新型ソラ R3000 STIレバーよりフラットバータイプが注目株


 

大阪堺に本社を構える釣具と自転車の超大手、シマノのオンロード用のコンポは7段階に分かれます。上から、

 

デュラエース

アルテグラ

105

ティアグラ

ソラ

クラリス

ターニー

 

ですね。105までが11速、ティアグラが10速、以下が9速、8速です。

 

正直、105以下のコンポの注目度は希薄です。この数年で11速がロードバイクのスタンダードになりまして、10速以下が別物に見えちゃいます。ミーハー心もレーサー心もくすぐられません。

 

反面、下の下コンポのターニーは廉価版の汎用モデルで、安クロスバイクやスポーティな一般車、ルック車に使われまして、そこそこの接触の機会はあります。

 

コンフォート系の内装3段NEXUSは学生時代のお供でしょう。ブリジストンやママチャリの定番選手です。

 

NEXUS 3

NEXUS 3

 

このトリガーとグリップの変速はよく壊れますが、ははは。

 

このように安コンポはまあまあ顔なじみですが、一応のロードコンポーネンツの下グレード、クラリスちゃん、ソラちゃんは冠婚葬祭でしか顔を会わせない遠い親戚、はとこようなものです。

 

とにかく、縁がありません。「クラリスちゃんがお姉さんでしたっけ? いや、ソラちゃんが上だった?」てなもんです。グレードすらがあやふやです。

 

10万前後のエントリーロードバイクの完成車のコンポです。パッケージ品の一種です。それだけを取り寄せて、カスタムに使うのはまれでしょう。

 

これはMTBコンポのアリビオ、アセラ、アルタスと共通ですね。どっちつかずの中途半端なグレードになっちゃいます。

 

「5000円増しでターニーからクラリスへグレードアップできます!」

 

てだれも喜びません。ターニーでしんぼうして、お金をためて、105を買います、てなります、きっと。

 

変速は継続でSTIのケーブルハウジングが内装に

 

で、ソラのR3000です。3500からR3000に進化しました。Rを忘れないように。数字だけを見ると、判別しかねますね。なんでこんな変則でしょう?

 

変速は9速を維持しました。これは上位モデルのティアグラへの配慮でしょう。ティアグラは去年にモデルチェンジしましたが、105への配慮で10速を維持しました。

 

アルテグラは来年にモデルチェンジイヤーを迎えますが、11速を確実に維持します。今期モデルチェンジしたデュラエースが11速を維持しましたから。

 

実際問題、ボトムアップは容易でしょうが、ハイグレードが頭打ちですから、下位モデルの変速段数はがらっと変化しません。デュラエースの12速化待ちです。一気に13速とかにできないかなあ?

 

新型ソラの大きな変更点はSTIレバーのハウジング=取り回しですね。ケーブル類が外回りから内装式になりました。

 

ケーブル内装式と外装式

 

右側は見た目からぞくに触覚とかカマキリピョコピョコとか言われますね。これが上位モデルにならって、左の内装式になりました。

 

見た目はすっきりしますが、メンテと変速のスムーズさは外装式に劣ります。

 

もちろん、変速性能は毎度の数十パーセントアップ(シマノ当社比)をして、このCONポイントを補います。でも、ほんまに毎回毎回数十パーもアップするう? そもそも潤滑剤やワイヤーの調子で変わるし。

 

クランクは4アームに

 

上位モデルの設計はクランクにも踏襲されます。スタンダードな4アームになりました。

 

 

この変更点は意外に重要です。チェーンリングのBCDとボルト穴数が変わりますので。

 

旧3500は5アームの5ホールです。うちのミニベロのクランクが5アームの5ホールですね。

 

ANSWER リング裏

ANSWERクランク リング裏

 

やや古い規格です。新ソラのクランクは4アームの4ホールですね。とうぜん、5ホールのリングは付きません。

 

フラットバーのブレーキとシフターがある

 

純粋なロードバイク用のコンポと考えると、見劣りざんねん感を否めません。でも、クロスバイクや小径車のコンポと考えると、おもしろい使い方を出来ます。

 

SORAモデルにはフラットバー用のトリガーがあります。

 

 

 

ブレーキは左右でこの価格です。ミニベロとか折り畳みにマッチしますね。TEKTROのブレーキレバーがだめだあ、て人はこいつを買いましょう。シマノのブレーキは全般的に好評です。

 

シフターはなんか割高です。だれも買わんか。

 

ちなみにこのフラットバー用のブレーキレバーはVブレーキ、機械式ディスクブレーキ用ですね。ロードバイクの標準的なキャリパーブレーキとは引き代が合いません。

 

具体的にはレバーの遊びが少なくなって、ブレーキコントロールが壊滅的になります。逆にSTIレバーでVブレーキを引くと、インナーワイヤーを引き切れず、デンジャラスな目に合います。

 

まあ、Vブレーキもキャリパーブレーキもオワコンです。油圧ディスクが最強ですね。