PBK probikekit.jpが待望の日本語化! でも、翻訳はビミョー


PBKが日本語化! でも、翻訳の精度はちょっとざんねん!

 

Wiggle,CRCに次ぐイギリスの大手自転車通販サイトがPBKことprobikekitです。

 

長年の二強だったWiggleとCRCが今年の春先に合体しまして、英国自転車通販のパワーバランスがどどっと崩れました。で、PBKとMerlin Cyclesの二番手争いが活況です。

 

PBKの注目はコンポとホイールです。円決済とポンド決済の価格差がほかより小さめです。そして、追加割引コードがやたらめったら出まくります。シマノ系、ホイール系、タイヤ系がよく特価にかかりますね。

 

ネックは海外セカンドサイトゆえのカスタマー力不足で、説明から入力からの文章は英語ばかりでした。一般的なニホンピーポーの英語力のなさをなめないでください。だめな人は英文を見ると、アレルギー的にくらくらしちゃいます。

 

しかし、このたび、ホイールを物色しようとPBKを訪れたら・・・おや、日本語じゃないか?!

 

PBKが日本語化!

PBKが日本語化!

 

やったで! でも、『絞込み』、翻訳の精度はまだまだですねー、ははは。

 

しかし、とにかく購入のハードルは下がりました。これは非常にありがたいことです。

 

これはアカウント作成の画面です。

 

pbkアカウント作成 PC画面日本語版

pbkアカウント作成 PC画面日本語版

 

あなたについて、オー・機械翻訳感がグレートですぅ~。スマホビューはこちらになります。

 

PBK アカウント作成画面 スマホビュー

PBK アカウント作成画面 スマホビュー

 

カートインのアラートはこんなですね。

 

PBKカートイン

PBKカートイン

 

スマホ版です。

 

BUY NOWでカートイン

BUY NOWでカートイン

 

BUY NOW=カートインです。このぽちでいきなり支払いは確定しません。ご安心を。

 

商品確認画面はこうです。

 

確認画面

確認画面

 

割引コードを使えるなら、ここで下のフォームに入力します。たまたまFulcrumのレーゼロの2017モデルが追加コード5%オフで75809円です。最安値圏ですね。

 

『今セーフに購入する』ボタンから支払い情報の入力に移ります。

 

PBK支払い画面

PBK支払い画面

 

ここは英語オンリーだ~! うわーーー!

 

でも、落ち着きましょう。ポイントをざっとかいつまみます。

 

まず、入力は半角英数字のみです。

 

POST-CODE /ZIPてのは郵便番号です。ハイフンは要らないかも。

 

House Name / Numberは建物名と番地です。一戸建ての居住用住宅は番地のみでOK、マンションやオフィスや下宿は建物名も要ります。

 

Adress1は町名です。Town / Cityは都道府県と市町村区です。市町村区をAdress1に含めるのはOKです。都道府県はTown / Cityのみです。

 

Contact Numberは電話番号です。日本の局番+81を頭につけて、市外局番の頭の0を省いて、固有ナンバーを最後につけます。

 

つまり、大阪06-1234-5678は+81-6-1234-5678です。携帯は+81-90-1234-5678です。ハイフンは不要です。

 

米印のフォームが必須項目です。詳しい解説はこちらです。→PBKの登録方法

 

スマホ版の支払い入力も日本語化されてない~。

 

PBK 届け先住所入力 スマホビュー

PBK 届け先住所入力 スマホビュー

 

カートインのところはまあまあです。

 

PBK カート画面 スマホビュー

PBK カート画面 スマホビュー

 

こっちはシンプルに『レジ』ですね。グッド!

 

と、まあ、細かい部分がちょくちょくざんねんですが、及第点のローンチローカライズじゃありませんかね。

 

この機会にちょうど安い最新のレーゼロはいかがでしょうか? シマノフリーですし。

 

Fulcrum Racing Zero C17 Clincher Wheelset - Black

Fulcrum Racing Zero C17 Clincher Wheelset – Black

定価 111999円

割引 29%

特価 79799円

※ 価格は 2016/08/25 05:25:18 時点のprobikekit.jpのもの

追加割引コード [ PBK5 ]

 

それから、11月4日までうちの限定コード [B4C5] で5%引き、最大2000円引きです