で、「ライバルとの差異化を図る」(同)。将来は3倍以上に増産する意向だ。

 

自転車変速は3社の独占です。SRAMは1xで油圧ディスクブレーキのイニシアチブを取ります。カンパニョーロがこの流れに追いつきました。

 

オールロード系からピュアロードまで油圧ディスクブレーキが拡大するのは必定ですね。エアロ、エンデュランスにはほぼディスクモデルが出ますし。

 

機材、安全性、レギュレーション、そして、今回のツールで待望の実績が○になりました。キャリパーブレーキの淘汰と油圧ディスク普及はスポバイ業界全体の戦略でしょう。

 

シクロのカンチブレーキ、MTBの26インチホイールはすでになつかしクラシカルです。ロードのキャリパーブレーキとクイックリリースがこれに加わるのは遠い未来のはなしじゃありませんね。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share