なぜか異常に低評価なウエムラサイクルパーツの評判と店頭の実感


Googleのレビュー評価はよろしからぬウエパー

 

大阪の中心の梅田駅の周辺にはいくつかのチャリ屋があります。桜橋のシルベストサイクル、お初天神裏のウエムラサイクルパーツ、ヨドバシカメラ地下2階の自転車コーナーなどなど。

 

ぼくが梅田界隈のチャリ屋で足しげく行くのが梅パー、梅田のウエパー、ウエムラサイクルパーツ梅田店です。

 

 

店舗の外観はこんなですね。

 

ウエムラサイクルパーツ梅田店外観

ウエムラサイクルパーツ梅田店外観

 

手前が完成車ゾーン、左手に折り畳み(ブロンプトン)があって、奥にパーツコーナーがあります。

 

梅パーのハンドルにかこまれて

梅パーのハンドルにかこまれて

 

自転車パーツがドンキのお菓子コーナーみたいにところせましとひしめき合います。

 

ヨドバシの地下2Fとここはもう定番ルートです。アイテム多数、安め、気軽に見れる、三拍子のグッドストアーです。

 

ウエパーの本店は住之江の粉浜にあります。「ウエパー」のワード検索ではこっちの店舗がひっかかります。粉パー、住パーとはとくに言われません。

 

そして、なぜか福岡の博多駅の近所にウエパー福岡店がぽつんとあります。なぜにWhy?

 

そして、本店と福岡店のGoogleの評価の低さに驚くのが梅田店の常連の北摂チャリダーのみなさんです。梅田店の評価は上々ですね。

 

過去にぼくは粉浜の本店に二回くらい行きました。去年の青空市と今年の初売りです。別段の不満を感じません。行列しか印象に残らない・・・

 

しかし、ネットチャリダーの評価は芳しくありません。てっきり、年末年始セールやガレージセールの混み過ぎが原因だあ? でも、レビューの書き込みにそのことはなくて、店員の対応の悪さのコメントが目に付きます。

 

いわく、初心者をばかにするとか、安ロード乗りを客扱いしないとか、あの店員がなんか気障だ、とかです。

 

うーん、でも、まあ、老舗の家族経営の商店はそんなもんです。来るもの拒まず去るもの追わずで、そんなにちやほやべたべたしません。それがなにわのあきんどスタイルです。

 

商圏内の必要以上に厚かましい客をよそにおっぱらえますしね。南海沿線の客層はなにかと大変そうやし、はは。

 

結局のところ、ウエムラサイクルパーツは家族経営の上村商店です。一部にちょっと嫌われても、いい客と商売していく典型的なあきんどです。サイクルベースあさひじゃありません

 

あさひの店員は意外とべたべたちやほやします。あの接客スタイルは東京スタイリッシュ八方美人系です。浅く広くがモットーです。ファストフード店のようだ。これは自転車屋ではレアケースです。

 

気難しいおっさんが一人で切り盛りする前時代的な自転車屋のような横柄さはいやですが、八方美人系のべたべたも同様にいやですね。あさひ、ベックオン、シルベスト箕面とかがそうです。

 

やっぱし、カンザキエバーレやサイクルハンターのほったらかしフリーダムが最高ですわ。ウエパーはふつうですね。

 

むしろ、ウエパー梅田店のいちいちの「いらっしゃいませー」の声出しとかの方が気がかりです。あれは体育会系ぽくて好みじゃないなー。

 

まあ、実店舗のパーツ屋を選り好みできるのがすでにぜいたくマイノリティーです。アマゾンもけっこうですが、通販ばかりは味気ないものです。活気のある店舗であれこれ見るのは楽しいですね。

 

ワイズとウエパーにお客がいなかったのを見たことはないなあ。よーはやっとりまんなー。