SRAM NXの一ヶ月の使用感インプレッション


SRAM NXを一ヶ月使った使用感インプレ

 

メインミニベロのコンポーネントをXT 780系からSRAM NXに交換して、1ヶ月で100kmぐらいを走りましたので、所感をざくっとまとめましょう。

 

過去記事のとおりに5月のはじめにクランク以外のNXコンポをドイツのサイトのBIKE24で買って、8,9,10Sホイールのハブにスプロケをぽん付けして、11S化しました。

 

WiggleやCRCでのNXの国内向けの出荷はまーだ凍結中です。しかし、この円高のご時勢に公式代行業者のダートフリークから買うのはグッドショッピングじゃありません。

 

BIKE24,Merlin Cyclesあたりで買うのが吉ですね。とくに近日のポンド安でMerlinのアイテムがお買い得です。デュラエースのフルセットが11万とかですしね。

 

さて、かんじんのSRAM NXです。チェーンとギアがこなれて、当初のしゃりつきはなくなりました。

 

シマノ系との最大のちがいはシフトレバーの操作です。シマノは親指と人差し指操作ですが、SRAMは親指だけです。

 

SRAM NX トリガーシフター

SRAM NX トリガーシフター

 

これは優劣でなく、たんになれの問題です。どっちかを長く乗って、ほかのに久しく乗ると、シフト操作のときにちょっととまどいます。

 

シフト感はマイルドシマノのソリッドSRAMてなところです。シマノはするする、SRAMはきびきびです。まあ、カンパニョーロとフルクラムのホイールのちがいみたいなものでしょう。好みですわ。

 

アイテムの質感は甲乙付けがたしです。スプロケットのデザインはSRAMですね。肉抜きのレイアウトがミニ四駆を思い起こせます、ダッシュ&ゴーです。

 

ETRTO451 リアホイール

ETRTO451 リアホイール

 

XDボディーなしで10Sを11S化できるのはすごくウェルカムです。

 

調整のしやすさはシマノですね。SRAMの調整は独特です。まず、日本語の情報が少なすぎます。

 

プーリー調整ボルトの3mmアーレンキが手元になくて、ぼくはホームセンターコーナンにひとっぱしりしましたよ。でも、ダイキの大工館のほうが安かったな。

 

NXリアメカ 調整ボルト 3mm

NXリアメカ 調整ボルト 3mm

 

コツはBテンションアジャストボルトです。チェーンをスプロケに気持ち近めに近づけると、いい感じに調整できます。ボルトはこの辺までけっこう出っ張ります。

 

期間中に二、三度調整しなおして、すっかり安定しました。トップ11Tからローの42Tまできっちり使えます。

 

最大42T

最大42T

 

ただ、前44Tの後42Tはチェーンライン的にかなーりシビアです。あんまり長く走れません。短距離で35度以上、ほぼ歩道橋のスロープクライム用ですね。街中の坂をあがるのには10sや9sのギアで十分です。

 

トップの1Sから2Sへの落としがややもたつきます。3Sから2S、2Sから1Sの上げはスムーズです。これはジオメトリでしょうね。もともと9Sのミニベロですし、BBも変ったし、XTの10Sもこんなだったし。

 

リアメカとディレイラーハンガーの間にワッシャを入れて、変速のインデックスを外側にずらすと、ほぼ完璧に調整できました。

 

NXは買い?

 

ぜんぜん買いです。SRAMの価格がここまで下がると、シマノの魅力がはっきり薄れます。もうMTBコンポは上から下までSRAMファーストです。

 

あたらしものずき、ユニークものずき以外の人にもふつうにおすすめできますよ、SRAM NX。同価格帯のSLX と比較しても、評価ポイントをあげられます。

 

ネックは買い方と情報のすくなさですね。ユーロ系の海外サイトで買って、公式PDFマニュアルとうちのNX記事を参考にしてください。おやすくらくちんに脱シマ11S化できますー。