大阪市内を自転車でポタリング 天神橋 大阪城 グリコ 渡船 USJ 舞洲まで


京都市内ポタリング、奈良市内ポタリング、神戸市内ポタリング、てさんざん他府県の都心部を散策しながら、地元の大阪のポタリングをおろそかにしますね。

 

北大阪周辺のサイクリングコースのまとめは別個の記事にくわしくありますが、大阪市内のサイクリングの記録はブログ初期の中途半端な駄文ばかりです。灯台下暗しですね。

 

じゃあ、時間をたっぷり取って、秋の日の午後を大阪市内周遊にあてちゃいましょう! ベタな名所からマニアックな名所までゆるゆる回ります。大阪市内サイクリングスタート!

 

新御堂筋から出発

 

出発地点はうちからチャリ五分の神崎川上の新御堂筋ですね。京都、奈良、大津方面へのマイスタート地点はだいたいこの付近です。

 

出発時刻は12時30分です。ゆるチャリダーの朝はぜんぜん早くありません。暦は秋ですが、気温は28度、日差しは真夏ですね。

 

2017年9月30日新御堂筋より大阪市内

2017年9月30日新御堂筋より大阪市内

 

伊丹空港へ向かう飛行機が北大阪ぽさですね~。川の手前は吹田市・豊中市、むこうは大阪市です。で、川沿いの遊歩道がサイクリングコースのなにわ自転車道ですね。

 

新御堂筋をまっすぐに南下すると、JRと地下鉄の新大阪駅にぶつかります。新大阪、新神戸、新横浜て『新』の名を持つ新幹線停車駅は見どころに欠けます。開発が後発ですから。

 

たまたまこの日は土曜日です。東出口駅前広場でこぢんまりした定期のフリマがあります。新大阪の古道具市場が近所だから?

 

JR新大阪東出口前広場

JR新大阪東出口前広場

 

駅ビルの飲食店のほかはとくに無ですね。西中島や東三国のがランチスポットです。球蹴り派のぼくは駅前のキャプテン翼スタジアムのフットサルコートにちょくちょく来ます。

 

キャプテン翼スタジアム新大阪

キャプテン翼スタジアム新大阪

 

北大阪ではここがいちばん盛況ですね。そろそろ球蹴りも再開せんとな~。

 

市内の都心部へさらに南下します。そこへ立ちはだかるのが淀川ですね。

 

淀川渡る

淀川渡る

 

これより下流の十三大橋を渡って都心に入ると、茶屋町の混雑、ヨドバシカメラ前の人の波、JR大阪駅のふくざつルートの三連撃を食らいます。こんなふうに梅田と御堂筋からひとつ離れると、行き来のストレスを大幅に緩和できますね。

 

淀川以南で一気に大阪ぽくなる

 

神崎川から淀川までのエリア、淀川区、西淀川区、東淀川区、山陽新幹線の沿線には観光スポットらしいところはぜんぜんありません。チャリ好きには有名ショップのカンザキバイクの本店支店がありますけど。

 

大阪ぽさが出てくるのは淀川以南ですね。川べりから南下を続けると、天神橋筋商店街にぶつかります。2.6kmの超長い商店街ですね。下町感があふれます。

 

天神橋筋

天神橋筋

 

さて、この天神橋筋はまんま天神の橋への筋ですね。で、天神てのは学問の神様の菅原GOD道真のことです。天神さんへのおまいりロードが町のおこりですね。

 

じゃあ、必然的に商店街の南側の終点の近所にこのゴッドを祭る大阪天満宮があります。

 

大阪天満宮

大阪天満宮

 

学生さんは受験前に、社会人さんは資格取得の前におまいりしましょう。

 

天満宮の境内に上方落語の拠点の繁昌亭が併設します。

 

繁昌亭

繁昌亭

 

『まんじゅうこわい』しか知らん。教養不足!

 

このまま南下を続けます。大川の橋を渡って、左手に折れますと、前半のハイライトを迎えますね。

 

外堀

外堀

 

堀ですね。川じゃありません。

 

「鎧着て、槍担いで、こんなのをどう渡れってゆうのよ?! むりやで、家康はん!」

 

て、往時の徳川軍の足軽の苦労が思い浮かびます、ははは。ちなみに今年の6月に大阪城周回トライアスロンがあって、選手の皆さんがこのファンシーなグリーンリバーを泳ぎました!

 

公園内の人出はつねにまんぱいです。市民の憩いの場で市内屈指の観光スポットです。ここさえ行けば、”大阪行ったで写真”をなんなくゲットできます。

 

城

 

外堀から内堀へのルートは南北にひとつずつですね。これは北側の極楽橋です。自転車はふつうに天守閣のきわきわまで行けます。押して徐行しましょう。

 

はい、大阪城天守閣ですね。

 

大阪城天守閣

大阪城天守閣

 

きれーなスカイブルー背景で撮れたあ! やっぱし、記念写真のピークはここですね。か、万博の太陽の塔でしょう。チャリでこのツートップをはしごするのはちょっとハードですね。万博公園は有料だし。

 

天守閣の広場には屋台、ベンチ、トイレがあります。城と東西の雑多な外国語のハーモニーを心行くまで楽しみましょう。

 

また、6月に大阪城ホールの横におしゃれなカフェと飲食のエリアJO-TERRACE OSAKAがオープンしました。スタバ、パンケーキ、和スイーツみたいなオシャンストアがわんさかあります。屋台、コンビニからえらい進化ですね。これも外国人観光客のおかげだなあ。

 

ミナミで聖地巡礼3連発

 

さらに南へチャリを走らせましょう。鶴橋、生野コリアタウンは飯屋、飲み屋街ですね。自転車の時間帯にはちょっと合いません。夜に焼き肉を食べにくるところですね。

 

大阪城公園からそのまま南下すると、あべののかいわいに来ます。ここはモールと下町のミックスちゃんぽんみたいなエリアです。路面電車がでっかいモールの横をとろとろ走る風情はなかなかですが、おとなりのミナミに見劣りしますね。

 

じゃあ、あべのまで行かず、手前で右手に曲がって、あれを見に行きましょう。

 

グリコ看板

グリコ看板

 

はい、グリコ看板です。今日のグリコさんは通常モードのビジュアルですね。彼氏はイベントや季節行事でたまにコスプレします。

 

この橋はひっかけ橋ですね。二昔前のナンパスポットです。下は道頓堀川です。阪神タイガーズが優勝すると、おもにカーネルサンダースやカーネルサンダースが投げ込まれます。ダイブの聖地だ。

 

ぼくは前回の阪神優勝のとき(星野監督の)にダイブしました。で、水の中でサンダルをなくして、ここから家まで素足でサイクリングしました。若き日のうるわしい思い出ですねー。

 

しかし、すごい人出です! まちがいなく大阪市内で人口密度が最濃厚のごちゃごちゃした空間です。アジアンテイスティ。

 

この人込みから抜け出して、大阪のオタクの聖地へ向かいます。日本橋のオタロードですね。

 

日本橋オタロード

日本橋オタロード

 

電脳街、工具屋街としてはアキバに、アキバの30倍てゆう中国シンセンの電脳街にぜんぜん負けますが、ぶらり旅には逆にてきどな大きさですね。人込みの多さは変わりません。

 

パソコン屋、オタク屋、リフレが微減して、飲食店が微増しましたね。これも観光客向けの変化でしょう。なんか萌えの需要が日本と韓国くらいしかないて聞きます。萌えより食い物、花より団子が世界共通みたいですね。

 

日本橋の南のはしは新世界への入り口です。エリアの全体が串かつを神聖化して大々的に奉りますね。ランドマークは通天閣です。

 

通天閣

通天閣

 

で、このタワーのおひざもとの串かつ屋はのきなみ大行列ですね。あんなおやつに人がわんさか群がります。串かつで腹は膨れへんで~。案の定、観光客向けですね~。

 

巡礼の最後はあいりんですね。日雇いの聖地です。

 

あいりん

あいりん

 

幸か不幸かぼくはここのお世話になりませんが、フリマには何回か見に来ますね。『泥棒市』てファンキーな通称のフリマです、ははは・・・良い子はこの周辺であんましふざけないよ!

 

天保山ヒルクライムからの渡船でUSJ、さらに舞洲へ

 

このあべの、天王寺、新世界、釜ヶ崎の付近は市内の南端じゃありません。競技場がある長居や競艇場がある住之江が市内の最南端ですね。でも、見どころはそんなにありません。

 

てゆいながら、住吉大社のはつもうでとウエパー本店のはつうりには行ったけど。

 

住之江区の南隣は堺市です。堺には前方後円墳、与謝野晶子の生家、シマノ本社などがあります。正味、古墳と自転車の町ですね。

 

空がぼちぼち色づき始めました。ぼくは深追いせずにここらで折り返しましょう。

 

あいりんの西成区から西へ進むと、港湾地域にぶつかります。川と水路でたびたび行く手が遮られますが、歩道橋がありますね。

 

木津川の歩道橋のしたの様子です。放置自転車の保管場所ですね。

 

放置自転車の保管場所

放置自転車の保管場所

 

いや、ほんまにママチャリばっかだあ。ぼくは過去に一度だけこれをやられました。ママチャリの値段から返還料ないし保管料の2500円は悩ましいところですね。プラス2500円で中古チャリを買えちゃう。

 

湾岸エリアの大正区や港区はまたもや散策のおもしろみを欠きます。基本的にここらは住宅地と工業地です。ランドマークは京セラドームとORC200くらいしかありません。

 

弁天町から172号線に乗って、海のきわきわまで出てきます。終点が大阪港の海遊館と大観覧車ですね。唯一のデートスポットですね。

 

が、ぼくの目当ては山ですね。ヒルクライムです。挑む山は天保山てゆう超級B級山岳ですね。日本で二番目に低い山ですね。

 

覚悟を決めましょう。スタート地点に立ちます。

 

天保山スタート

天保山スタート

 

よーい、どん! はい、GOAL!

 

天保山々頂

天保山々頂

 

走行距離20m、獲得標高4.5m、タイム5秒ですね。なんて足にやさしい神山でしょう、ゴッドマウンテンだあ!

 

大阪の西のはての天保山はこんなぬるま湯の天国ですが、反対の東のはての暗峠は平均斜度20度のこの世の地獄ですね。

 

暗峠の名所S字カーブ

暗峠の名所S字カーブ

 

ゆるチャリダーには天保山ヒルクライムがおすすめです!

 

で、悪ふざけのあとには本件を片付けましょう。天保山々頂の裏手から市営の渡船が出ます。

 

天保山渡船場

天保山渡船場

 

大阪の入り組んだ港湾部にはこんな市営の渡船がいくつかあります。料金は無料ですね。神船ゴッドシップ!

 

順番待ちですね。外人さん、地元ママ、チャリダー1組、てなところです。対岸の桜島にはUSJがあります。そこのスタッフの外人の足ですね。

 

桜島のUSJ行きには外人さんが多め

桜島のUSJ行きには外人さんが多め

 

乗船時間は5分ばかしですね。アワイチのジェノバライン以来の渡し船です。うーん、小舟の揺れは三半規管に来ますね~。20分が限度だな~。

 

桜島と舞洲を結ぶ此花大橋には自転車・歩行者用の螺旋スロープがあります。天保山よりぜんぜん急こう配ですね。

 

桜島から舞洲への螺旋スロープ

桜島から舞洲への螺旋スロープ

 

舞洲は3セクの埋め立て地です。道広め、信号少なめ、人無人の高速サーキットですね。大阪城やなんばのにぎわいと対局です。

 

ここでは実業団自転車レースの舞洲クリテリウムや舞洲タイムトライアルがちょくちょく開催されます。

 

不人気な舞洲

不人気な舞洲

 

ぼくはさーっとここを走り抜けて、常吉大橋を渡って、ヨットハーバーを左手に眺めつつ、淀川沿いへ戻ります。正解の抜け道はここですね、自販機のよこのグラベルです。

 

ヨットハーバーから淀川土手上への抜け道

ヨットハーバーから淀川土手上への抜け道

 

土手上の遊歩道に出ます。この歩道側の抜け道に入らないで車道側に出ると、しばらく土手上に上がれません。

 

淀川左岸河口付近

淀川左岸河口付近

 

ここでは西からの海風の追い風と直進ノンストップでTTモードがはかどります。前方のでっかい高層マンションまで2km前後の激走コースですね。

 

伝法大橋から北上して、西淀川区を通り過ぎます。大阪の西北端ですね。この先は兵庫県の尼崎市です。

 

夕焼け

夕焼け

 

午後5時36分でとっぷりですね。だいたい5時間で主要スポットを回れました。渡船のタイミングも絶妙でしたね。

 

そんな大阪人の大阪人による大阪市内ポタリングでしたで!