Nukeproof 『核に耐える頑丈さ』を社名に冠する重力系MTBブランド


Nukeproof、ヌークプルーフ、ヌクプルはアメリカ発のMTB系ブランドです。Nuke=核兵器、ポストアポカリプス系の人気ゲームFalloutシリーズでおなじみの言葉ですね。

 

Proof=証明ですが、名詞の後に続けば、「まもる、ふせぐ」を意味します。Waterproof=防水はおなじみですね。

 

じゃあ、Nukeproofは防核、耐核ですね。『核攻撃に耐える頑丈さ』て意味合いを持ちます。案の定、がちむちMTBグラビティ系のヒャッハーなバイクですね。

 

もちろん、実際の核攻撃には耐えられませんが。そんなもんをどう加工しますけ? アルミ合金の耐熱温度は1000度前後ですしね。

 

わりと本気で耐えられそうなのはこんなですね。

 

パースセキネ

パースセキネ

 

鉄のごっついフレームの実用車です。直撃を受けなけりゃ、わりに耐えられそう、ははは。鉄サイキョー!

 

Nukeproofの栄枯盛衰

 

アメリカの初期のMTBブームの頃にはいろんなマニアックな大小の機材メーカーがぶわっと出ました。たいていのアメリカの自転車ブランドの始まりはそんなものですね。

 

御三家のキャノンデール、スペシャライズドなどはまさにそれですね。小さいハウスから始めて、MTBブームで躍進して、ブーム終焉で経営危機になって、すったもんだの末にドレルやメリダの傘下になりました。

 

Nukeproofは核攻撃には耐えられたかもしれませんが、不況の波には耐えれず、闇の中に消えてしまいました。が、イギリスの通販大手のCRCの資本で2007年にばーんと復活します。

 

これはフランスのVITUS社の経緯とよくにますね。Vitusもカーボンフレームの草創期に独特のラグドカーボンフレームでマニアの心を掴みますが、不況の煽りで歴史の闇に落ちて、CRCの傘下で復活します。

 

さらにイギリス最大手のWiggleがCRCを買収しまして、VITUSやNukeproofのバイクやパーツがWiggleに並びます。かように自転車ブランドはふらふらと流転しますね。

 

幸か不幸か『自転車操業』て言葉は自転車ギョーカイ全般にこそぴったし来ますね。小売もブランドもそんなに儲からない。

 

それを尻目に高級ウェア屋のRaphaの業績は絶好調ですが。毎年30%の売り上げ増だとか。まあ、アパレルのがパーツ屋より圧倒的に儲かりますわね、ははは。

 

Nukeproofのバイク

 

Nukeproofの売りは社名の通りの丈夫さですね。タフでロックでヒャッハーなバイクがメインです。公式サイトのカタログには16台のバイクが並びますが、ドロハン車は2台しかありません。

 

ENDURO、AM系のMEGAシリーズのフルサスバイクが7台に上ります。

 

 Nukeproof Mega 275 Team バイク 2017
Nukeproof Mega 275 Team バイク 2017

定価 704999-714399円
割引 13%
特価 610999-637006円

※2017/07/11 22:54:00のchainreactioncycles.comの価格

 

黄色がヌクプルのブランドカラーです。ゲンシリョクのハザードシンボルが黄色と黒ですから。ジャパニーズには多少のアレルギー反応が出ますね、ははは。

 

MEGAの開発の発端はラルプデュエズの下り用ですね。このスキーリゾートはツールドフランスのコースにたびたびなりますし、DHレースのメガヴァランシュの舞台になります。

 

ちょい古の動画ですが。

 

 

3300mの山頂からどぎゃーんと下ります。最初の雪ゾーンがカオスですね~。撮影用のヘリがなつかしレベです。いまやドローンですわ。

 

そして、ライダーが上りになると、クイッククランプをしこしこして、サドルを上げますね。いまや、ドロッパーポストです。いつごろの動画でしょうかね? 2010年ごろ?

 

MEGAはこのクレイジーなレースを走破するために2009年から開発されまして、すでに4世代目を迎えますね。

 

NUKEのライダーはサム・ヒルですね。すこし古めのMTBの無敵チャンピオン的な人ですね。

 

ごりごりのダウンヒルモデルはPulseですね。

 

 Nukeproof Pulse Team DH バイク 2017
Nukeproof Pulse Team DH バイク 2017

定価 797999円
割引 11%
特価 711548円

※2017/07/11 23:12:02のchainreactioncycles.comの価格

 

アイコンの黄色黒は必然的にMAVICのホイールとベストマッチしますね。これはMAVICのDHハイエンドホイールのDeemaxですが、純正品みたいに見えますね。

 

パーツも充実

 

バイクが看板ですが、小物が多彩ですね。ホイール、ヘッドセット、ペダル、ハブとベアリング系のパーツが一そろいします。

 

ぼくは以前にセラミックベアリングのヘッドセットを買いました。つくりはまあまあでしたね。サイズ間違いで使えず、右から左へヤフオしちゃいましたが。

 

CRCとWiggleが正規販売店ですから、スモールパーツの入手がかんたんですね。そして、なにより型落ちや展示品の割引がどがーんと掛かります。

 

たまの50%オフのセール品はお買い得ですね。

 

 Nukeproof Mega AM 275 Frame - Ex Demo
Nukeproof Mega AM 275 Frame – Ex Demo

定価 197599円
割引 55%
特価 88096円

※2017/07/11 23:56:17のchainreactioncycles.comの価格

 

PLUS系のフレームが出ればめっけもんですね。

 

そして、ホイールのセミオーダーが人気ですね。HOPEハブのセミオーダーがちょい高です。練習用にはこっちのNUKEのがお値打ちですね。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share