禁断技! 一旦カットしたチェーンコネクトピンの再利用


KMCのミッシングリンク外しに大苦戦

 

最近の新品チェーンはほとんどミッシングリンク込みです。

 

 

メンテのときにチェーンカッターとコネクトピンなしで取り外しできるようになります。基本的にすごく便利なアイテムです。メンテのたびにチェーンを切って、後でコネクトピンを装填して・・・そんな手間と費用を省けます。

 

しかし、このミッシングリンク、とくに新品のものは意外に外れません。オイルがなじんでないとか、角が取れてないとか、そんなところでしょうが、リンクの連結のすべりがよ明らかにくありません。

 

これは2000円のシマノの安チェーンでも、KMC X9SLみたいな定価9000円の高級チェーンでもそんなに変わりません。

 

ちなみにうちのサブチャリのチェーンはこのKMCの高いやつですが、小売用のパッケージ品でなく、通販の安いバルク品を買いました。こちらは3000円前後です。

 

アマゾンやヤフオクでふつうに見つかります。安定供給みたいですね。もしやの大量横流し品でしょうか?

 

さて、ぼくがネットで買ったKMCのチェーンはミッシングリング付きでした。コマ数を詰めながら手探りでチェーン長を調整しましたが、何回目かでリンク外しにてこずって、がまんできずに別のところをチェーンカッターで切ってしまい、二つ目のミッシングリンクで繋ぎました。

 

走りに不満はありません。お買い物チャリンコのチェーンですし。でも、なんとなく思い立って、これを直すことにします。

 

お遊びのメンテに新品のコネクトピンはオーバーコストです。中古のお古を再利用します。ふつうに考えて、外せるなら付けられるよね?

 

コネクトピンの端がリンクにはまりさえすれば・・・

 

手探りでやって、このようなベストポジションにたどり着きました。ちなみに下の画像のチェーンは練習用のお古です。

 

ピンをどうにかリンクにはめる

ピンをどうにかリンクにはめる

 

とにもかくにも、こんなふうにリンクの端にコネクトピンをはめます。これが簡単そうで、なかなか難儀です。ピンがぽろぽろ外れます。根気良くやりましょう。ここが作業の山場です。

 

あとはチェーンカッターのお仕事です。ふつうにぐりぐり押し込みます。

 

仕上げにハンマーで均等にこつこつならしました。さて、どこが再装填ピンでしょう?

 

kmc X9SL 自転車チェーン

kmc X9SL 自転車チェーン

 

正解は真ん中のちょっと黒ずんだピンです。この黒ずみはチェーンカッターの押し込み部の金属カスですね。

 

今回のチェーンのコネクトピンの再利用、思い付きで試しましたが、パーフェクトにできました。

 

さらにいえば、ピンを外すときにリンクから抜ききらなければ、かんたんに戻せます。外のコマのリンクにぎりぎりピンが引っかかった状態です。寸止めですね。

 

抜き切る前の最後の固くなるところのきわきわで寸止めします。感覚で覚えましょう。

 

チェーンカットとコネクトの繰り返し

ピン寸止め

 

それか、昼飯ランチ一回分をがまんして、おニューのコネクトピンを買うか。

 

 

7、8、9速と10、11速は別個ですね。買うのはいいけど、受け取りがめんどーだなて人はメール便で出してくれるセラーで買いましょう。ポスト投函が楽ちんですね。

 

このピンの再利用は今でこそイレギュラーですが、昔の街のチャリ屋のチェーンコネクトはだいたいこれでした。古チューブからのパンク修理のパッチの切り出すと同じくメジャーな作業でしたね~。

 

とりあえず、チェーンカッターは必須です。