シャマルミレ レーゼロナイト キシプロエグザ 黒いリム三連星を比較


自転車のパーツ交換のだいごみはホイールのアップグレードです。そのさきにはタイヤの変化があって、タイヤの変化のさきにはジャンルの転換があります。げにチャリのスタイルは足元から決まります。

 

アマチュアの健全なスポーツの良識でぎりぎりの予算が10万円でしょう。このボーダーラインを超えると、しばしば世間の厳しい批判や身内の無理解に直面します。

 

チャリ人「このホイールは10万円です」

パンピー「たっか!」

 

チャリ人「このホイールは30万でして」

パンピー「あほか」

 

です。こっちが健全な趣味て言い張っても、向こうは酔狂な道楽と捉えます。底なし沼のような人間の無限の欲望を理解できないセチガライ浮世です。

 

この常識的な10万円のぎりぎりのところに3つの黒いハイエンドアルミホイールが君臨します。ロードバイクホイール界の黒い三連星、ミレ、ナイト、エグザリットですね。だれか擬人化して~。

 

 

特別のあかし、黒一色のアルミリム

 

ディスクロードの登場で従来の常識がいろいろぐちゃぐちゃになりますけど、ロードバイクのブレーキはキャリパーブレーキで、ホイールのサイドの加工はリムブレーキ用です。

 

キャリパーリム溝

キャリパーリム溝

 

リムサイドの表面にたくさんの溝があります。この加工のおかげでフラットなつるぺたの平面より表面積が大きくなります。ブレーキパッドとの接触面が増えて、摩擦力と制動力が上がります。

 

他方、ブレーキなしバイクのホイールのリムはつるぺたです。下のものは固定ギア用のトラックホイールのリムですね。加工がありませんし、そもそも土台がありません。

 

schwalbe one チューブラー推奨空気圧

schwalbe one チューブラー推奨空気圧

 

ブレーキの加工はリムの作成工程のなかの最終仕上げです。曲げ、切り、汚れ取り、溶接、研磨、塗装、ブレーキフェイス加工の順です。

 

良い動画がありました。カンパニョーロかフルクラムの工場のドキュメンタリー映像ですね。

 

 

最後のオートマチック振れ取り機は良いグッズですねえ! 手組職人キラーですわ、ははは。

 

02:09あたりから塗料にどぶ漬け→ブレーキフェイスがりがりです。必然的にフェイシングの外観はアルミの地金のポリッシュシルバーになります。

 

この工程を逆にして、ブレーキ加工→塗装てすると、無意味なコーティングをサイドに乗っけちゃいます。せっかくの加工が台なしです。リムフェイスを避けて、ほかのとこだけを塗る・・・非合理的です。

 

この通常の完成形からさらなる工程を経たものが黒いリムですね。上記のような台無しのどぶ漬け塗装じゃありません。ブレーキフェイスにベストな特別仕様のブラック化ですね。

 

この余計な一手間が特別のあかしでもあり、割高プライスの秘密でもあります。げに+1工程はコスト増の要因ですね。

 

曲げ→切り→洗い→溶接→塗装→ブレーキ面加工→完成!

曲げ→切り→洗い→溶接→塗装→ブレーキ面加工→ブレーキ面塗装→完成!

 

機械がやっても、職人がやっても、余分なコストがかかります。最終的にこれが正味2万円の価格差になります。

 

そんなワンモア工程の特別仕様の黒いリック・ドムの代表がシャマルミレ、レーゼロナイト、キシプロエグザの三連星です。

 

プラズマ電解酸化皮膜=からっと揚がったフライの衣

 

これらのハイエンドアルミの黒リムの最重要のキーワードはプラズマ電解酸化皮膜処理です。ふつうのアルミの陽極皮膜処理=アルマイトより高度な表面処理です。ちなみに陰極の電解処理がぞくに『メッキ』です。

 

対象の金属をプラズマで酸化させるとプラズマ酸化、通電で酸化させると陽極酸化になります。アルミ、チタン、マグネシウムなどが対象です。

 

うーん、ニュアンス的には『サラダ油で揚げるかラードで揚げるかでトンカツの食感や風味が変わる』みたいなもんですかね。店の味は家の油では出ない。

 

プラズマでアルミを処理すると表面のコーティングを素のアルミの約十倍の強度に出来ます。まさにカラっと揚がったフライの衣です。

 

仕上げ後の色は白か黒になります。じゃあ、リムのような工業製品にはもってこいですね。かりにこれがビビッドピンクとかライムグリーンとかになっちゃうと、高級上質感が台なしになります。

 

単純計算で0.1mmのプラズマ皮膜でふつアルミの1mmの耐久力、1mmで1cmです。リアルなバリアだア!

 

元祖黒リム ExalithのKsyrium Pro

 

マビックのキャリパー用ホイールのグレードは無印、ELITE、PROの順で出世します。”SL”と”Exalith”が末尾に続けば、おプライスは倍々ゲームに跳ね上がります。

 

SLはSuper Lightの略です。スーパライト、そのまんまの『超軽量』て意味です。自転車パーツのSLはだいたいこのSuper Lightです。ちなみにSRはSuper Rigid=超硬いです。

 

一方のExalithは一般単語でなく、マビックの造語、同社の商標です。前項のブレーキ面の黒い塗装及び加工形状の呼び名です。読み方は『エグザリット』ですね。エリクサーではない。

 

バリアとヤスリで効果倍増、価格大倍増

 

エグザリットのもう一つのキモがリム本体のフェイシングの工夫です。シンプルな円周の溝のほかにヤスリみたいな細かいパターンを入れて、表面積と摩擦力をさらにアップします。

 

しかも、エグザの作業工程が、

 

フランスの自社工場でブレーキフェイス加工→国外工場でプラズマ処理→自社工場で最終仕上げ

 

てグローバルな流れになります。これらの手間コストや輸送コストがマシマシになって、値段が段違いに跳ね上がります。

 

この大がかりな二つのテマヒマで得られるものが黒一色のマットな見た目とブレーキ力です。Exalithのブレーキの効きはとくに有名です。

 

「パッドが消しゴムのように削れる!」

 

てよくゆわれますね。

 

実際問題、ヤスリのパターンを入れた超硬いコーティングの金属物体はもうただのヤスリです。ホイールのリムとブレーキのパッドはブレーキングで摩耗します。むしろ、削れるから止まります。

 

で、リム側がぜんぜん削れないなら、必然的にパッド側がもりもり削れますね。等価交換です。エグザリムのブレーキの消耗の早さのわけと専用シュー推奨はここにあります。

 

のちの2013年にExalthはExalit2にアップデします。これが現行のExalithです。ヤスリ度がすこしマイルドになりました、ははは。

 

次期Exalith3のうわさは聞こえませんが、名作リムOpen PROにExalithモデルが追加されて、手組ファンをザワザワさせます。続報が注目です。

 

高級タイヤYksion Pro込みで11万

 

海外ストアのマビックはお買い得です。しかし、最大手のWiggle=CRCにはマビックが並ばなくなりました、ホールからウェアやアクセサリまで。

 

2016年の春ごろにはCRCは『無敵のマビックセール!』てふつうにしましたけどね~。Wiggleとの合併で一部のブランドの日本向け出荷がNGになりました。マビックはその筆頭です、うえーん。

 

最大手ストアにはなくても、ほかのストアには在庫があります。英国の人気ショップのMerlin CyclesのKsyrium PRO Exalithがこんなものです。

 

Mavic Ksyrium Pro Exalith Road Wheelset - 2017
Mavic Ksyrium Pro Exalith Road Wheelset – 2017

定価 116325
割引 7.5%
特価 107847円

※ 2017/10/22 14:47:12のmerilin cyclesの価格

 

輸入消費税の目安の5%は別途ですが、海外実売は国内在庫のセール価格です。

 

「10万オーバーやないか!」

 

て、怒りの声が聞こえます。いや、でも、これはタイヤ、チューブ、取り付け工賃込み込みの価格です。奥さん、ホイール単品は10万ですから! て周りを説得しましょう。

 

名前 重さ タイヤ種 タイヤ幅 リム素材 価格  備考
Ksyrium PRO Exalith 1475g CL 25-32 アルミ 1149ユーロ  最安Exalithモデル

 

これが最安のExalithモデルのホイールです。無印Ksyrium PROは約8万円、これが10万円、Exalith SLが12万円です。エグザ代2万、SL代2万です。うまい設定ですね~。

 

カンパニョーロシャマルミレ

 

この元祖黒リムExalithの登場から数年後にイタリアの人気自転車総合メーカーのカンパニョーロがアルミハイエンドモデルのShamal Ultraに特別版を加えます。それがShamal Milleですね。

 

リム面のプラズマ電解酸化皮膜処理はエグザと同一です。これは別にマビックの専売特許じゃありません。汎用の塗装技術のひとつです。他社は安全に後追い、完コピ、まるパクリできます。

 

シャマルミレの登場は2014年です。エグザリットから3年の空白は多分にコスト調整でしょうね。POEの加工設備ができたか、工場が見つかったか、販売量のめどが立ったか。

 

コストを度外視して、もりもり値段を上げると、他社の競合商品とせらずに、自社のカーボンホイールとつぶしあっちゃいます。黒リムはあくまでプチぜいたくの特別版です。

 

名前 重さ タイヤ種 タイヤ幅 リム素材 価格  備考
Shamal Mille 1459g CL 25-32 アルミ  USBハブ

 

重さは通常版のシャマルより重くなります。ハブはUSBです。やっぱり、ノーマル版との差額はざっと2万円です。

 

Campagnolo Shamal Mille C17 Clincher Wheelset
Campagnolo Shamal Mille C17 Clincher Wheelset

定価 166098円
割引 39%
通常 101232円
特価 95232円

※2017/10/23 02:03:59 のprobikekit.jpの価格。特価は追加割引クーポンコード[ B4C75 ]を入力した場合の金額

 

Ksyrium PRO Exalithとの約1万の差はタイヤとチューブの有無です。16gの重量差は決定的な違いには至りません。同クラスです。

 

そもそもこのクラスのアルミハイエンドホイールは安定的に横並びです。製品的には完成形だ。定番のロングセラーですね。

 

劇的に軽量化するとか、走り心地が変わるとか、そんなことはもうありません。素材、形状、構成は煮詰まりました。このどれかが変わらないと、性能のブレークスルーは起きませんね。

 

ワイドリム化は進化より変化に近いアップデートですし。

 

フルクラムレーシングゼロナイト

 

カンパニョーロの姉妹会社、ホイール専門ブランドのフルクラムはお姉さんの動きに順じます。姉が黒リムを出せば、妹も同等品を出します。

 

カンパのShamalのフルクラム版が人気ホイールのRacing Zeroです。この二つが10万以内のハイエンドアルミホイールのベスト1、2を争います。

 

グレードやクオリティはイーブンです。げんに前段の動画ではシャマルとレーゼロがちゃんぽんです。一部のパーツには互換性があります。

 

このひとつ屋根の下の仲良し双子姉妹の違いは性能差でなく、性格差ですね。タイプが違う。カンパのホイール=マイルド万能型優等生、フルクラムのホイール=レーシー専門型特待生てなところです。

 

もちろん、この評判はそれぞれの体感インプレからの相対評価です。ほかのへっぽこ安ホイールの目線ではいずれがハイエンドの高性能ホイール、ロードホイール界のトップアイドルですね。

 

カンパ=軽い、回る、マイルド、疲れにくい、反応遅め、COOOL!

フルク=軽い、回る、レーシー、疲れやすい、反応速め、COOOL!

 

げに長所は短所で、短所は長所です。おっとりタイプのきれいな姉さん、ちゃきちゃきタイプの可愛い妹ちゃん、優劣はありません。紹介料はともに8万円です、ははは。

 

ネーミングもそれぞれのふんいきに合致します。カンパニョーロのホイールのモデル名は世界各地の風の呼び名です。Shamalはアラビア地方の砂嵐の呼び名です。古風で詩的。文系ですね。

 

フルクラムはSPEEDとかRACINGとかのレーシーなワードに、数字のナンバーを振り分けます。イマドキスタイリッシュ。理系ですね。

 

名前 重さ タイヤ種 タイヤ幅 リム素材 価格  備考
Racing Zero Nite 1506g CL 25-32 アルミ  USBハブ

 

レーゼロナイトは黒リム三連星のなかで唯一の1500g台です。脂肪より筋肉のがマッシブです。げんに3本のなかでは最強の剛性です。レーシングの名はかざりじゃない。

 

 Fulcrum Racing Zero Nite Clincher Road Wheelset 2017
Fulcrum Racing Zero Nite Clincher Road Wheelset 2017

定価 161700円
割引 37%
特価 101267円

※2017/10/23 02:50:00のchainreactioncycles.comの価格

 

で、やっぱし、実売価格は10万円前後で推移します。むしろ、シャマルミレとの微妙な価格差はなぞです。

 

時期とストアでどっちかのホイールがみょうに割安or割高だ、てことはしばしばあります。在庫調整、為替変動のタイミング、メーカーの推し、いろいろな要因がからみます。

 

まとめ

 

以上が黒リム三連星のレポートです。決定的な性能差はありません。アルミホイールベスト1、2、3です。かっこいい、速い、黒いの三拍子を兼ね備えます。

 

これ以上はカーボンの領域になりますし、10万のカーボンはエントリークラスです。アルミのハイエンドか、カーボンのエントリーかはつねに悩ましいところです。

 

大方は安定と信頼と使い勝手を重視して、アルミハイエンドをチョイスします。キャリパーブレーキのクリンチャーホイールではそれがベターな選択でしょう。

 

名前 重さ タイヤ種 タイヤ幅 リム素材 価格  備考
Ksyrium PRO Exalith 1475g CL 25-32 アルミ 10万  ふつう タイヤ付き
Shamal Mille 1459g CL 25-32 アルミ 10万  やわめ USB
Racing Zero Nite 1506g CL 25-32 アルミ 10万  かため USB

 

うーん、ザ・甲乙柄つけがたしです。好みで決めるか、いきおいと直感で決めるか、まわりのシェア率で決めるか。

 

身内や知人内で気軽に貸し借りできる人は別ブランドを買うと、いろんなホイールを楽しめますねー。

 

「ゾンダ貸すからレーゼロナイト貸して」

 

みたいなのはちょっと不公平ですけど、ははは。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share