シマノ新型105 R7000は2018年に販売? 大穴で出ろ! 電動105 R7050 Di2


堺国のシマノの自転車パーツ=コンポは4年ごとにフルモデルチェンジします。釣具はすこし前まで3年サイクルでしたが、最近チャリパーツと同じ4年サイクルになりましたね。

 

SM-FC R7000イメージ

SM-FC R7000イメージ

 

2016年は新型デュラエースと新型アルテグラのモデルチェンジイヤーでした。前者はロードバイクの最高グレード、後者は普及価格帯のリールですね。『巻き心地が数十パーセントアップ!」てことです、ははは。

 

他方、自転車コンポのアルテグラはセカンドグレードのレース機材で、2017年にモデルチェンジします。ツール前の6月に公式アナウンスが来ました。それ以前にリークやなんやで丸裸でしたけど、ははは。

 

2018年はシマノロードコンポの105とMTB最高グレードのXTRのモデルチェンジイヤーになります。

 

世界のチャリ界的にはXTR M9100が要注目ですね。はたして、デュラエース R9100で見送られた12段変速が採用されるか?

 

SRAMは2016年に12段変速のEAGLEを投入しました。先日、エントリーグレードのGXにも12速モデルを投入しました。6万で12速できます。

 

シマノがつぎのXTRに12速を投入しないなら、つぎの新型デュラR9200が初12速? じゃあ、EAGLEより6年遅れです。完全に周回遅れになっちゃいます。それはちょっとありえません。

 

まあ、つぎのXTR M9100は12速になりますよ、きっと。

 

105 R7000の期待値はそんなに高くありません。105はロードの3rdモデルです。上位モデルの技術や仕様が適度に盛り込まれますが、目新しい要素はありません。

 

パワーメーター? フロントシングル? 105 R7000を予想しよう

 

新型105を予想しましょう。の前に現行の105 5800モデルを予習しましょうか。シマノロードコンポの3rdグレード、実売4万ちょい、最強コスパですね。

 

 

普段使いに問題ないレベル・・・と言われますが、ぼくはサイクルモード大阪2017でアルテグラ搭載のエントリーロードに試乗しましたが、ブレーキ力の頼りなさに不満を覚えました。

 

それ以下の105やティアグラのキャリパーブレーキはお察しのレベですね。

 

この場合、ブレーキシューをデュラエースグレードに換えるのが定番のようです。それか、最初から油圧ディスクブレーキにするか。

 

グレード外ナンバーのRSシリーズのST-RS505が105相当です。これは2016年春のデビュー組みです。一年未満のほやほやニューカマーですね。

 

はて、これが正規モデル105油圧ディスクブレーキ用デュアルコントロールレバーになるか?

 

シマノの社長は油圧ディスクブレーキの増産を表明します。じゃあ、2年の短いスパンで正規グレードが出ますね、おそらく。はい、105のレギュラーの油圧ブレーキ用のSTIレバーは確定です。

 

てことは、105のディスクブレーキホイールが出ますかね? 現状、シマノホイールのネームドモデルR9100のデュラホイールだけです。→シマノロードホイール一覧2017

 

今回のアップデでアルテグラホイールは消えちゃいました。後継はWH-RS500ですね。RS=イレギュラーモデルですね。ハブのロゴにもUltegraの文字はありません。『Shimano』だけです、うえーん。

 

型番で無味乾燥に区分するより『105ホイール』や『ティアグラホイール』や『テツゲタ』のがキャッチーでしょうに。WH R7000 105 ホイールは×。

 

注目アイテムの最大はパワーメーターですね。シマノ純正のパワーメーターのFC-R9100-Pが発表されました。販売は五月以降ですが。

 

コンポのマイナーチェンジだけではインパクトが足りません。サイドメニューの充実が必要でしょう。じゃあ、105 パワーメーターFC-R7000-Pは確定○ですね。

 

クランクのビジュアルはどうなる?

 

デュラエースの新型クランクは真っ黒クロスケのゴリマッチョ系のビジュアルになりました。シマノロードコンポ全体の統一感は上がりましたが、最高グレードの特別オンリー感が薄れちゃいましたね。

 

今期リニューアル予定のアルテグラは定かじゃありません。が、シルバー/ブラックの機材カラーは予定運命でしょう。

 

シマノは赤とか青とかのチャラい色に走りません。意固地のグレースケールです、ははは。ごくごくたまーにゴールドの差し色ですね。

 

ロードコンポと逆に新型デオーレのアームはなんかしゅっとしました。

 

 

有機的なむきむき路線からスタイリッシュなアーバンにイメチェンします。METREAのアーバン路線にちょっと似ますね。さらにSRAM X7にそっくりだ。

 

105はこの路線にならんかな~。フロントシングル用のモデルが出れば、このデオーレやメトレアに近いビジュアルになるう?

 

1xのディスクロードはこれからますます増えます。そのデフォルト初期装備が105でしょうね。個人的な希望でフロントシングルのスマートなやつが○。

 

ロード用のシマノ1x系がまだありません。Tiagra R6000の11速待ち? 2019年になっちゃいますよ。

 

大穴の電動105 R7050 Di2はあるか?

 

大穴の大穴です。万が一、いや、億が一の105の電動化を考慮に入れましょう。

 

SRAMが無線ドライブeTapを出したり、FSAがセミ無線ドライブ FSA Kforce-WEを出したり、microShiftが電動11速メカを発表したりと、電動化はもう日常茶飯事です。

 

カンパのレース入門用グレードのAthenaには電動ESPモデルがありますしね。105の電動化は相当なインパクトです。10万アンダーでどうにか勉強してや~、シマノはん~。

 

フロントシングルの電動ユニットはまだ空席です。シマノがスラムに先行して、105電動を出さないかな~。

 

それか、Metreaの電動ですか。Metera U5050 Di2 ですね。105がフロントシングル化すると、Metreaの立場がビミョーになったいますから。てこいれでね。

 

R7000パーツリスト(予想)

 

新型アルテR8000のパーツ表をもとにして、R7000のパーツ一覧表を予想しましょう。

 

モデル名 重量 素材 価格 備考
FC-R7000 クランク
ST-R7000-L STIレバー左 機械式
ST-R7000-R STIレバー右 機械式
ST-R7020 STIレバー 機械式+油圧ディスクブレーキ
ST-R7050 STIレバー 電動
ST-R7070 STIレバー 電動+ディスクブレーキ
ST-R7050 Di2 フロントメカ 電動
FD-R7000-B フロントメカ クランプマウント
FD-R7000-F フロントメカ 直付け
RD-R7050 Di2 SS リアメカ 電動 11-25T 11-30T対応
RD-R7050 Di2 GS リアメカ 電動 11-28T 11-34T対応
RD-R7000 SS リアメカ 11-25T 11-30T対応
RD-R7000 GS リアメカ 11-28T 11-34T対応
BR-R7070 油圧キャリパー フラットマウントデイスクブレーキ
SM-RT700 ディスクローター センターロック
BR-R7010-F ダイレクトマウント 28Cタイヤ対応
BR-R7010-R ダイレクトマウント チェーンステーマウント
BR-R7010-RS ダイレクトマウント リアシートマウント
CS-R7000 スプロケ 11-25T, 11-28T, 11-30T, 11-32T, 12-25T, 14-28T
CS-HG700-11 スプロケ ワイドレシオ
PD-R7000 SPD SLペダル +4mmモデル
SM-BBR50 BB ねじ切りくん
SM-BB62-41B 圧入プレスフィットくん
BR-R7000 ブレーキ ふつうのキャリパー用
FH-RS670 ディスクハブリア OLD142mm 12mm E-thruアクスル28/32/36H
HB-RS600 ディスクハブフロント OLD 100 12mm E-thuruアクスル28/32/36H
WH-RS600-C30 ホイール
WH-RS670-C30 ディスク用ホイール OLD142mm 12mm E-thruアクスル
FC-R7000 P パワーメーター

 

電動の有無で型番の2ケタ台が前後しますね。ホイールの命名規則はちょっとなぞです。600台が来る予想ですね。

 

油圧ディスクは確定でしょうね~。基本カラーがどうなりますか。現状、銀色くんは期待薄ですね。来年が楽しみです。

 

ていうても、105で妥協できるなら、お古の5800でぜんぜん間に合いますね~。新型はなかなか安くなりませんし、値上がりしますし。

 

 Shimano - 105 5800 11スピードグループセット
Shimano – 105 5800 11スピードグループセット

定価 96505円
割引 52%
特価 45999円

※2017/09/23 12:30:09のchainreactioncycles.comの価格

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share

Summary
シマノ新型105 R7000は2018年の販売予定 大穴で電動105 R7050 Di2は出るか?!
Article Name
シマノ新型105 R7000は2018年の販売予定 大穴で電動105 R7050 Di2は出るか?!
Description
2018年はシマノのコンポXTRと105のモデルチエンジイヤーです。XTR M9100の12速、105 R7050 Di2が成るか? を鬼に笑われつつ気忙しく予想します。
B4C
B4C.jp
http://b4c.jp/wp-content/uploads/2017/02/logogo-1.jpg