2万円以下のホイール 初心者向けの脱純正・鉄下駄のベスト1は?


自転車パーツの価格はピンキリです。下はノーブランドの3000円、上はウルトラとかアルティメットとかの30万円です。価格差は100倍です。しかし、当然のごとく100倍のスピードは出ません。

 

機材の宿命で先鋭化、高性能化、高グレード化するごとに価格はでんでん跳ね上がり、コスパはめきめき悪くなります。10万以上ホイールではことさらにこの傾向が強くなります。

 

庶民的観点化から費用対効果を考えると、3-5万円台のホイールに行きつきます。性能と価格のバランスが高得点です。カンパゾンダ、fulcrum Racing 3、台湾系完組、ストアPBとかですね。

 

で、『3万円以下のホイール』や『5万以下のホイール』は方々で特集されますが、このボリュームゾーンよりさらに安い2万円以下のホイールの記事は閑古鳥です。なぜだ?!

 

以下でそんな2万円以下のホイールを特集します。

 

 

2万円以下のホイールの用途と特徴

 

各メーカーの2万円以下のホイールはエントリーグレードに当たります。しかし、~20万の完成車にはこのレベルのホイールさえが珍しいものです。

 

基本的に自転車ブランド=フレーム屋さんです。ホイール、クランク、ブレーキを自前でするところは少数派です。そして、ホイール屋やブレーキ屋は完成車を市販しません。

 

で、これらのアイテムは自転車ブランド的には自分のところの商品じゃありませんから、必然的に優先度は低くなります。極論、フレームのおまけだ。コストダウンの筆頭です。

 

それぞれのバイクジャンルの下限の完成車のパーツはほんとのエントリーモデルです。5万のクロス、10万のロード、MTBのホイールはたいてい純正か廉価品です。補修用とイーブンパーです。

 

これはおなじみのGIANTの5万のクロスバイクの初期ホイールです。GIANTリムとFormulaハブの鉄下駄ホイールです。

 

GIANT純正ホイール formulaハブ

GIANT純正ホイール formulaハブ

 

新品の市場価格は約1万です。中古品はただみたいなものです。ためしに買い取り業者に持ち込んでみましょう。「いや~、お客さん、これに価格はつかないっすわ~」て断られます、きっと。

 

2万のホイールはこのエントリーオブエントリーホイールとはちがいます。実売ベースで考えれば、一つ二つのランクをあげられますし、人気ブランド品のふんいきを味見できます。

 

イメージはミシュラン3つ星店のおみやげみたいなところでしょうか。ランチまで行きません。ランチは3-5万のホイールです。もちろん、本格ディナーじゃない。おみやげです。

 

4強の2万円以下のおすすめのホイール

 

すべての価格帯のおすすめホイールの指標は4大ホイールブランド、カンパニョーロ、フルクラム、マビック、シマノの製品です。

 

この四強の3-5万円のおすすめホイールのダウングレードバージョンはそのまんま2万円以下のおすすめホイールに当てはまります。

 

ちなみに2万縛りの条件の価格は正規取り扱いの希望小売価格でなく、実売です。自転車パーツの定価は二重価格だとか、割高だとかであてになりませんので。

 

ついでにこの価格帯の商品の海外通販のメリットはそんなにありませんが、たのみの綱のアマゾンがかんばしくありません。

 

異常な価格の並行輸入品、へんなセラー、エターナル在庫切れが昔より増えました。さらに配送のクロネコのサービス低下が加わって、使い勝手がめっきり悪くなりました。

 

もうセーフティファーストじゃありません。自転車ストアのウェブ店や通販のが安心安全です。惰性でなんとなくアマゾンを使っちゃいますけどね、ははは

 

Fulcrum Racing 7 LG

 

2万以下ホイールの第一候補は4強の一角のFulcrum社のエントリーアルミホイールRacing 7 LGです。カタログでは下から二番目のグレードに当たります。

 

 Fulcrum - Racing (レーシング) 7 LG ホイールセット 2017
Fulcrum – Racing (レーシング) 7 LG ホイールセット 2017

定価 24140円
割引 28%
特価 17405円

※2017/11/24 08:35:37のchainreactioncycles.comの価格

 

1763gの軽さ、17mmのリム内径、アルミクリンチャー、Fulcrumブランド、パーフェクトな2万円以下のホイールです。

 

唯一の欠点はリアホイールのビジュアルがフルクラムのアイコンの2to1でないところです。

 

SHIMANO RS11

 

シマノの2万以下のおすすめはすこし難題です。手ごろなRS11の単品が国内で販売されません。完成車にはよく付属しますけど。

 

 Shimano RS11 ロードホイールセット
Shimano RS11 ロードホイールセット

定価 24485円
割引 32%
特価 16700円

※2017/11/24 08:48:19のchainreactioncycles.comの価格

 

これは基本的に小売店の完成車の組み付け用のホイールです。で、公式の重さが未記載です。そして、リム内径が旧来の15mmです。若干のレトロさが漂います。

 

単品で流通するR010はよりチープな11000円です。

 

 

ペア1890gのナローリムです。Racing 7との重量差は100gを下りません。ついでにシマノらしいじみなデザインが購買意欲をくじきます。

 

「軽くなる、速くなる、かっこよくなる、2万で!」

 

てワガママな用途にはちょっと向きません。練習用、チャリ通用、普段使い、シマノの2万以下のホイールはそんなところです。ユニクロ。

 

MAVIC AKSIUM

 

MAVICのホイールは特殊です。ここはWheel Tire System、通称WTSて独自のスタイルを推奨して強制します。これはホイールとタイヤのセット販売の方式です。

 

で、ホイールの価格がタイヤ込みになりますから、おのずとお値段が他社の同グレードの製品より高くなります。

 

そして、このマビックの純正タイヤの世間の評判がイマイチです。フランスのゴム屋のHutchinsonのOEMですが、Hutchinsonがクリンチャータイヤ界ではマイナーです。

 

そんな事情から一部のモデルのみがタイヤなしのホイール単体で販売されます。このエントリーモデルのAKSIUMがそうです。

 

Mavic Aksium One Wheelset
Mavic Aksium One Wheelset

定価 21107
割引 12%
特価 18578円

※ 2017/11/24 09:08:16のmerilin cyclesの価格

 

これも基本的に小売店の組み付け用のホイールです。海外ストアの流通品はバルクか小売店の引き上げ品でしょう。

 

ペア1880gのワイドリムのセミ鉄下駄ホイールです。性能面はふつうです。タイヤなしが逆にありがたく思えます。

 

ストアPBや台湾完組の2万以下のホイール

 

近年、この4大ホイールブランドにストアのPBホイールや台湾メーカーの完組ホイールが迫ります。ブランド代や販促費をかけず、コスパに全力を傾けて、軽量割安なホイールを精力的に投入します。

 

相対的に旧来の3-5万代のミドルグレードのアルミホイールがポジションを落とします。ブランド、ビジュアル、ヒストリーでは有利に立てますが、シンプルなコスパでは後続組に勝てません。

 

PRIME Peloton

 

ストアのPBホイールでもっとも猛威を振るうのが自転車通販最大手の英国CRC=Wiggle連合のPrimeです。2016年にCRCが立ち上げたロードバイクホイール専門のブランドです。

 

トレンディーなフルカーボンクリンチャーが6万、万能型のチューブレスイージーの1500gのアルミホイールが3万です。後者のPrime PROはアルテグラホイール泣かせです。

 

2万以下のホイールはエントリーモデルのPelotonです。

 

 Prime - Peloton ロードホイールセット
Prime – Peloton ロードホイールセット

定価 23869円
割引 40%
特価 14228円

※2017/11/24 09:25:11のchainreactioncycles.comの価格

 

17mmリム、チューブレス、シンプルビジュアル、1740gでこの価格です。4強の2万以下のホイールをよく研究して、ノーブランドの強みを最大限に活かし、価格と重量でぐいぐい仕掛けます。

 

「打倒、アルテグラホイール!」

 

て、CRCの企画部の会議室の張り紙がおのずと思い浮かびます、ははは。

 

PRIMEホイールのベアリングは日本製、スポークはDTないしSAPIM、ハブは十中八九でNOVATEC、アルミリムはKINLINかALEXRIMSでしょう。

 

パーツ構成は『手組をする人がコスパ重視で手堅くかっちりチョイスした』てふんいきです。そつがない。真の質実剛健いぶしぎんホイールです。

 

CRCはPRIMEブランドのハブやリムの単品を販売します。パーツの個別販売ではごまかしが効きません。自信のほどがうかがえます。

 

でも、これは目新しい方式じゃありません。完組ホイールが主流になる前のリムやハブはだいたい単品のバラ売りでした。売り場が実店舗から通販ストアに変わった。それだけのことです。

 

プロショップの大将は一日に数本しか組めないから、工賃をしっかり取ります。大手ストアは人海戦術や外注で工賃を浮かせられますから、安く販売できます。

 

しかも販促費やブランド代が掛かりません。CRC=Wiggleのユーザーだけで一定のロットを出せます。dhbやPrimeのウェブサイトはありません。コスト削減は徹底的です。安さの秘訣はそんなところです。

 

番外・Prime Race

 

すこしふんぱつして、23000円を出すと、1530gのPrime Raceを買えちゃいます。軽さはゾンダクラスです。チューブレスバブルとチューブレステープ込みです。もはや、コスパの平手打ちです。

 

 Prime Race Road Wheelset 2017
Prime Race Road Wheelset 2017

定価 35999円
割引 30%
通常 25153円
特価 23153円

※2017/11/26 15:08:48のchainreactioncycles.comの価格。特価は割引コード[ CLEAR 2017 ]を使用した価格

 

廉価モデルのPelotonから+1万で-200gです。従来の3-5万クラスに匹敵します。とくにアルテグラホイールのコスパがかすみます。今期のモデルチェンジで『ULTEGRA』ロゴがなくなったしなあ。

 

さらに15000円以上で追加割引クーポンの対象アイテムに入ります。国際サービスは郵便系のEMS、送料は無料です。いたれりつくせりです。2万ちょいのチャリパーツでは最上位の一品ですね。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share