ロードバイク マウンテンバイクの2018モデルをピックアップ!


2017年の最初の四半期が過ぎ去りました。3月末の台北サイクルショーが終わって、世界のチャリ業界がぽちぽち2018モードに移ろい始めます。自転車のベストシーズン! ・・・ですが、ここのところの週末はずっと雨がちですね~。

 

さて、2017年のロードバイクのニューモデル、イタリア勢が真っ先に動きました。PinarelloとColnagoは2月上旬にはやばや2018モデルのDogma F10や85周年モデルの限定車Ottanta5を発表しましたね。

 

チャリダーの注目度は圧倒的にDogma F10ですね。結果的にOttanta5は後手に回って、わりを食っちゃいました。ま、あの限定モデルは一般庶民には無縁の産物ですから! ある種の目の毒です、ははは。

 

で、3月のサイクルモード大阪にDogma F10の実機はありましたが、試乗はピナレロのオーナーだけに解放されました。パンピーは門前払いの憂き目にあいましたね。さすがのLVMHグループです。ブランドが客を選びます。

 

3月の動向は控えめでしたが、4月以降にまた発表やリークが出てきました。記事のまとめどきでしょう。随時追加の形で人気ブランドの2018モデルのロードバイクやMTB、そのほかの注目バイクをピックアップしましょう。

 

 

ロードバイク、マウンテンバイク、オールロード 2018モデル

 

Pinarello Dogma F10

 

2018モデルの先陣はピナレロの新型ドグマF10ですね。ライバル各社を差し置いて、正規取り扱い小売店にさえシークレットにして、2月の上旬に世界同時でどどーんと発表しました。

 

ピナレロドグマF10

ピナレロドグマF10

 

こんなふうに3月のサイクルモード大阪2017年には実機がありました。じゃあ、試乗は行列だあ! でなくて、受付はかんさんがらがらですね。

 

なんと試乗の条件がピナレロオーナーに限られました。ハードル高! さすがのヴィトングループですねえ、おほほ。ベンチの方々が選ばれしリッチメンです。冷やかしパンピーはお呼びでない、そうですか。

 

ザ・トノサマキング!

 

F8の発表からたったの3年のショートスパンモデルチェンジですね。正味、そんな変化はありません。ビジュアルの第一印象はほとんど変わりません。F10のロゴがなけりゃあ、F8と見分けが付きません。

 

ルイ・ヴィトングループ入りのメモリアルモデルチェンジだあ? と邪推がはかどりますが、Team Skyの態勢は磐石の極みです。よほどのアクシデントやイレギュラーがなければ、ツールドフランス三連覇は現実味を帯びますね。

 

Colnago Ottanta5

 

このF10の発表の約一週間後にコルナゴの創業者のエルネスト・コルナゴ御大が85歳の誕生日を迎えます。そして、記念の限定バイクOttanta5の販売が決定しますね。

 

 

厳密には新型モデルでなくて、コルナゴ社のスタンダードモデルのC60の特別カラー版ですね。コルナゴファン向けの記念車です。おそらくエルネストさんの年齢的に最後のバースデーモデルですね。

 

上記の完成車のお値段は198万円です。税抜きね!

 

庶民がぽつぽつお小遣いをやりくりしてえいやっと買うロードバイクじゃありません。アジア圏の20代、30代のIT長者がぽんと買って、世のおっさんどもをくやしがらせるためのバイクです。

 

ぼくはC60よりCONCEPTを推します。

 

colnago concept

colnago concept

 

コルナゴは気前よくこんなハイエンドモデルをぽんぽん貸し出しましたのに! あ、コルナゴは今期からツール復帰しますね。オメデトゴザイマス。

 

Bianchi Oltre XR3

 

チェレステ屋さんのビアンキはエアロロードの欠番を補完します。Oltre XR3が来ましたね。

 

 

ハイエンドモデルのXR2は2016年にXR4になって、廉価版のXR1が2017年にこのXR3になりますね。それぞれにビアンキの独自開発の振動除去システム、カウンターヴェイルが採用されます。『CV』のイニシャルが目印ですね。

 

XR4との違いはフォーク、ステー、ヘッドチューブなんかの細かいところです。全体的な意匠はXR4よりマイルドです。夏以降の発売です。

 

Lapierre Pulsium

 

フランスの大手自転車ブランドのLapierreがパリ-ルーベの石畳レース用にエンデュランスモデルのPulsiumの新型を投入しました。

 

 

この新型PulsiumはSAT、ショックアブソーションテクノロジーて振動対策を搭載します。ルックスは同社のXelius SLに似ますね。

 

やっぱし、XR3と同じく振動対策技術が盛り込まれますね。快適性向上が消去法的に技術トレンドですか。レギュレーションめ!

 

ブレーキは通常のキャリパータイプです。はやりのダイレクトマウントじゃない。カラパタはおなじみのトリコロールですね。

 

Carrera TD01-AIR

 

イタリアのレーサーブランドCarreraが新作エアロロードTD01-AIRを発表します。

 

 

アジアのアナウンスがワールド先行ですね。本国ページの更新がまだですね。か、アジア向けのモデルでしょうか?

 

フレームデザインはスタンダードなエアロモデルですね。ホリゾンタルで扁平だ。この手のはAliExpressでよく見かけますね。ニールプライドぽくも見えるな。中華製かな~?

 

とはいえ、ビジュアルはイカツ系クールで見栄えしますね。はじめてのエアロロードにはうってつけでしょう。

 

でも、Carreraを買うなら、猫背のPhibraにしないかあ?

 

Orbea Terra

 

スペインのバスクのオルベアの新作オールロードバイクがOrbea Terraですね。

 

 

SRAM 1×11、ディスクブレーキ、スルーアクスルのちゃきちゃきなトレンドスポバイですね。フレームのルックスはわりにスタンダードでクラシカルです。

 

このあざやか配色カラーは個人的にツボです。ええあんばいの緑色ですなー。この赤と緑はバスク自治州旗のアイコンカラーですね。『イクリニャ』です。バスク版の『ヒノマル』みたいなもんですか。

 

TREK Crockett

 

TREKのシクロバイク、Crockettが大幅リニューアルします。

 

 

これもスルーアクスル、油圧ディスク、1×11のオールロードハイブリッド系マシーンですね。このモデルはcrockett 5 DISCです。1889ドルですね。TREK Japanのページにはcrockett 7 DISCしかない。価格もない。売る気なさそう、ははは。

 

Specialized S-Works epic

 

スペシャライズドのハードテイルの人気シリーズのS-Works epicの非公式な情報がちょろちょろ出ます。今度のS-Worksはスペシャラの全ジャンル中で最軽量クラスですね。800g割れするぜ! てことです。

 

 

クロカン用の高速オフロードバイクです。MTBの市販モデルのフレームがついに700g台ですよ?! じゃあ、Tarmacはもっと軽くなるん?! て、そう単純なはなしじゃないか。

 

かりに極端に軽くできても、レースには6.8kgで望まなければなりませんし。じゃあ、快適性や空力をアゲアゲしましょう、てことでエアロとエンデュランスがめきめき進化しますね。

 

で、ほんまにUCIの規定が変わるなら、重量はどのくらいになりますかね? 5.8kg前後が妥当なところだあ?

 

Cannondale Trigger Jekyll

 

アメリカキャノンデールの大人気AM/ENDUROバイクのTriggerとJekyllが大幅モデルチェンジです。

 

 

なんと代名詞の片持ちレフティフォークがついに外されちゃいました! これはキャノンデのファン的には最悪CONSでしょうねー。

 

スタイリッシュに汎用的になったけど、キャノンデールぽさは確実にダウンしましたね。2017モデルの需要が再燃するかも。

 

その他の注目アイテム2018モデル

 

Shimano DEORE M6000

 

2017年は2013年にモデルチェンジしたシマノコンポの4年目の一新イヤーになります。該当するのがMTB入門コンポのDEOREとロード2ndグレードのULTEGRAですね。

 

DEOREははやばや2月に公式アナウンスが出ました。M680系からM6000になります。ただし、変速は10速を維持します。

 

 

で、新型アルテグラの期待が膨らみますが、2017年4月現在、それらしい情報はからっきしですね。で、おそらく型番が6800台からR8000に繰り上がります。R7000は来年の新型105の予約済みですね。

 

アルテグラディスブレーキホイールWH R8070やレギュラーの油圧ディスクブレーキ BR-R8070、アルテグラパワーメーターFC R8000 Pの登場が予想されますね。

 

FSA K-force WE

 

Full Speed Ahead、FSAが今期から変速機に参戦します。そのファーストモデルがセミ無線電動ドライブトレインのFSA K-force WEですね。

 

 

お家芸のカーボンパーツをふんだんに使って、メカニカルなパーツを作りますね。重量はそんなに軽くありません。REDのが軽量ですね。

 

このFSA K-force WEの国内代理店はインターマックスでなく、フタバ商店ですね。38万円で初夏にリリースされます。

 

今のところ、こんなものです。2018モデルをせいぜい見つけて、ちょくちょく追加して、せいぜい先取りします。国内代理店や自転車メディアの発表タイミングはわりにのんびりですからね~。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share