Reynolds RZR 46 前後セットで968gの超軽量ホイールが299999円!


驚異の1kg以下のスーパーカーボンホイールReynolds RZR 46

 

スポチャリ業界では軽さはジャスティスです。チャリンコの軽量化はライドにもカスタムにも定番です。変化の数値がぱっと分かりますので。

 

振動吸収性がなんたら、とか、タイヤの接地抵抗がほんたら、とかはしろうとには分かりません。ホビーチャリダーは手っ取り早いシンプルな結果を求めます。

 

いぶし銀のニュアンス的な変化は好ましいもんじゃありません。自腹を切るなら、分かりやすくときめきしたい。それが人情です。

 

その点、軽量化はじつに理想的な方法です。数値がばーんと出ます。定番の商品の重量はカタログ値でだいたい判明しますし。製品のあたりはずれの数十グラムで一喜一憂しますが、致命的なおおはずしをしません。

 

ホイールの軽量化の満足度はポジティブです。見た目、走り、軽さががらっと変わります。

 

完成車ホイール、エントリーアルミ、ミドルグレードアルミ、ハイエンドアルミ、カーボンラミネート、フルカーボン、ディープリム、ディスクホイールが正統進化ポケモンですね。

 

これらのジャンプアップの瞬間はすてきなトキメキタイムです。

 

「・・・おや!? テツゲターの ようすが!・・・」

 

あなたがカートインボタンでキャンセルしなければ、テツゲターはフルクラムのレーシングファイブやカンパニョーロのシロッコに進化します。おめでとう!

 

マイルシュタイン? いいえ、マイレンシュタインです。

 

この進化のときめき最終段階、スパイラルネメシス寸前の究極メガ進化に匹敵するのが1kgの超軽量カーボンチューブラーホイールでしょう。

 

伝説級ミュウツークラスはライトウェイトのマイレンシュタインです。国内での通り名はながらく『マイルシュタイン』でしたが、去年ごろからネームが現地発音に近くなりました。国内代理店のポディウムのカタログ名もマイレンシュタインです。

 

マイレンシュタイン・オーバーマイヤー・シュヴァルツ

マイレンシュタイン・オーバーマイヤー・シュヴァルツ ~ www.podium.co.jp

 

マイレンシュタイン・オーバーマイヤー・シュヴァルツ! 

 

名前がもうバリバリの反則級、ジュニアハイスクール二年生シンドロームです。スパロボ図鑑にありそう、あははは。

 

ただ、このライトウェイトのホイール、去年からインターマックスからポディウムに代理店が変わって、国内価格が20万ほど下がりました。

 

名実共に最強性能、最強価格のスーパーブランドでしたが、プライスのみょうな上乗せがなくなって、伝説のメッキがすこしはがれました。

 

正規購入の旧ユーザーにはざんねんなおしらせでしょう。新規のユーザーにはまっとうです。まあ、ブランドものはそんなもんです。そして、インターマックスは商売上手だぁ。

 

ナチュラルまっとうプライスレイノルズ!

 

あこぎな代理店の手垢がつけば、どんなものも神話価格になりえますが、レイノルズの価格はだいたいナチュラルです。

 

Reynolds RZR 46 Tubular Carbon Road Wheelset 2015
Reynolds RZR 46 Tubular Carbon Road Wheelset 2015
定価 567700円
割引 47% = ¥267701円
特価 299999円

※2016/09/29 22:17:39のcyclingexpressの価格

 

56万が47%引きの299999円です。46mmハイトのセミディープでありながら、たったの968g!です。

 

リムの外幅は20.8mmです。もちろん、チューブラー専用です。

 

品質は文句なしです。シマノのカーボンホイールのリムはレイノルズですし。ブランドに拘らない本気ライダー、本気カスタマーの人用ですね。6kgアンダーのロードバイクを目指すのに必要なラストピースですね。

 

あと、レイノルズのこれは最強登りホイールです。坂バカさんの評価ではレイノルズ > ライトウェイトですね。リムがとにかく固くて軽い! てはなしが一般的です。

 

とりあえず、このホイールはベスト5に入ります。25万くらいにならんかな~。