Primeホイール Wiggle=CRCのPB完組カーボンの評価や製造国に迫る


大英帝国は自転車の母国のひとつで、自転車大国であり、自転車強国です。オンロード、オフロード、屋内屋外、トリック系X系の多岐にトップクラスの人材がいます。

 

また、大小の自転車専門ウェブストアが英国内にひしめきます。最大手のイングランドのWiggleは国際自転車通販のパイオニア的存在です。

 

土地柄から、歴史的背景から、宿命のライバルは北アイルランドのChain Reaction Cyclesです。ここが気を吐いて、ながらくイングランドの王者と激闘を繰り広げましたが、ついにWiggleの軍門に下りました、2016年初旬。

 

この結果、Wiggle=CRCの大英帝国巨大連合が誕生します。ストアの使い勝手、品揃え、国際配送サービスで他社を圧倒します。

 

商品の価格で勝るストアやショップはあっても、総合力で並ぶところはほかにありません。ストアの日本語版が早くからローンチしますし、翻訳がおおむねナチュラルです。

 

 


2016年にスタートしたCRCのPrime

 

この二社はながらくバチバチと火花を散らして切磋琢磨しましたから、小売りだけにとどまらず、独占ブランドや自社開発の商品をそれぞれに抱えます。

 

Wggleのサイクリングウェアのプライベートブランドのdhbはシンプルデザイン高機能ウェアのはしりです。ハデハデジャージを敬遠するユーザーの支持を得て、いっぱしのブランドに成長しました。

 

一方のCRCはVITUSやNukeproofみたいな古豪のクラフト系マニアックブランドを再起、復活させて、トレンディーなオールロードや表彰台狙いのハイエンド機を出すとかします。

 

実際、このNukeproofとサム・ヒルがEnduro World Series 2017の王者に輝きました。おめでとうございます。

 

また、英国内の通販専門商材のBrand-Xみたいな汎用超コスパ系ブランドが共通にあります。アルミフレーム2万、ヘッドセット700円、パニエバッグ1500円などなどです。やすすぎ!

 

こんなふうに2016年はCRCには運命的な年となりましたが、買収から数か月後の6月にオリジナルブランドが新たに始動しました。それがPrime、プライムです。

 

部門はロードバイクのホイールです。Prime名義の完組ホイールおよびハブ、リム、ブレーキのばら売りです。個別パーツのPB品の販売は相当な自信の表れです。しかも、補修用のグレードじゃない。本気度が知れます。

 

おそらくPrimeホイールはWiggleのオリジナルホイールのCosineを打倒するための秘策として長らく暖められた商品でしょう。でも、大本の買収でWiggleとCRCの共通商品になってしまいました。数奇です。

 

一方のWiggleのCosineはPrimeの登場からなりを潜めます。最近のちまたのカーボンクリンチャーのレポートはみごとにPrimeばかりです。

 

ぼくの独断と直感ではCosineよりPrimeのデザインのがグッドです。Cosineのロゴがなんかビミョーですし、読みの『コサイン』がなんかクールじゃありません。サインとタンジェントはどこに行った?

 

はたして、WiggleのCosineホイールの在庫がほぼ消え去りました。サヨナラコサイン、コンチワプライム。

 

安いカーボンクリンチャーの製造国に迫る

 

Primeのフラッグシップはフルカーボンクリンチャーです。パーツのカーボン化はフレームからホイールまで完全に波及しました。カーボン=高級品、は2015年以前のはなしです。もはや、カーボンは一般的素材です。

 

すっかりメジャーになったカボクリ

 

フルカーボンクリンチャーは発表の当初には保守的なコアユーザーからやいやいせっつかれましたが、反対にライトユーザーには率直に受けて、ホイール交換の選択肢の一つに定着しました。もはや、キワモノじゃありません。

 

中華カーボンとCosineはまちがいなくカボクリ普及の陰の功労者です。

 

29erフルカーボンホイールBOOST用

 

リムの製造国は未記載(お察し)

 

Primeのカーボンクリンチャーの価格から内情は容易に思いうかびます。アジアンメイドのストア監修品でしょう。ほかのどこのエリアがこのクラスのリムを安定的に大量生産できましょうか?

 

中華カーボン=低品質、てのもナンセンスな意見です。高品質なMade in Chinaがあれば、低品質なMade in Chinaもあります。

 

さらに上のやつみたいな29erのBOOSTのセミファット用のチューブレスカーボンホイールみたいな最新の規格の市販品はなかなか出回りません。

 

むしろ、中華工場セラーの直販のがぜんぜん先鋭で柔軟です。

 

上のホイールの販売元のセラーはリムのスポーク穴数、ブレーキフェイスありなし、カーボン地の種類、仕上げ塗装の種類、オリジナルロゴまで対応します。まさにセミオーダーです。

 

しかし、中華アレルギーを克服できない、良いセラーを見つけられない人にはCosineやPrimeがすくいになります。通販の記載ではこれらの製造国は分かりません。

 

「製造国が中華て分かるのはNGで、どことも分からないのはOKだ」

 

てゆうのは客観的にはヘンなはなしですが、心象的にはふしぎじゃありません。あいまいの文化は日本の伝統です。言わぬが花だ。

 

ハブはNovatec

 

ハブの但し書きに手掛かりのひとつがあります。『ABG (Anti Bite Guard) 付きの軽量アロイ』です。

 

このABGは台湾の大手ハブ屋のNOVATECの技術です。ノットABGのNovatecハブのやわらかさは一部のマニアの間で話題になりました。この改善策がABGです。

 

Novatecのハブはごくごくふつうのクオリティです。ちなみにうちの中華工場セミオーダーホイールののハブは・・・はい、NOVATECです。

 

Novatec ハブ とXDフリー

 

Novatecの良いところは対応モデルの多さです。オフロードからオンロード、トラックバイクの固定ギアからファットバイクの超ワイドスルーアクスルまで全ジャンルのハブを網羅します。もちろん、HGフリー、カンパフリー、XDフリーのオプションは完備です。

 

中華セラーの最新鋭の試作品に近いセミオーダーのホイールのハブはたいていNovatecになります。ここが先頭で、そのあとにPowerway、BITEX、Dati、Fastaceみたいなハブメーカーが続きます。

 

このハブ界の水先案内人のNovatec自身も自社ブランドの完組ホイールを手掛けます。ミニベロホイールのJONNYやロードホイールのJETFLYはおなじみです。

 

ハブ内のベアリングの出自ははっきりします。日本製です。『日本製で上質のシールドカートリッジベアリング』て説明がきちんとあります。

 

スポークが半コンペに

 

PrimeのスポークはほぼサピムのCX-RAYです。安価なアルミの一部がDTダブルバテッドです。いずれがハンドビルドホイールの定番です。

 

と、これが最新の2018モデルのBlack Editionではリアのドライブ側がDT AEROコンペ、反ドライブ側がDT AEROLITEてゆう左右異径スポークレイアウトに一新されました。

 

て、のむラボの半コンペじゃねーか! 英国が船場に追いついた?!

 

のむらぼホイールのTNIエボハブはNOVATEC製です。で、それが半コンペです。じゃあ、このBlackEdtionは実質的にのむラボホイールの下位互換みたいなものです。

 

PR V2のスポークはSAPIMからPillarに変わりました。台湾勢つよし。

 

Primeのホイール一覧

 

上術のようにPrimeはCRCとWiggleのPB、プライベートブランド商品です。今のところ、Primeの単独のオフィシャルページは見当たりません。カタログやリストの一覧表がない。

 

じゃあ、たよりはWiggleとCRCの現物の在庫品ばかりです。これをソートして、検索結果からPrimeホイールの一覧表を作ってみましょう。

 

Primeのカークリンチャーは基本的にTL、チューブレスコンパチブルです。リムの内側の路肩の形状が完全にチューブレス互換タイプです。右のやつです。

 

クリンチャーとチューブレス

 

チューブレス用のバルブやリムテープはホイールセットに付属します。スペアスポーク、ニップル、10スピードアダプターもおまけだ!

 

新たなハイエンドBlackEdition登場

 

2018年版=2019シーズンモデルが登場しました。旧来のPRシリーズはV2になって、新シリーズのBlackEditionが新たなフラッグシップモデルになります。

 

今年のアップデートでモデルチェンジは2016、2017、2018年ときっちり続きます。シマノ以外はもう毎年ペースです。

 

BlackEditionは名前のまんまにリムのステッカーがモノトーンな黒マット傾向を強めます。そして、C19へのワイドリム化です。チューブレス、チューブラー、ディスクブレーキが一気に出そろいます。

 

おまけに60、85のすごディープが加わります。Primeにないのはもうディスクホイールくらいです。

 

PR V2シリーズにはチューブラーモデルはありません。あと、V2シリーズのリム幅は16.5-25mmでC17相当です。25cユーザーはひとまず安心です。

 

モデル名 重量 タイヤ種 リム幅 素材 価格(円) 備考
BlackEdition 85 1889g TL 19-27.5 カーボン 155000
BlackEdition 85 TU 1711g TU 25 カーボン 155000 チューブラー
BlackEdition 85 DISC 1945g TL 19-27.5 カーボン 155000 ディスクブレーキ
BlackEdition 60 1671g TL 19-27.5 カーボン 135000
BlackEdition 60 TU 1540g TU 28 カーボン 135000 チューブラー
BlackEdition 60 DISC 1757g TL 19-27.5 カーボン 135000 ディスクブレーキ
BlackEdition 50 1580g TL 19-27.5 カーボン 125000
BlackEdition 50 TU 1371g TU 28 カーボン 125000 チューブラー
BlackEdition 50 DISC 1624g TL 19-27.5 カーボン 125000 ディスクブレーキ
BlackEdition 38 1429g TL 19-27.5 カーボン 115000
BlackEdition 38 TU 1283g TU 28 カーボン 115000 チューブラー
BlackEdition 38 DISC 1563g TL 19-27.5 カーボン 115000 ディスクブレーキ
BlackEdition 28 1395g TL 19-27.5 カーボン 105000
BlackEdition 28 TU 1233g TU 28 カーボン 105000 チューブラー
BlackEdition 28 DISC 1529g TL 19-27.5 カーボン 105000 ディスクブレーキ
PR-50 V2 1607g TL 16.5-25 カーボン 90000
PR-50 V2 DISC 1808g TL 16.5-25 カーボン 90000 ディスクブレーキ
PR-38 V2 1548g TL 16.5-25 カーボン 85000
PR-38 V2 DISC 1728g TL 16.5-25 カーボン 85000 ディスクブレーキ
PR-28 V2 1477g TL 16.5-25 カーボン 80000
PR-28 V2 DISC 1648g TL 16.5-25 カーボン 80000 ディスクブレーキ
Prime PELOTON V2 アルミ 24748
Prime PELOTON V2 DISC アルミ 24748

 

うーん、充実の展開力です。カーボンの品ぞろえは4大メーカーをよゆうで上回ります。で、値付けが非常にシンプルです。ディープ度=価格です。5000円/10mmですね、ははは。

 

当然のごとく新型のBlackEditionのがPR V2より軽量です。単体のリムの軽さはさだかではありませんけどね。

 

ぼくはこのなかから選ぶなら、ひとおもいに85mmのDISCにしますか。で、ごりごりの中華エアロディスクロードフレームに乗せる。30万でイマドキフルカーボンロードをバラ完できます。

 


Prime BlackEdition 28 カーボンホイールセット

定価 105000円
割引 10%
特価 94500円

※2018/09/08 01:33:14のの価格

 

[ PRIME10 ] コードを割引に使えば、85050円まで削れます。レーゼロ、シャマルとどっこいですね。