国内自転車通販大手ワールドサイクルの評判と利用時のインプレ


大阪市中央区本町のこぎれいな自転車屋のベックオンを運営するのが国内通販大手のワールドサイクルです。

 

BECKON 外観

BECKON 外観

 

ワールドサイクルの本社は堺にあります。こちらは販売店でなく、営業拠点です。オーダー品の受け取りは可能です。でも、ベックオンでのワールドサイクルの通販の受け取りは不可です。なんでや!

 

国内通販大手ワールドサイクル

 

ワールドサイクルは良心的です。公式twitterで

 

『海外通販サイトはむちゃくちゃな定価を設定して、割引を水増ししています。うちは良心的ですよ、うひひ!』

 

て、あえてゆうまでもないような分かりきったことをわざわざ注意しますので、きちんとした価格と割引を設定します。

 

しかし、逆に言えば、『そんなにあほみたいな特価には絶対にしませんよ。仕入れ値割れは厳禁です! ぷんぷん!』とも読み取れます。

 

現実問題、海外サイトの『在庫処分の赤字覚悟の投売り! ヘイ、ユー、モッテケドロボウ!』みたいな激安品はぜんぜんありません。

 

基本は取り寄せ=発想は遅延

 

そもそもネット通販がメインであれば、注文後の取り寄せが基本でしょう。先行仕入れの売れ残りの大量在庫なんてものはそもそも起こりえない。セール=処分品でなく、販促費のありなしです

 

また売れ残りが発生しうる実店舗のベックオンは2013年10月オープンの新しい店舗です。過去パーツのデッドストックがそんなにありません。

 

まあ、何年か後に今の異常なロードバイクバブルが終わったら、大量の型落ち売れ残り在庫が山のように発生しますけど、はは。

 

本町の店舗に特価ワゴンは申し訳程度にありますが、中身はウェア系やアクセサリー系ばかりです。ぼくの感じではY’sRoadのワゴンの方がまだ小ましです。

 

パーツや完成車の価格はウエパーとかカンザキとかには勝てません。

 

ちなみに、以前にワールドサイクルでパーツを買ったときのサービスはふつうでした。良くもなし、悪くもなし。

 

発注から取り寄せに数日がかかるので、パーツが手元に来るタイムラグは海外サイトとあんまり変わりません。

 

このような販売店は良心的で、安定度に優れますが、面白みに欠けますね。とくに国内のシマノ製品は実質的に固定価格の横並びです。20%~23%が割引の限界ですね。シマノの方針でしょう。

 

その他の定番品はだいたい国内の最安値圏です。ぼくは二度ほど利用して、ミニベロのチェーンリングを買いました。

 

欠品のクランクはなぜか勝手にキャンセルになりました、あはは。ここのキャンセルの手続きのまずさはまあまあ有名ですね。

 

注文時のイレギュラーがワーサイの弱点です。トラブルの対応があまりうまくありません。裏腹にベックオンのアフターケアは好評です。でも、ベックオンの価格はふつうです。一長一短です。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share