SAVANE サヴァーン 激安カーボンロードと折り畳み自転車のブランド


2000年代以降のecoブーム、フィットネスブーム、ダイエットブームで自転車の価値が再考されます。

 

従来のママチャリやシティチャリなどの実用的道具、ロードやMTBなどの競技用機材から脱却して、よりポピュラーなイマドキの『グッズ』や『ガジェット』や『コンテンツ』になりました。

 

いまやドロップハンドルバイクはプロ、アスリート、ハイアマチュア、コアユーザーだけのアイコンじゃありません。フランクなスポーツアイテム、フィットネスグッズです。

 

速くなるためのマシーン、強くなるための機材×

生活を豊かにアクティブに彩るグッズ〇

 

ですね。上はもうはやりません。てか、もともと自転車の競技用カテゴリーはニッチなジャンルです。金はかかるし、人は少ないし、日本は圏外だし、速度は危険域だし。

 

げんに国内スポーツウェア二強のアシックスとミズノは自転車競技用製品を出しません。ドッジボールやパターゴルフよりマイナーです、ははは。

 

国内の自転車文化=ママチャリ文化です。世間に完全に根付きます。電動アシストはすでに原付の販売数を超えます。一過性のブームじゃありません。文化です。

 

近年、自転車の高級素材だったカーボンパーツが技術的にこなれて、ハイエンドからミドルグレード、ミドルグレードからエントリーモデルまで普及し始めました。

 

人気自転車ブランドBianchiのSempre Pro SORA 2018の公式4万円オフのキャンペーンのような事件はカーボンパーツの一般化のあらわれです。10万円ちょいでカーボンロードを買えてしまいます。

 

ビアンキはエントリーユーザーの獲得に積極的です。100年オーバーのイタリアのいにしえの名門自転車ブランドがそんな方針です。狭く深く < 広く浅くのトレンドはあからさまです。

 

 

元気な新興中華自転車ブランド

 

生産国の新興企業はこの傾向をさらに強めます。カーボンパーツの一大産地の中華系メーカーは知名度、歴史、ブランド力を持ちません。

 

しかし、自社工場と豊富な労働力と無節操な模倣の力をもって、圧倒的な安さ、そこそこのクオリティ、ときにビミョー、ときにゼツミョーなデザインの自転車をこしらえます。

 

むろん、この自転車はスポーツバイク・・・ドロップハンドル、油圧ディスクブレーキ、フルサスのバイクであっても、競技用機材でなく、ホビー用品、スポーツグッズ、フィットネスアイテムです。

 

ただし、本流の競技用機材が頭打ちor先鋭化or多角化です。逆に亜流のフィットネスアイテムは飛躍的にレベルアップします。本流と亜流の差は着々と狭まります。

 

さらに本流のアパレルやカフェやビーチハウスでPro et Contraのボーダーがいよいよあやふやになります。デローザのオフロード、ピナレロのE-bikeはどうでしょう?

 

2017年から日本で展開するSAVANE、サヴァーネはそんな新興中華系自転車ブランドのひとつです。目玉は格安カーボンロードと格安折り畳み自転車です。国内での露出がちらほら出始めました。

 

この未知の自転車屋に迫ります。

 

大阪のGICが取り扱うSAVANE

 

で、SAVANEのバイクは輸入品です。販売元はGICです。大阪住之江の輸入販売会社ないし自転車代理店です。ここはHummer、CHEVROLET、Ferrariみたいな外車のライセンスを持ちます。

 

ドンキのハマー

ドンキのハマー

 

これらはぞくにルック車てレッテルを貼られます。実態は非ママチャリルックスのポップなカラーの外車ロゴの安いママチャリレベルのノリモノです。

 

こうゆう外車ロゴの自転車は機材的にはアレですが、商材的には優秀です。ドンキの黄色とハマーのイエローのマッチングは絶妙です、ははは。

 

しかし、この外車ネーム入りバイクの中でルノーのウルトラライトは一線を画します。

 

 

8kgアンダーの14インチのシングルスピードフォールディングバイクです。これのポテンシャルと仕様はうるさいチャリ好きをゆうに黙らせます。機材的にも商材的にも優秀です。結果、スマッシュヒットです。

 

自転車=中華製

 

こうゆう自転車のオリジンはmade in Chinaです。てか、市販の自転車の99%が中華・台湾製です。一部のハイエンドモデル、ハンドメイド、特注ばかりが欧州、北米、日本製です。

 

世界最強安心安全台湾製カーボンフレーム

世界最強安心安全台湾製カーボンフレーム

 

さらにカーボンパーツの99.9%は中華製です。大量生産の技術と人材が中国・台湾にしかありません。欧州製、北米製、日本製のカーボン屋はことごとく少数生産の超高級ブランドです。高嶺の花。

 

その自転車とカーボンの一大供給先の中華工場と太いパイプを持つのがGICです。ここのハマーやシボレーはふつうに見かけます。これらの販売数、知名度からGICの輸入販売のノウハウは屈指です。

 

おまけに関連企業のオオトモのネット系商材バイクがあります。

 

 

写真と価格で売るネットショップ時代のホビー用品です。実際にこの見栄えは中高生には100点満点でしょう。SFチックなビジュアルが厨二心をくすぐります。

 

カーボンの魔力は本革に似る

 

で、この住之江の輸入屋のつぎの一手がカーボンバイクです。一台目のフルカーボンバイク、入門用カーボンロードを狙います。公式PR動画がこんなです。

 

 

まさに通販番組、通販広告なノリです。深夜のCSのフィットネスグッズの広告がフラッシュバックします。紹介の仕方はまさにそれです。

 

ライザップ風の、YOUTUBEの無料音源風の効果音とBGMが拍車を掛けます。カンカン! ギュオンギュオン! シュイーィィィン!! あと、見出しの背景が地味にカーボン地です、ははは。

 

動画の最後の『自転車の常識を覆せ』てフレーズは業界向けのメッセージのようにさえ思えます。『自転車(販売)の常識を覆せ』てなふうに。ルノーのヒット以来、GICはノリノリですから。

 

カーボンはすでに高級ハイエンドの専売特許じゃありませんが、『フルカーボン』の響きは『本革』や『プレミアム』のような訴求力を持ちます。

 

もちろん、ノーブランドの100%本革の財布よりルイヴィトンのモノグラムの塩ビの財布のが上です。でも、ヒトは人生のうちで何度か無性の本革熱に浮かされます。じゃあ、塩ビや合皮がいやになります。

 

自転車パーツではこれがアルミやスチールになります。Cannondale CAAD12やGIANT TCRは視野に入りません。なんで? アルミだから! 合皮だから! 塩ビだから!

 

SAVANE=SAVA

 

さて、GICの国内展開のブランディングはカーボンロードと折り畳みのSAVANE、サヴァーン、サバーンですが、中国の本家はSAVA、萨瓦です、萨瓦自行车。

 

SAVA Nihon EditionでSAVANEでしょうか? 国内モデルのロゴはSAVAのまんまです。コスト削減ですね。

 

で、このバイクの製造販売元は天津敏捷自行车有限公司てところです。主力商品は自転車、自転車アクセサリ、電動スクーターです。

 

うそかほんとか工場敷地8000平方メートル、年間生産台数40万台、ISO9001てリッパなワードが並びます。

 

ここのオリジナルバイクブランドがSAVAです。萨瓦の実店舗が中国内で見つかります。メーカー直営のコンセプトストアてところでしょうか。

 

ちなみに同じような中華自転車ブランドのJAVAとは無関係です。あっちはイタリアデザイン、こっちはドイツデザインです。製造はなかよく中華です。

 

SAVANEの評価は? 安心安全?

 

中華系の新興自転車屋の格安カーボンロード・・・最大の気がかりは品質です。中華製=折れる、曲がる、割れる、爆発するetcetcのCONSなイメージが付きまといます。

 

しかし、国産の鉄鋼みたいなモノづくりの基本製品さえがあのざまです。鉄鋼の品質のごまかしはだめだあ~。源泉が毒されれば、支流末流は全滅します。

 

いかがわしいものを輸入販売すれば、積年の信頼を一発で損ねます。一件の事故、ひとつの呟きが命取りです。

 

輸入代理店の仕事は製品を選ぶことです。「へんなものを選ばない」てのは至上命題かつ死活問題です。目と鼻がちゃんと効くか。

 

で、SAVANEのバイクは欧州、世界安全基準のおすみつきです。そして、なんと国内最大手のサイクルベースあさひが販売します。

 

あさひの利用者はライトユーザー、初心者、非競技者、ザ・一般人です。チャリテク、チャリレベは高くありません。売り物の安全管理は最優先事項です。

 

SAVANEのフルカーボンロードの価格は?

 

SAVANEの魅力は安さです。目玉のひとつのフルカーボンのロードバイクのシマノSORAの完成車が税別115000円です。105モデルは同150000円です。

 

115000円のSORAモデルは衝撃の4万オフのBianchi sempre Soraより割安です。東レ700カーボンのエアロロードです。

 

本家のSAVAのモデルは多彩です。コンセプトストアを出店しますから、相応のカテゴリを持ちます。本家には一通りのバイクタイプ、ウェア、バッグまであります。

 

国内SAVANEのロードはあえてのエアロモデル一本やりです。クラシカルモデルやエンデュランスモデルはキャッチーさに欠けます。

 

その点、エアロはインパクトに優れます。ネットショッピングでは画像の第一印象が勝敗を左右します。キャッチーなビジュアル、ばくぜんとしたスピード感は〇です。

 

 

CONSは純正鉄下駄ホイール、ミックス廉価パーツ、480、500のサイズ展開です。でも、これを買う人はこうゆう細かいところを見ません。480、500サイズは日本人男子の大半をカバーします。

 

狭義の意味の古風な『ロード』の価値観には当てはまりませんが、ドロップハンドルのエアロなカーボンバイクです。大人のスポーツ用品、フィットネスグッズにはぜんぜんありです。

 

ポジション? パーツグレード? おいおい、それはスポーツ機材だよ! バッティングセンターや打ちっぱなしに行く人のすべてがかっちり野球やゴルフしたいわけじゃありません。

 

隠れた本命カーボン折り畳み

 

小径車ユーザー、ミニベロラーには折り畳みのが注目です。SAVANEのローンチモデルのもうひとつの目玉はカーボンフレームのフォールディングバイクですね。

 

小径車のカーボンフレームはレアです。折り畳みのカーボンフレームは初上陸でしょう。ぼくの記憶には前例がありません。

 

物自体は中国の大手ネットモールのAliexpressやAlibabaにあります。

 

 

送料込み599ドルです。ロードのフレームセットやMTBのフレームセットのが安価です。ミニベロ、折り畳みのカーボンは高級品です。

 

折り畳みのせいで割高に

 

折り畳みの割高さは折り畳み機構のせいです。ここはカーボンじゃありません。カーボンと合金の複合型コンポジット部位になります。

 

カーボンでヒンジやピンを作っても、必要な強度を出せません。高負荷のところはすぐにパキパキ破断します。金属素材がベストです。

 

そして、このフレームもSAVANEの折り畳みもディスクブレーキ仕様です。SAVANEの完成車はシマノ製油圧ディスクブレーキです。

 

ミニベロx油圧ディスクはおもしろい組み合わせです。ミニベロのクイック感に拍車がかかって、フィーリングがキビキビのビンビンになります。

 

うちの先代のメインがそうでした。

 

愛機ペガサス号

愛機ペガサス号

 

ディスクローターのメカぽさが折り畳みシステムとマッチします。ガジェット的な統一感が出ます。ひいき目になかなかのかっこよさです、亡きペガサス号さん。

 

さらにディスクブレーキフレームではホイールのインチアップやインチダウンがストレスフリーです。カスタム派にうれしい仕様です。

 

 

うーむ、カーボンフレームベースでミニベロか折り畳みをバラ完しようかな。置き場所に困るけど、ははは。

 

GIC扱いじゃないアルミモデルのSAVAディスクブレーキフォールディングは格安です。

 

 

セラーはAmazon.co.jpです。本家SAVAの直販でしょうか? でも、SAVAみたいな新興ブランドに正規取り扱いがああだ、並行輸入がこうだ、みたいな不毛の論争はありませんね、ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share