Scott CR1 20 軽量級からエンデュランスに進化したお手頃ロードが139999円


スコットはスイスのスキー用品・自転車用品の総合ブランドです。フルサスのオフロードバイクから本格ロードレーサーまで幅広く扱います。

 

イメージ的にはアメリカ系のトレックに近いブランドですね。発祥はUSAですし。現在の母体は韓国企業ですが、ははは。

 

そして、MTBの人気と実力がひとしおですね。2016年のリオオリンピックの唯一のMTB競技、男女のいずれでスコットのバイクがゴールドメダルを取りました。

 

その他のオフロードモデルも人気ベストテンの常連選手ですね。ロードはロードでツールドフランスに機材を出します。プロチームはOrica-Scottoですね。お抱えです。

 

ロードバイクのフラッグシップの基本三種類はこんなです。ノーマル=Addict、エンデュランス=Solace、エアロ=Foilですね。

 

Scottモデル別イメージグラフ

 

この三種は中級以上のモデルです。このうちの軽量モデルAddictに後を託して、現代風のエンデュランスロードへ路線変更したのがCR1ですね。

 

Scott CR1 20 105 11 Carbon Road Bike
Scott CR1 20 105 11 Carbon Road Bike
定価 265676円
割引 20% = ¥54986円
特価 210690円

※2017/04/13 15:27:14のcyclingexpressの価格

 

2990円でVIP会員になると、特別価格の139999円で買えます。

 

ピュアレーサーよりややコンフォートよりのモデルです。速さと軽さをそこそこにまとめて、遠乗り・長乗りの快適さを重視します。

 

振り分けナンバーの30=SORA、20=105、10=アルテグラです。これは105モデル、11速のカーボンの最安値クラスですね。

 

ソラモデルと105の差は大ですが、105モデルとアルテグラの差は小です。

 

ことさらに105 5800シリーズのコスパがベリーグッドです。4万円で11速のグループセットを買えちゃいます。シマノの本気ですね、ユニクロのジーンズなみのお値打ち品ですわ。アルテグラとティアグラの立場がかすみますね。

 

カタログの重量は8.46kgですね。SyncrosリムとFormulaハブのホイールがちょっと見劣りしますか。アルテグラホイールやカンパニョのゾンダに変えると、一気に7kg台の軽量快速ロードにバージョンアップできますね。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share