PRO MOST ROVAL Bontrager 有名ブランドの純正パーツシリーズ


別の記事で自転車販売店のオリジナルブランド、PB商品をずらずらっと紹介しました。イオンバイクのmomemntum、あさひのプレスポなんかは日常的におなじみですね。

 

イオンバイク

イオンバイク

 

イギリスのRibbleやMerlinのような海外通販ストアは競技用ロードやMTB、TTバイクまでがっちり取り扱います。WiggleのウェアdhdやCRCのホイールPrimeも好評ですね。

 

PBやハウスブランド、オリジナルシリーズはショップの専売特許じゃありません。大手自転車企業、有名人気バイクブランドなどが独自のシリーズや別名義字アイテムを展開します。

 

ここではその自転車ブランドのオリジナルブランドをざざっとリストアップしましょう。

 

 

Shimano PRO YUMEYA

 

摂津国より南に十里、堺国のシマノは世界的チャリンコ屋さんです。ロードコンポの分野はシマノの独壇場ですね。そして、釣具が看板フラッグシップですね。

 

梅田のグランフロント大阪のシマノスクエアのいちおしは釣具のリールですね。ギャラリーが入り口の正面にでーんと陣取ります。

 

シマノスクエア

シマノスクエア

 

正直、チャリにはまる前のぼくのシマノインプレは完全に釣具屋ですね。アルテグラのふっるいリールが物置にありますわ、ははは。

 

このシマノの自転車パーツのPBがシマノPROシリーズですね。シートポスト、ステム、ハンドルバー、サドルみたいな小物が中心です。

 

 

でっかい『PRO』のアルファベッツがアイコンですね。

 

このPROのポジションはすこしあいまいです。ハイエンドの高級モデルからエントリーな安価アイテムまでグレードがまちまちです。

 

本家のモデルはXTRとかDeoreとかDura-AceとかTiagraとか分かりやすく格付けされますね。グレード外のシリーズ=PROでもない。補完オプション系のRSシリーズがありますし。

 

一方のYUMEYA、夢屋はシマノの高級軽量純正パーツですね。チタン、カーボンを豪勢に使って、金持ち釣りダーの心をぐっと捉えます。

 

ええ、釣具の夢屋シリーズのはなしですね。グラム単位の軽量がゲキアツだぜ! てのはチャリ界隈だけのはなしじゃありません。

 

酔狂な釣り師もネジ一個変えちゃあ、計りに乗っけて、カタログ値があーだこーだ、当たりだ外れだと一喜一憂しますね。

 

釣具の夢屋は健在ですが、自転車のシリーズはもう虫の息です。市場に出て来るのは豪華な化粧箱入りのケーブルセットですね。ザ・デッドストック!

 

ぼくは2015年のウエパー本店の青空市でこの夢屋のMTBケーブルセットを買いましたね。

 

YUMEYAケーブル

YUMEYAケーブル

 

まあ、ふつうのアウターとインナーケーブルですよ。ちがいは外箱ですね、ははは。

 

SRAM Zipp Truvativ Quarq RockShox

 

アメリカのSRAMは日本のシマノ、イタリアのカンパニョーロと並ぶ三大変速機メーカーのひとつです。MTBやオールロード系のドライブは完全にシマノからSRAMに移行しましたね。

 

SRAMは変速メーカーのなかでは最年少です。グリップシフトで世に出て、フロントシングルの1xで覇を唱えます。

 

めっちゃ使いやすいSRAM グリップシフト

めっちゃ使いやすいSRAM グリップシフト

 

12速のEagle、無線電動変速のeTapとアメリカらしいダイナミックなフロンティアスピリッツで旧態依然のチャリ業界に風穴を空けます。

 

で、SRAMの本家は変速屋さん、フロントシングル屋さんです。ほかの部門は自社開発でなく、買収や企業合併の成果ですね。アイテムのカテゴリごとに傘下の企業があります。

 

ホイールのZipp

コンポーネントのTruvativ

パワーメーターのQuarq

サスペンションのRockshox

 

ですね。この四つはSRAMグループの構成ブランドです。RockshoxやZippは昔から有名ですね。

 

これらのSRAMグループのブランドの商品のネットの販売方式はやや特殊です。イギリス大手通販ストアのWiggle=CRCはSRAM系商品の日本向け出荷を規制します。

 

ヨーロッパ、アジア、北米で販売方針が違いますね。ローカルの代理店やディーラーを重視する傾向のように思えます。

 

ともあれ、ほかの通販サイトではSRAM系商品はふつうに並びますね。それ、そこは商売ですから~。規制も時と場合によりますわね~。

 

SRAM NX SRAM GX 11spd グリップシフト

SRAM NX SRAM GX 11spd グリップシフト

 

SRAM NXコンポセット

SRAM NXコンポセット

 

SRAM XX1 スプロケ

SRAM XX1 スプロケ

 

はい、ぼくは脱シマのSRAMラーです、ははは。

 

Campagnolo Fulcrumホイール

 

Campagnolo、カンパニョーロはイタリアの総合自転車ブランドですね。チャリギョーカイで「カンパ、カンパ」てのは有志の募金でなく、このカンパニョーロの略称ですね。

 

Fulcrumをカンパの純正品と見なすのはやや強引ですが、もともとここはカンパのホイール部門に過ぎません。

 

カンパとシマノは昔からライバルです。旧世代のカンパ派、シマノ派は相手を同じチャリンコ乗りとは見なしませんね。釣具のダイワ派とシマノ派みたいなもんです。不毛な論争がエンドレスです。

 

カンパニョーロのフリーとシマノのフリーは別個ですね。互換性はありません。スプロケットの形状が違います。このためにホイールのオプションにはCampagnoloとShimano/SRAMがあります。

 

「このシャマル、安いな!」→「カンパフリーの在庫やんけ!」

 

は海外通販の通過儀礼ですね。現実問題、シマノのシェアがぜんぜん上回ります。シマノはSRAMとコンパチですしね。

 

SRAM/シマノフリーボディ

SRAM/シマノフリーボディ

 

その昔、カンパニョーロがシマノのシェアを奪うために別名義のホイールブランドをスケープゴート的に用意します。

 

おおっぴらにライバル企業の仕様のホイールを出せません。しにせ企業の面子は大事です。偉大なローマ帝国の子孫がファッキンジャップに擦り寄れるかよ! てなとこですか。

 

で、その別名義のブランドがFulcrumですね。カンパニョーロはこの看板でシマノフリーのモデルやオフロードのホイールを売り出します、すこし設計やデザインを変えて。

 

カンパG3 フルクラム2to1 リアホイールのスポークレイアウトの違い

カンパG3 フルクラム2to1 リアホイールのスポークレイアウトの違い

 

結果は大金星ですね。Fulcrumホイールはすっかり一人前に成長して、本家のカンパに劣らぬ人気ホイールブランドになりました、めでたしめでたし。

 

むしろ、オンロードパーツ屋のカンパニョーロがしないMTBホイールやディスクブレーキホイールを率先的にします。ジャンルの幅広さは本家をとうに超えましたね。

 

いよいよカンパニョーロがオンロード用のディスクブレーキコンポネントを投入します。Fulcrumホイールの経験値やノウハウが大いに役立ちますね。

 

Specialized ROVALホイール

 

アメリカ自転車御三家の雄がSpecializedですね。その人気はTREK、キャノンデールを抑えて、アメリカブランドナンバーワンに輝きますね。

 

サイクルモード2017のスペシャラブースは開始五分で長蛇の列でしたよ。ぼくは早めに並んで、ルーベコンプに試乗できました。

 

スペシャライズド ルーべコンプ

スペシャライズド ルーべコンプ

 

良いディスクロードですが、優等生に過ぎて、おもしろみを欠きますね。あんましむちゃして遊べない。正統派です。できすぎまじめくん。バランシブ。

 

個人的にむちゃして遊べないものには愛着が沸きません。バランスより偏り突き抜け一点主義のピーキーさがツボですね。ぼくはあまのじゃくですからね~。オールラウンダーよりスペシャリッシマ。

 

で、このスペシャラが出す高級ホイールブランドがROVALですね。

 

ROVALカーボンホイール

ROVALカーボンホイール

 

こちらはレース機材、ハイエンド商品、決勝用最終兵器ですね。20万オーバー、ヒョヘー!

 

流通は限られますね。スペシャラのフレームとニコイチです。これを単体で買う人は多くありません。取扱店がレアですし。うちの近所のラビスト江坂はそうですね。

 

スペシャライズドコンセプトストアラビスト江坂店

スペシャライズドコンセプトストアラビスト江坂店

 

いまだに気後れして、中に入りかねます。

 

TREK ボントレガー

 

TREKはアメリカ最大手の自転車屋ですね。国内のコンセプトストアの数は台湾GIANTの直営店に匹敵します。

 

奈良のバイシクルカラー、大阪の一条サイクルがTREKストアをしますね。これはバイシクルカラー東大阪店です。

 

TREKクロスバイク

TREKクロスバイク

 

TREKの純正パーツはBONTRAGER、ボントレガー名義ですね。シマノPROのように多彩です。ボントレガータイヤ、ボントレガーペダル、ボントレガーシューズ、ボントレガーバッグetcetc

 

自転車屋の店頭や大手の通販ショップではそんなに見かけませんね。コンセプトストアやネット専門店の販売がメイン入手経路です。

 

オーダーシステムのプロジェクトワンでチョイスできる高級超軽量カーボンホイールのAeolusやKOVEE XXXは垂涎ものですね。

 

 

Pinarello MOST

 

MOSTはイタリア御三家のピナレロの純正シリーズです。ステム、ハンドルバー、ヘッドセット、ライトなどなどの小物が中心です。

 

ピナレロのロードフレーム DOGMAシリーズの人気はうなぎのぼりMAXですが、このPBのMOSTシリーズの人気はイマイチですね。

 

以前、カーボンシートポストのずり下がりに難儀して、滑り止めのケミカルをネットで探したら、MOSTのパック売りを見つけました。ああ、こんなですね。

 

 

ほかのパーツはとくにぴんと来ませんね。

 

Colnago Artemisホイール

 

今期2017年のツールドフランスにひさびさに返り咲くコルナゴ。ここの純正品がArtemis、アルテミスシリーズですね。弓・・・でなく、ホイールですね。

 

コルナゴの完成車のデフォルトに安価からハイエンドのアルテミスホイールがよく付きますね。単品売りは見ません。パッケ品です。

 

サイクルモード2017のコルナゴブースのColnago ConceptのホイールはフルカーボンのスーパーArtemisでしたね。

 

colnago concept

colnago concept

 

ほかのはBORA ULTRAだったり。コルナゴブースの試乗車はめっちゃハイエンドばっかでした。

 

LOUIS GARNEAU GARNEAU

 

Louis Garneauをルイガノと一発で読めるのはフランス語かチャリをかじる人ですね。ごぞんじのルイガノはカナダの自転車ブランドですね。

 

本来のルイガノはサイクルウェア、アクセサリ屋さんですね。自転車の製造販売はのちのちのことです。『カナダのケベックのチャリンコアパレル屋さん』が正しいLouis Garneauですね。

 

でも、日本国内の一般知識ではLouis Garneauは『手軽なおしゃれ自転車ブランド』ですね。イオン、ヨドバシ、アマゾン、あさひでよく見かけます。

 

この日本国内の大半のルイガノ自転車はカナダ本家のLouis Garneauのものじゃありません。AKIコーポレーションて大阪の代理店の規格販売品=ライセンス販売品ですね。

 

分かりやすい例えをしましょう。三陽商会のバーバリーですね。国内のバーバリーの99%はロンドンの本家Burberryとは無関係です。日本のバーバリー=三陽の企画商品ですね。

 

2015年に両社のライセンスが切れて、三陽商会は『バーバリー』の名前を使えなくなります。現在のBurberryは本家の監修のBurbberyですね。

 

洋服とチャリは似通います。本家は欧州、北米です。欧米人向けの本気のウェアもバイクもアジア人にはJust Large!ですね。

 

ですから、日本の代理店の規格設計品はいちがいに悪じゃありません。むしろ、ヒジョーにJust fitです。服は着やすい、チャリは乗りやすい、料理は食べやすい。

 

本場のイタリアスーツやアメリカチャリやインドカレーは日本人に合わないとかしますね。あたりまえです。わてはごりごりのモンゴロイドですから! ズボンの裾が余る余る。

 

が、日本人向け商品のアカデミックなステイタスは本家本場の本物より劣ります。自転車はぜいたく嗜好品です。愛好者の本場志向、排他的傾向は強めですね。

 

てわけで、ルイガノはくろうとやマニアには好まれません。ネットのトピックスではとくにその傾向が顕著になりますね。

 

じゃあ、ぼくはルイガノラーですわ。

 

ルイガノマニュアル

ルイガノマニュアル

 

そして、AKIコーポはルイガノ名義のおもしろいバイクをちょくちょく出しますね。最近のぼく的スマッシュヒットはこのランドナーですか。

 

ルイガノLGS GMT v

ルイガノLGS GMT V

 

バタフライハンドルのディスクブレーキだあ?! 日本一周 or 世界一周するときに買おう~。

 

で、本家のカナダのLouis Garneauの監修のスポーツバイクはGarneauの名義で出ますね。Non Louisです。ただの無印のGarneau、ガノーです。

 

Garneau Gennix

Garneau Gennix

 

国内最強のロードチームのTema UKYOがこのGarneauのバイクを使います。代表は元F1レーサーの片山右京っちですね。

 

本家の本業はバイクよりこっちですね、アパレル系。

 

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share