初心者でも失敗しないシマノの機械式リアディレイラーの調整の仕方


シマノ式でリアディレイラーを調整

 

リアディレイラーをいじる機会はめったにありません。ワイヤー交換のときかディレイラー交換のときかチェーン交換のときでしょう。

 

年に一度か二度です。やっても忘れます。じゃあ、書けば忘れない? で、この備忘録です。

 

とにもかくにも、作業の山場はトップとローの変速の調整です。通常、リアディレイラーには3つのネジがあります。上下に2つ並ぶのがトップとローの調整ネジです。

 

リアディレイラーのギア変速調整ネジとアーム調整ネジ

リアディレイラーのギア変速調整ネジとアーム調整ネジ

 

上ネジがトップ用(スプロケット外側の小さいギア)で、下ネジがロー用(スプロケット内側の大きいギア)です。はみごの1つネジはディレイラーアームの前後(上下)移動の調整ネジです。

 

この3つをごっちゃにすると、いつまでたっても、ギア変速を満足にセットアップできません。なんも考えずにドライバーでぐりぐりやると、いつのまにか10Sのギアが3段ぐらいしか切り替わらなくなったり、プーリー(ちっこい滑車)がチェーンに接触したりします。

 

「このネジはどこのやつだろ?」と思って、感覚的にやると、絶対に失敗します。

 

プーリー前後ネジ連動

プーリー前後ネジ連動

 

メカの動きの変化がmm単位で、目にはっきりと映りません。見てるところと動いてるところが違ってたよ、というのはありがちです。

 

ローギアを凝視していながら、トップ用のネジをぐりぐり回していたよ、なんかの初歩的ミスは一度や二度じゃありません。

 

「メカの動きがイメージと違うよー! うえーん」です。

 

手順に従いましょう。定番はシマノマニュアル式調整法です。まず、ギアをトップに入れて、チェーンを外側にセットします。

 

リアディレイラー調整スタンバイ位置

リアディレイラー調整スタンバイ位置

 

これがスタートです。ここで初めてドライバーを持ちましょう。ここからリアディレイラーの下プーリーのガイドがトップギアの真下になるように調整します。

 

トップ調整ネジ方向

トップ調整ネジ方向

 

トップギア調整=2つ並びネジの上のネジです。ネジ右回しでプーリーは右に、左回しで左によります。

 

連動はシビアです。90度回転ずつくらいの気持ちでやりましょう。ぐりぐりはNGです、NOT GURIGURIです。

 

プーリーガイドの内側をギアの真下に持ってきて、トップとセカンドのギア変速を何度か試して、不調を感じなければ、ローの調整に進みます。

 

ギアをローに入れて、チェーンを内側にセットします。

 

 

ネジとガイドの連動

ネジとガイドの連動

 

上下プーリーがローギアと垂直になるようにセットします。

 

ローギアと上下プーリーを垂直に

ローギアと上下プーリーを垂直に

 

ローギア調整=2つ並びネジの下のネジです。右回しで右に、左回しで左によります。

 

注意点として、このとき、プーリーをロー側に極端に寄せ過ぎる(ネジを緩めすぎる)と、走行中にチェーンをスプロケットの内側に落とすというハプニングに見舞われかねません。ぼくは二度ほどやりました。

 

この場合、スプロケットを外さないと、チェーンを外せません。出先での修理は無理です。幸いぼくは二度とも家の近所でやって、ことなきを得ましたけれど。

 

で、プーリーを画像のようにセットしたら、ローとブービーで変速確認します。すんなり行くまでがんばりましょう。これで作業の9割は完了です。

 

中間ギアの調整はそこまでシビアじゃありません。ワイヤーをしっかり張って、トップとローをちゃんと調整しておけば、おのずと良い感じにできます。

 

そもそも、中間ギアのときに弄って動くところを目で把握できるのは1つネジ=ディレイラーのアームの前後移動の調整用しかありません。

 

中間ギアのときにトップとローの調整ネジをいじってしまうと、メカの動きを目で確認できず、最初からやりなおしになります、俗にいう無限のループ現象です。

 

「あれ、どっちをどっちに回したっけ? ネジ左回しが左寄りだっけ? このネジはなんだっけ? うひー!」

 

と、高確率でそうなります。やけっぱちぐりぐりモードにまっしぐらです。

 

『中間ギアのときにはドライバーを持つな』が教訓です。シフトレバー側かケーブルエンド側のアジャスタブルボルトで調整します。

 

ここまでやって、スムーズに変速できないなら、チェーンのオイルアップやスプロケのグリスアップをしましょう。それでも、うまく行かないなら、ディレイラーのメカ不具合を疑いましょう。

 

ガイドの曲がり、バネのへたりなんかが原因です。この期に及んでワイヤーがゆるゆるだったという初歩の初歩もありがちです。

 

でも、なんだかんだでぼくはもうプーリーの位置を見ずに、変速の滑らかさで手探り調整しちゃいますね。真後ろからプーリーとギアの位置をいちいち確認するのがめんどうですから。

 

気付けばぐりぐり・・・となると、やっぱり、性格の問題かな~。