シマノロードバイクホイール一覧 価格と重量のまとめとおすすめ


いにしえの商都の堺のシマノは釣具と自転車パーツのトップ企業です。家族経営、中小企業が大多数を占める自転車関連会社の中で数少ない東証上場の大企業です。

 

ちょっと前までゴルフやスノボの事業をしましたが、マーケットリーダーになれず、市場からしれっと撤退しました。ゴルフクラブ=金属加工、スノボ=ビンディングはシマノの得意分野ですがねー。

 

やっぱし、シマノ=回りもんでしょう。オリジンは回転駆動系のパーツ屋さんです。本命のリールとコンポが浮気を許しませんか、ははは。

 

ホイールでは後発のシマノ

 

シマノは自転車ホイールへの参入は後発組です。てか、スポーツバイクのホイールが今みたいにブランド完組になったのが1990年代です。

 

それまでのホイールはことごとく手組です。パッケージ販売はありません。ハブ、リム、スポークを買って、プロショップに持ち込むか、自分で組む。それが当時のホイールのあり方です。

 

シマノの完組ホイールのデビューは1999-2000シーズンです。初のパッケージ品はWH7700です。グレードは同型番のデュラエース相当です。

 

 

みごとにどこかのRolf Primaのパチもんです。各部の仕様はザ・キワモノです。今や失敗作の烙印つきです。回りもん屋の若気の至りでしょう。

 

が、この黒歴史ホイールから持ち前の資本力と開発力で順調に巻き返して、カンパニョーロ、フルクラム、マビックに肩を並べます。

 

性能は五分、価格は優勢、デザインとブランディングは劣勢です。総合的なポイント数は3、4番手です。ことさらに見た目の地味さが足を引っ張ります。

 

ビジュアルのやぼったさ、所有の満足度の低さはシマノの永遠の宿命です。ばくぜんとした学校指定感、そこはかとないサラリーマンご用達風味、ひしひしの庶民的ふんいきがします。

 

これは靴のリーガル、時計のセイコー、鞄のポーター、パソコンの東芝に通じします。品質は十分、値段は手頃、でも、なんかぱっとしない。MacBookじゃなくてDynabookだ。

 

地味なモノやヒトをぞくに『華がない』と称します。シマノ製品はまさにそれです。工業品であって、工芸品でない。業務用機材感がひとしおです。枯山水、わびさびの日本庭園のようだ。

 

ジャンルと型番の頭文字

 

2016年にロードバイクのドライブトレインの最高峰、デュラエースシリーズが4年ぶりのモデルチェンジをはたしました。目玉はパワーメーターとディスク化と黒クランクです。12速は見送られました。

 

コンポのシリーズのモデルチェンジはホイールを含みます。デュラエースホイールの型番はWH-9000からWH-R9100になります。初代のWH-7700からかれこれ五代目です。

 

ちなみに2016年のデュラエースからロード系の商品名の型番にはRのイニシャルが入ります。RoadコンポはR、MTBコンポはMですね。

 

同じ2016年デビューのMetreaはUrban sportのUです。コンフォート系の内装のNexusはCです。これはComfortかCityの頭でしょう。AlfineはSですね。これはなぞです。

 

シマノの型番のイニシャルを一覧にしてみます。

 

ロード=R

ロードシクロクロス=CX,RX

MTB=M

MTB トレッキング=T

アーバンスポーツ=U

BMX=MX

Alfine=S

Nexus=C

いろいろ=RS

 

UMXがレアです。BMXクランクのDXRは高級品です。

 

 Shimano DXR MX71 Crankset

Shimano DXR MX71 Crankset

定価 50749円
割引 33%
特価 33928円

※2017/01/15 19:42:33のchainreactioncycles.comの価格

 

高速レース用です。オリンピックでの使用率はそこそこです。でも、やっぱし、ストリート系のBMXにはアノダイズのド派手な北米系のCNCクランクの方が似合います。

 

このネームドレギュラーグレードのほかに汎用・補修・コストダウン・補助用の番外無印パーツがいろいろあります。

 

汎用ロードクランクのFC-R565Lは小売りや通販の特価車の定番です。

 

De Rosa R838 105 11 Carbon Road Bike 2015
De Rosa R838 105 11 Carbon Road Bike 2015
定価 315342円
割引 49% = ¥155343円
特価 159999円

※2017/01/15 20:06:49のcyclingexpressの価格

 

これは旧ティアグラ相当の番外クランクです。この手のパーツにグレード名はありません。ロゴは控えめにSHIMANOだけです。

 

中途半端? グレード番外RSホイール

 

シマノのロードバイク用のホイールの人気売れ筋はネームドモデルです。アルテグラホイール、デュラエースホイールです。MTBではXTRホイール、XTホイールです。

 

一転、ロードの105ホイール以下のグレードはとんと不人気になります。105 5800のコンポーネントは大人気御礼ですが、5800ホイールのはなしはほぼ聞かれません。

 

『105 5800 ホイール』のリザルト結果で出て来るのは番外のRS系ホイールです。105 5800のハブはありますが、105 5800のパッケージホイールの販売はありません。

 

そんなわけでシマノホイールの話題はアルテグラホイールとデュラエースホイールに集中します。廉価版のRSホイールはごっちゃになります。ネームなし、グレードなしのつらさです。

 

RSホイールの先鋒、いちばんのおなじみはこれです、WH-RS010。

 

 

大方のチャリダーが即答できます、「鉄ゲタや!」と。しかし、このRS010はたったの1869gしかありません。2kgアンダーの貧弱パワーで鉄ゲタを名乗るのは鉄ゲタ界の恥さらしでしょうよ。

 

この先代のWH-R501 30が2001gのギリ鉄ゲタです。8-10速用のホイールで、ロード系のクロスバイクに良く使われます。ノーマルハイトのR501は1900gです。はっ! ウェイトが足りぬわ!

 

この実売1万円のWH-RS010をボトムにRSシリーズは81番台まであります。現実問題、この81=8100です。アルテグラホイールがWH-6800=68ですね。

 

これで数字から大体のグレードが知れます。デュラエースWH-R9100 > WH-RS81 > アルテグラWH-6800 > WH-RS610…WH-RS010ですね。桁数がばらばらだあ・・・

 

以下がシマノのロードバイクのパッケージホイールの定価と重量です。型番の末尾のCLはクリンチャー、TLはチューブレスレディ、TUはチューブラーです。価格は税抜き、重量は前後ペアです。

 

モデル名 重量 タイヤ種 タイヤ幅 素材 価格 備考
WH-R9100 C60 TU Dura-Ace 1480g TU カーボン 301256円
WH-R9100 C60 CL Dura-Ace 1789g CL アルミカーボン 207812円
WH-R9100 C40 TU Dura-Ace 1355g TU アルミカーボン 303266円
WH-R9100 C40 CL Dura-Ace 1501g CL アルミカーボン 199619円
WH-R9100 C24 CL Dura-Ace 1412g CL アルミカーボン 145067円
WH-RS81 C50 CL 1908g CL アルミカーボン 120286円
WH-RS81 C35 TL 1581g TL アルミカーボン 94099円
WH-RS81 C35 CL 1631g CL アルミカーボン 90009円
WH-RS81 C24 TL 1581g TL アルミカーボン 81007円
WH-RS81 C24 CL 1502g CL アルミカーボン 76918円
WH-RS81 C24 CL 1502g CL アルミカーボン 76918円
WH-RS770 TL 1639g TL アルミカーボン DISC NEW!
WH-RS700 TL 1568g TL アルミカーボン 83485円 NEW!
WH-RS500 1649g TL アルミ 48918円 真アルテ後継 NEW
WH-RS610 1791g TL アルミ 36825円 105グレード
WH-RS330 2051g CL アルミ 27275円 安重ディープ
WH-RS21 1850g CL アルミ 23729円 カラーオプション
WH-RS170 2098g CL アルミ E-thruアクスル NEW
WH-RS010 1869g CL アルミ 14187円 おなじみ
WH-R501 C30 2001g CL アルミ 8-10速用 カラーオプション
WH-R501 C24 1900g CL アルミ 12099円 8-10速用 カラーオプション

 

デュラホイール、兄弟多すぎ! そして、アルテグラが一人ぼっちです。今年のモデルチェンジでディスクブレーキホイールの兄弟が増えるかあ?

 

と思いきや、新型アルテホイールはアルテですらなくなります。無味乾燥なWH-RS500です。ネーム入りはデュラホイールだけになりました。

 

新作のWH-RS700はキャリパー、WH-RS770はディスク用です。いずれもアルミカーボンのチューブレスですね。アルテホイール68000の後継でなく、セカンドグレードの新作です。

 

さらに廉価モデルにWH-RS170が加わります。番号的には安ディスク用クリンチャーホイールです。有力な鉄下駄候補です。が、これもなぜかUltegra一門に属します。ミステリ。

 

このほかにディスクブレーキモデルのRXシリーズとMetreaのWH-U5000があります。Metreaのホイールが何気に2380gで鉄ゲタ超新星だあ!

 

シマノおすすめホイール

 

シマノのおすすめのロードバイク用ホイールのベターアンサーはもう一般常識ですね。コンポの優勝は105のグループセット、ホイールのそれはロンリーワンのアルテグラホイールです。

 

 Shimano Ultegra (アルテグラ) 6800 ロードホイールセット

Shimano Ultegra (アルテグラ) 6800 ロードホイールセット

定価 61624円
割引 48%
特価 32099円

※2017/01/15 21:33:32のchainreactioncycles.comの価格

 

1640gでまあまあ軽量、30000円ちょいでけっこう安価、チューブレスレディでグッドコンパチ、人気の定食屋のいちばん人気メニュー、からあげ定食です。

 

パスタランチとかじゃありません。ザ・定食です。おしゃれなランチはカンパニョーロやフルクラムの担当です。シマノはボリュームと味でお客を満腹にする下町のおかんの定食屋です。

 

現実、アルテグラホイール以下のRSシリーズは補修用か練習用か緊急用でしょう。廉価グレードはクリンチャー一辺倒で、拡張性に劣ります。

 

ワンランクダウンのRS610はチューブレスレディでこそありますが、ちまたの流通の絶対数の少なさのせいでビミョーに割高です。

 

しかし、このシマノのアルテを含む4大メーカーのミドルグレードのホイールが台湾メーカーの完組ホイール、大手海外ストアのPBホイールみたいな超コスパ品の登場で相対的に落ち目です。

 

いまや1400g台の5万の軽量アルミホイール7万のフルカーボンクリンチャーをワンクリックで買えちゃいます。ユーザーはにっこりですが、メーカーと小売店は泣きっ面ですね。

 

↓の個別ページに海外通販サイトのシマノロードバイクホイールの最新価格をまとめました。リストは毎日4回、6時間ごとに更新されます。価格チェックや掘り出し物探しに活用ください。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share