PBK が待望の日本語化 クーポンでホイールが最安値圏の英国ストア


イギリスは自転車通販サイトの世界的な激戦区です。世界最大手のWiggle-CRC連合を筆頭に大小、無名有名のストアが混在します。

 

ぼくが個人的に利用するストアはWiggle、CRC、Ubykですね。ほかにEvans、Merlin、Ribble、Cycle Storeとかが有名ですね。

 

最大手のWiggle-CRCのほかは日本向け発送、日本円表記をしますが、登録や解説文の日本語翻訳まで手を回せません。二強のパワーは絶大です。

 

その二強さえが日本語のアフターケアをたまにサボっちゃいます。カスタマーサポートの日本人スタッフの有無は時期によりますね。もしか、常駐じゃないか。パートさん?

 

そんななかで先頭第二集団の一角、Probikekit、PBKが2016年8月から日本語版を始めました。登録、ボタン、説明文の一部が日本語になりました。

 

翻訳の精度はまちまちです。機械翻訳でむりくりした、ふんいきはしますね。が、日ごとに文体がこましになります。キャンペーンの日本語バナーが出始めましたし。

 

カンパとフルクラムのホイールが安い クーポンでさらに安い

 

PBKの注目アイテムはコンポとホイールとタイヤです。ラインナップはロードライクですね。オフロード系パーツはほとんど見当たりません。

 

とくにカンパニョーロとフルクラムのホイールが最安値クラスですね。しかも、ホイールは送料無料の対象です。

 

そして、PBKはクーポンコードを大量にします。5%はふつう、たまの10%がお得ですね。

 

通常時にはうちのサイト用コード[ B4C75 ]クーポンがお得です。37500円以上の商品が7.5%オフの最大6000円引きになります。

 

ホイールはでかぶつです。そこそこのホイールを買うなら、国内サイトで手軽に済ませられます。わざわざ海外ストアを使うなら、手間と時間と費用のバランスを考えて、5万以上の大物狙いをしますよねー。

 

売れ筋のゾンダやRacing 3はおおむね37500円以上ですね。実売は4万円前後です。この場合のクーポン使用価格は7.5%オフの37000円ですね。

 

8万で最大6000円引きです、80000:0.075=6000。で、8万はシャマルやレーシングゼロの実売価格帯ですね。これが74000円です。

 

輸入消費税の目安は5%です。これを帳消しにして、さらに2.5%の恩恵を受けられますね。お得!

 

あとはタイヤ2本まとめ買いセールですね。Vittoria、Schawalbe、Continentalなんかのハイエンドタイヤが定期的に安くなります。

 

アカウントを作成してみよう

 

これはアカウント作成の画面です。

 

pbkアカウント作成 PC画面日本語版

pbkアカウント作成 PC画面日本語版

 

あなたについて、オー・機械翻訳感がグレートですぅ~。スマホビューはこちらになります。

 

PBK アカウント作成画面 スマホビュー

PBK アカウント作成画面 スマホビュー

 

カートインのアラートはこんなですね。

 

PBKカートイン

PBKカートイン

 

スマホ版です。

 

BUY NOWでカートイン

BUY NOWでカートイン

 

BUY NOW=カートインです。このぽちでいきなり支払いは確定しません。ご安心を。

 

商品確認画面はこうです。

 

確認画面

確認画面

 

割引コードを使えるなら、ここで下のフォームに入力します。

 

『今セーフに購入する』ボタンから支払い情報の入力に移ります。

 

PBK支払い画面

PBK支払い画面

 

ここは英語オンリーだ~! うわーーー!

 

でも、落ち着きましょう。ポイントをざっとかいつまみます。

 

まず、入力は半角英数字のみです。

 

POST-CODE /ZIPてのは郵便番号です。ハイフンは要らないかも。

 

House Name / Numberは建物名と番地です。一戸建ての居住用住宅は番地のみでOK、マンションやオフィスや下宿は建物名も要ります。

 

Adress1は町名です。Town / Cityは都道府県と市町村区です。市町村区をAdress1に含めるのはOKです。都道府県はTown / Cityのみです。

 

Contact Numberは電話番号です。日本の局番+81を頭につけて、市外局番の頭の0を省いて、固有ナンバーを最後につけます。

 

つまり、大阪06-1234-5678は+81-6-1234-5678です。携帯は+81-90-1234-5678です。ハイフンは不要です。

 

米印のフォームが必須項目です。詳しい解説はこちらです。→海外通販の住所の書き方

 

スマホ版の支払い入力も日本語化されてない~。

 

PBK 届け先住所入力 スマホビュー

PBK 届け先住所入力 スマホビュー

 

カートインのところはまあまあです。

 

PBK カート画面 スマホビュー

PBK カート画面 スマホビュー

 

こっちはシンプルに『レジ』ですね。グッド!

 

と、まあ、細かい部分がちょくちょくざんねんですが、及第点のローンチローカライズじゃありませんかね。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share