Shimano XTR Di2 シンクロシフトの電動MTBコンポが大特価


MTB系最高グレードのXTRのセットが50%オフ!

 

シマノが日本製に拘るのがデュラエースとXTRです。ロードとMTBの最高グレードです。新作デュラエースに搭載されるシンクロシフトシステムはこの電動XTRからの流用システムです。

 

上記のとおりにXTRは最高品質です。しかし、オフロードは機能重視&トレンド重視です。主流はフロントシングルですし、段数やギア比の広さでは最大10-50の12sのSRAM EAGLEに劣ります。

 

なので、フロントディレイラーありきのシンクロシフトの用途は限定的です。オフロードでフロントマルチのバイクはもうクロカンくらいでしょうか。そのほかのジャンルはほぼフロントシングルですね。

 

じゃあ、XTRのバージョンアップはボトムアップのためのトップアップのような感があります。XT以下のグレードとロード系、コンフォート系コンポへのテクノロジー波及のためのグレードアップですか。

 

しかも、今年、セカンドグレードのXTに電動Di2モデルが出ちゃいました。XTRの立場がいよいよ危うくなります。

 

日本製てことだけでアドバンテージを付けられるほどにMTBラーはがんこじゃありません。むしろ、北米系のブランドにそそられます。だって、MTBの発祥も本場も北米ですもの。

 

最近のシマノにはSRAMとがちがちで競うような姿勢は見えませんね。マイペースでぼちぼちです。9100デュラエースもそうですが、モデルチェンジのインパクトは年毎に小さくなります。色は黒か銀、素材はアルミしかないしなあ。

 

そんなわけでXTRの電動コンポは超レア機種です。

 

Shimano XTR M9050 Di2 11 Speed Double Groupset
Shimano XTR M9050 Di2 11 Speed Double Groupset
定価 366484円
割引 56% = ¥206485円
特価 159999円

※2016/10/19 11:41:42のcyclingexpressの価格

 

油圧ブレーキとリアディレイラー、スプロケットは文句なしです。フロントディレイラー、ダブルのクランクのありがたみがそんなにありません。これを失くすと、300gくらい減らせます。

 

フロントマルチはあんまりにもフォーマルです。

 

球蹴りしよーって久々に仲間内で集まったら、みんなはフットサルシューズやランニングシューズを履いて来たのに、一人だけは土グランド用のサッカースパイク&シンガードを着けて来た、みたいな。

 

たいていはこれを買うなら、今年デビューの新作コンポ、12速のSRAM EAGLEに行っちゃいますね。

 

 SRAM XX1 Eagle Groupset Gold - 10/50

SRAM XX1 Eagle Groupset Gold – 10/50

定価
割引 %
販売価格 125950円

※2016/10/19 12:04:05のevanscycles.comの価格

 

もしくは、1×11のグレードを買って、XDフリーのいいホイールを買って、E*thirteenの9-44の超ワイドレシオのスプロケットを使うとか?

 

 E Thirteen TRS Plus

E Thirteen TRS Plus

定価
割引
特価 28187円

※2016/10/19 12:07:53のchainreactioncycles.comの価格

 

小径車用のシマノのコンポCapreoのトップが9Tですが、カプレオはグレード的に迫力不足です。このE*thirteenの9Tギアはめっちゃ注目です。

 

ふつうのSRAM/SHIMANOタイプのフリーには付きません。SRAMのXDボディ用です。じゃあ、逆算でホイールからコンポからSRAMになっちゃいます。

 

さて、XTRのシンクロシフトがこっちよりわくわくするか? うーん、しないな~。

 

てゆう流れが一般的ですから、XTR、XT、SLXのダブルやトリプルはほんまにぜんぜん売れません。シングルはよく品切れしますが、はは。

 

この機械式のダブルもデュラエースが60%オフ! みたいなもんですけどねえ。MTB機材びいきのぼくの目にさえ魅力的に映らないよ~。

 

Shimano XTR M9000 11 Speed Double Groupset
Shimano XTR M9000 11 Speed Double Groupset
定価 268929円
割引 62% = ¥168930円
特価 99999円

※2016/10/19 12:17:34のcyclingexpressの価格

 

歯のところの細かい肉抜きとかはむだにコスト増の要因でしょうに。日本製でここまでようやりますわ。

 

じゃあ、オフロード競技よりワイドレシオで油圧ブレーキのフラットバーの街乗りぜいたくカスタム号に使うのはいかがだあ? あいにく、うちのミニベロのフレームにはフロントディレイラーが付きません。

 

サイエクのコンポは輸入関税・消費税クーポンバックの対象です。3000円くらいは掛かりますから、1490円の別途送料はペイされますね。その3000円のクーポンを使いどころが小物の送料の一律化でさらに難しくなりましたが、あはは。

 

XTR Di2 必要な人のところに届けよ~。国内におるん?