Shimanoデュラエース 9000 C50 クリンチャー ホイールが特価


シマノのロードバイク用の看板コンポ、デュラエースは2016年にフルモデルチェンジして、9000からR9100に生まれ変わりました。

 

が、変速数は変わらず、パーツの重量はやや増量、見た目は真っ黒、質感はダウン、お値段はアップしました。パワーモニターやディスクブレーキのサイドメニューは充実ですが、本丸の体たらくはすこしざんねんですね。

 

ホイールはWH-9000からWH-R9100に変わりました。キャリパーブレーキ用が9100、ディスクブレーキ用が9170です。

 

でも、デュラエースの購買層にディスクブレーキが浸透するのはまだまださきでしょう。むしろ、デュラーユーザーアンチディスクブレーキ派の最有力候補じゃありませんか?

 

モデルチェンジの大きな変更点はリム高ですね。35mmと50mmがなくなって、40mmと60mmがデビューしました。シマノの方向性は空力 > 重量のようです。

 

ヒルクライム用の軽量ホイールの24Cはワイドリム化せずに25gのデブエットをやってしまって、あちこちで不評の嵐を巻き起こします。

 

この増量はリムのベースのアルミ芯の強度アップのためです。WH-9000のふにゃふにゃ疑惑は一部のパワーライダーの間で有名でしたので。

 

が、重量を増やすなら、もうワイドリム化してよ~てのが一般ユーザーの正直な本音でしょう。25g増量、2万プライスアップ! 誰の得だあ?!

 

そんなわけで旧型24Cはひっぱりだこですが、廃盤の50Cや35Cはそこそこお買い得ですね。

 

WH-9000 50C CLがPBKで13万ちょいです。

 

Shimano Dura-Ace WH-9000 C50 CL Clincher Wheelset

Shimano Dura-Ace WH-9000 C50 CL Clincher Wheelset

定価 197105円
割引 34%
特価 131060円

※2017/01/18 21:32:28 のprobikekit.jpの価格

 

 

Cのあとの数字はリムの高さです。C50は画像のとおりのいかついディープリムです。1685gでばつぐんに軽量じゃありませんが、デュラエースですし、カーボンですし、まあ、街中で見劣りしません。

 

この特価ものはクーポンでぎり12万台まで下がります。新型WH-R9100 60C CLは税込み定価224419円です。重量は1789gですね。リム高のアップがてきめんに出ますね。

 

 

いまひとつ、新型デュラエースR9100のパーツ類が全般的にぱっとしないな~。外れ年だあ? 2017年の新型アルテグラはどうなるやら・・・期待より不安が満載ですが、ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share