Specialized Sirrus 2018 上位がスルーアクスル化&Future Shock搭載に


オンロード、オフロード、オールロード、e-bikeにすら新機軸のハイエンドモデルを投入するのがアメリカのSpecialized社です。総合力はチャリ界ナンバーワンですね。

 

今年はロードレーサーのスタンダードモデルのTarmacのモデルチェンジイヤーに当たります。目玉は軽量化と後ろ三角オフセットですね。ふんいきがエアロ系に近くなります。

 

ドロハンオールロード系には新型Divergeを投入しますね。ハイエンドのSworksモデルはドロッパーポスト・Future Shockを搭載します。

 

てなふうにハイエンド機はもれなく話題をかっさらいますが、エントリーモデルは他社のモデルにすこし見劣りしますね。

 

エントリーロードはAllez、クロスバイクはSirrusですが、GIANT Escape、Bianchi Via Nironeみたいな圧倒的人気を持ちません。

 

ジャイアントにコスパで、ビアンキにおしゃれさで対向するのはむずかしいところです。スペシャラ=アメリカブランドのタフな最強性能実力派バイク、てイメージがします。正統派のスポバイですね。

 

じゃあ、スペシャラを買う人はハイエンドのフラッグシップを買いますね。カラーよりコスパより機能です。おのずと売れ筋はミドルグレード以上になりますね。ザ・『スポーツ』用品です。

 

そんなスペシャライズドのやや手薄なクロスバイクの代表作Sirrus、シラスが一新します・・・て、このネーミングもビミョーに小損ですね。

 

『シラス』の発音は日本人の頭には『釜揚げしらす』しかもう思い浮かびません。ぼくは長らくてっきり『サイラス』だとかんちがいしました。英語読みでは『サァラス』でしょうか。

 

 

デローザニックみたいにローカライズせんかな。

 

クロスバイクのSirrusがリニューアル

 

じゃあ、そのSirrusが2018モデルでリニューアルします。エントリーモデルの廉価版の無印Sirrusは値段据え置きの税込み59400円、ですが、グレードダウンしますね。

 

なんと8速→7速へ変速数ダウンです。そして、カセットは7速用の12-32Tになりますね。2017モデルは11-32Tです。これはあきらかなコストダウンですね~。

 

そして、サイズ展開がせばまりますね。XSモデルがなくなって、S-XLの4サイズになりますね。XSはウィメンズの方へ統合でしょう。

 

ジオメトリは変更です。Mサイズのスタックが8mm、Lサイズで16mm縮まりますね。ヘッド角が0.5度狭くなります。

 

また、トップチューブがやや猫背気味になります。これはオフロード由来のモデルチェンジですね。

 

しかし、この価格のバイクではジオメトリの細かい変更より変速数のダウングレードのが衝撃的ですね。フロントトリプルですから最大変速数の減少が三倍です。24速が21速に!

 

正直なところ、2018モデルより2017モデルのがお買い得ですね。てか、他社の実売5万のクロスバイクのがぜんぜんおすすめですねえ。めぼしいところがありません。

 

SIRRUS SPORT DISCはSORA系へ

 

値段据え置き&ダウングレードは今年のSIRRUSの基調のようです。ディスクモデルのSport Discの値段は据え置き82080円です。

 

変速機がmicroshiftとMTB系統のAlivioのミックスからmicroshiftとロード系統のSORAのミックスに変わりますね。が、9速は9速です。大差なし。スプロケは11-34ですね。

 

ざんねんポイントはブレーキですね。2017モデルはシマノの油圧ブレーキでしたが、2018モデルはTektroの油圧になります。2016モデルの仕様に逆戻りですね。

 

細かいジオメトリ変更、トップチューブのちょい猫背は無印版と同じくしますね。ただ、無印のヘッドチューブは短くなります、こっちのヘッドチューブは長くなりますね。

 

ステム内蔵サスペンションFuture Shock搭載

 

こんなふうにアルミ版はビミョーなところです。純粋なパーツグレードは2017モデルに負けちゃいますね。実質、値上げですわ。いや、むしろ、2017モデルがお買い得だったか。

 

上位のカーボンモデルは新機軸を盛り込みますね。去年にモデルチェンジしたエンデュランスロードのSpecialized Roubaixのステム内蔵型スプリングサスペンションFuture Shockが投入されました。

 

Future Shockはこんなですね。ステム下のところが内蔵コイルサスペンションです。

 

スペシャライズドルーべコンプFuture Shock

スペシャライズドルーべコンプFuture Shock

 

これの搭載モデルはトップチューブのカバー形状で遠めから分かりますね。Sirrus2018のカーボンモデルのトップチューブはこのルックスですね。

 

税込み151200円のSIRRUS MEN ELITE CARBON DISCは新作ですね。2017モデルのセカンドグレードCOMP Carbonは19万です、別物。

 

カーボンモデル2種はFuture Shock搭載、そして、スルーアクスル化を果たしますね。最新のディスクロードのトレンドを汲みます。

 

このため、ブレーキがデオーレからTRPになりますね。デオーレはMTB系の油圧ブレーキです。ディスクロードタイプのフラットマウントには合いませんね。TEKTROの上位のTRPのフラットマウント化ですね。

 

この変更で全体像は完全に『フラットバーディスクロード』ですね。PRO CarbonのリアメカはアルテグラR8000です。

 

が、おすすめは価格からSIRRUS MEN ELITE CARBON DISCの方ですね。フューチャーショック付きのフラットバーロードてのはなかなか特徴的です。ディスクロードとグラベルの中間、グラベルクロスてとこですかね。

 

オールロード系がジャンル的に確立しちゃいましたから、グラベル-ディスクロード、MTB-グラベルの中間みたいな新世代のクロスバイクが出始めましたね~。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share