カーボンシートポスト ロードやミニベロの軽量化と快適化におすすめ


一頃に折り畳み自転車の軽量化にはまって、あれやこれやとパーツを入れ替えて、11kgから8kg台まで落としました。

 

最大の決め手はカーボンフォークとホイール交換ですね。ベース車はハンドル部分をスイングで折り畳むタイプのBRIDY系のフォールディングタイプです。

 

BD-1 ~ Pacific Cycles JAPAN

BIRDY ~ Pacific Cycles JAPAN

 

これはフォークからステムまで特殊機構で超ヘビー級です。しかも、フォークとステムはニコイチです。どっちかを軽くするとかは無理です。

 

で、ぼくは一思いにこの折り畳みシステムを捨てて、フルカーボンフォークとフルカーボンハンドルにしました。じゃあ、1.5kgのダイエットに成功しました。ヤッタ!

 

で、そのつぎがホイールです。もとの重めのETRTO406から軽めのETRTO451にインチアップしました。現状のホイールがこんなですね。

 

DATI KINLIN ETRTO451 ディスクブレーキホイール

DATI KINLIN ETRTO451 ディスクブレーキホイール

 

クイック、スプロケ、タイヤ、チューブ抜きの実測重量がペア1180gです。ディスクブレーキ台座つきの451ホイールでは最軽量級ですね。中華工場セミオーダー品です。

 

が、これらの改造はけっこうな大仕事です。相応の費用と時間と知識が必要です。ミニベロカスタム用の国内流通品は多くありません。ブランド純正オプションはバカ高です。

 

とすると、AliExpressやEbayが便りですね。価格と性能は文句なしですが、配送の日数が掛かります。送料無料分はざっと2週間ですね。厳しいおあずけです、ははは。

 

じゃあ、もうすこし手軽なものを紹介しましょう。六角一本で出来るカスタムです。

 

はい、シートポストの交換ですね。もとのポストはこんなです。

 

ルイガノシートポスト

ルイガノシートポスト

 

ルイガノの純正ポストですね。アルミです。重量感がずっしりです。

 

重い純正ポスト

重い純正ポスト

 

285gです。10cm以上をカットして、このくらいにしか軽量化ません。激重です。ポストの厚みがむだにあります。今回、これをカーボンシートポストに換えます。

 

お安いカーボンシートポストをAliexpressでゲット

 

ブランドやペイントに拘らなければ、AliExpressでカーボンパーツを安く買えます。シートポストみたいに地味なアイテムはひとしおです。ブランド系のものは1万円を下りませんが、無印のものはだいたい4000円以内に収まります。

 

やすーいのは15ドルからあります。すこしふんぱつして、25ドルのやつを買いましょう。

 

今回のぶつは1週間で届きました。郵便局経由の対面配送です。国際書き留め? でしょうか。この配送パターンは最速ですね。

 

棒状のお届けもの

棒状のお届けもの

 

こういう安小物は関税検査をスルーして、手紙と同じ手順で来ます。ええ時代ですねー。かんじんの中身はこんなです。マットブラックのカーボンシートポストです。

 

カーボンシートポスト

カーボンシートポスト

 

クランプ径は一般的な27.2mmですね。ボルトは2本止め、オフセットありのスポーティタイプです。キッチンばかりの実測はこんなです。

 

200gアンダー!

200gアンダー!

 

ハッピー200gアンダー! です。外れではありませんね。たまに外れの200gオーバーがあります。

 

サドルの取り付け台座=ヤグラの作りはこんなです。

 

ヤグラ

ヤグラ

 

安っぽさはぜんぜんありませんね。カーボンの柄のムラもほとんどありません。これが25ドルですよ。メーカーはこれにロゴを入れて、5~10倍の値段をつけます。原価は2割だあ? あ、でも、ブランド商売はそんなもんですね。アパレルもそんなもんでしょうし。

 

サドルを取り付けます。うちの愛用サドルはなぜかキャノンデールクイックのジェル入りぐにょぐにょサドルです。

 

サドル取り付け

サドル取り付け

 

うーむ、カーボンに質感が見劣りしますね。赤のペイントが剥げてきたな~。革を張替えよか?

 

単体の重さは410gですね。

 

キャノンデールクイックサドル410g

キャノンデールクイックサドル410g

 

このやわらかさにしては軽めですね。しかし、こいつと純正シートポストとのセットは700gです。軽さを取るか、快適さを取るか、なやましいところです。

 

フレームのシートチューブ径は30.4mmです。27.2mmのポストを付けるのにはシートポストシムアダプターを使います。

 

ポストシム 30.4mm-27.2mm

ポストシム 30.4mm-27.2mm

 

これが20gです。わりに重めだあ?! てことで、パイプカッターでしこしこ半分にばっつんして、10gにしちゃいました。

 

ペットボトルでサドルの角度調整

 

上の画像ではサドルが前のめりですね。サドルの座面の基本ポジションは水平です。でも、目測では線がはっきり分かりません。

 

身近なもので水平チェックできます。水入りのペットボトルです。

 

ペットボトルで水平チェック

ペットボトルで水平チェック

 

ほら、ずれずれです。前側の高さがまだ足りません。ヤグラのボルトで調節します。ついでに板をかませて、より完璧に調整しましょう。

 

水平OK

水平OK

 

パーフェクトですね。

 

さて、試走に出かけます。乗り心地はマイルドですね。カーボンポストはアルミポストよりぐいぐいしなります。むしろ、前の分厚いポストがかっちかちでしたわ。

 

強度は十分ですね。変なきしみやゆがみはありません。軽量化の効果は分かりませんね、あはは。サドルの重さがネックですわ。

 

 

この際、カーボンサドルにしてみようかな?

 

それから、シートポストがずれるor下がる! ときにはケミカルを使います。カーボングリス、ファイバーグリップ、アッセンブリコンパウンドてゆう滑りどめですね。

 

定番はフィニッシュラインのものです。

 

 

ようは粒子入りのジェルですね。粒粒が抵抗になって、滑り止めになります。ロックタイトみたいに固まりません。

 

アマゾンの並行輸入品は3000円前後ですね。中華直輸入を待てないor海外サイトにクレカ登録できない人はこちらで。

 

 

FacebookでシェアgoogleプラスはてなブックマークWelcome Your Share