NEILPRYDE ニールプライドのロードバイク Chapter2も要注目


NEILPRYDE、ニールプライド、ばくぜんとしたオシャレぽいネーミングのこの会社は注目のロードバイクブランドですね。

 

個人的にはサイクルモードのブースの陽気な外人のおねーさんが印象的ですね。いっつもキャップをかぶって、わりと日本語を喋れるニルプラのおねーさん。

 

例のごとくニールプライドの由来は創業者のニール・プライドさんですね。ニュージーランド出身のヨット・ウィンドサーフィン・セイリングの選手です。

 

ヨット・サーフィンは空力の塊みたいなものです。素材はカーボンだ。じゃあ、これをほかに応用できんけ? てことで、ニルプラのロードが生まれます。必然的にエアロロードですね。

 

 

創業者はヨット選手 海洋スポーツがオリジン

 

インターナショナル版のNeilpryde.comのメインはウィンドサーフィンですね。NPの根幹はニュージーランドの海洋スポーツ屋さんですね。

 

そこの自転車部門がNeilpryde Bikesですね。DesignworksUSAてBMWの関連企業がデザインを手がけます。外注ですね。

 

そのあと、NPブランドはニールから息子のマイクへ、さらに人手に渡りまして、創業一家を離れちゃいました。

 

が、マイク・プライドは自転への情熱を捨てません。ブランド売却で得た資金をもとにして、新たなバイクブランドを立ち上げますね。それがChapter2、チャプターツー、チャプタツですね。

 

 

手前の小柄な人がMike Pryde社長で、うしろがChapter2のローンチモデル”TERE”ですね。2017年7月に立ち上げイベントがオーストラリアやアジアで行われました。まさに出来たてほやほやのブランドです。

 

実質、NeilprydeがChapter1で、このC2はプライド家の自転車第二章=Chapter2て意味ですね。Bikerumorの情報ではフラッグシップのデビュー機”TERE”のフレームが1900ドル=20万円ですね。

 

国内代理店はさだかじゃありませんが、8月7日にC2 Japanの立ち上げイベが東京でありました。マイクは香港育ちで、C2の拠点はアジア、オーストラリアにありますね。日本市場は重要でしょう。

 

小売はニルプラと同じところになるかな~。カンザキ系はNPをしますから、北摂民はC2を買えますね、おそらく。11月のサイクルモード幕張に出るかあ?

 

Neilprydeの各モデル

 

Neilprydeのバイクモデルを見て行きましょう。

 

スタンダードモデル: BURA

エアロモデル: Nazare

エンデュランスモデル: Zephyr

TTモデル: BAYAMO

通販: △

 

ですね。現在の展開はこの基本4モデルのみです。BURAとNAZAREには軽量SLモデルがあります。風系ブランドらしくいずれがエアロ系の意匠を持ちますね。古風やレトロとは無縁ですね。イマドキだ。

 

完成車のドライブはシマノ、ホイールはフルクラムですね。シンプルなフレームのペイントと相まって、見た目の印象はそんなにどぎつくありません。

 

て、なぜかチェーンだけはシマノでなく、FSAですね。ひとおもいにシマノかKMCにして~。

 

素材のカーボンはジャパンブランドの東レC6.9、C6.7 UDカーボンですね。T系統とは別物だあ? Chapter2はT系ですが。

 

BURAとNAZAREのボトムブラケットはBB86で、ZephyrとBAYAMOはPF30ですね。ふつうの圧入系です。フィニッシングパーツはFSAですね。

 

国内正規取り扱い店の販売方式は対面・店頭ですね。通販はNGです。が、たまに海外通販でセールが出ますね。

 

全体的に特段の目新しい要素はありませんね。エアロ設計、シンプルビルドです。いちばんの特徴は耳良い響きの名前じゃないかあ? 耳当たりのよさはルイガノに並びますね、ニールプライド。

 

今のところ、ディスクロードのモデルはありません。が、新型DRが出てきても、特段のポイントを持ちませんね。142mmスルーアクスルのシマノフラットマウント系油圧ディスクでしょう。

 

くだんのCahpter2はローンチにディスクロードを展開しますね。トップチューブのデザインがしゃれおつです。

 

 

がっちんレースモデルじゃなくて、街乗りアーバンモデルですね。ターゲットはアジアですね。マイク社長の顔立ちにアジア風味がして、ハーフぽく見えますし。

 

Wiggleにニールプライドが登場

 

一方のニールプライドはヨーロッパの販路拡大のために拠点をイングランドに移しますね。その影響か英国の大手自転車通販サイトのWiggleにNeilprydeのバイクが入りました。

 

フラッグシップのBURA SLが48万円

 

まずはスタンダードのBURA SLの完成車ですね。Dura Ace R9100ドライブとFulcrum Racing ZEROの最上位モデルが48万です。

 

NeilPryde Bura SL (DuraAce - 2017) Road Bike
NeilPryde Bura SL (DuraAce – 2017) Road Bike

定価 600000円
割引 20% オフ
特価 480000円

※2017/08/13 07:55:09のwiggleの価格

 

デュラエースとレーゼロで50万アンダーは良心的ですね。レーゼロ=8万、デュラ=15万、その他=5万、じゃあ、フレームは実質20万前後ですね。

 

BURA SLのLサイズのフレームの重量は750gです。フラッグシップの軽量モデルの20万は割安ですね。ハイブランドの半値だ。

 

価格帯はオルベア、フォーカス、ラピエール、ガノとかの通好みグループに入りますね。海外実売のデローザ、キャノンデとも五分です。ピナレロやスペシャライズドと比べない、ははは。

 

BURA SLのアルテグラモデルは328000円ですが、グループセットが旧式の6800系ですね。これを買うなら、妥協をしきって、無印BURA 105を買いましょう。16万です。

 

ごりごりエアロNAZARE SL

 

エアロバイクブランドNPの本領がNAZAREですね。ガンメタ風のペイント、専用シートポスト&ハンドル、そして、フルクラムレーシングクワトロカーボンクリンチャーがガチムチ度を高めますね。

 

NeilPryde Nazare SL (DuraAce - 2017) Road Bike
NeilPryde Nazare SL (DuraAce – 2017) Road Bike

定価 685500円
割引 20% オフ
特価 548400円

※2017/08/13 08:10:57のwiggleの価格

 

ブレーキはBR-R9110ですね。ダイレクトマウントです。穴は見当たりません。FSA CN-1102Nだけがご愛嬌ですね、ははは。

 

これでのろくさ走ろうなら、全国100万のエアロロードファンから白い目で見られますね。こうゆうがっちん系を買うと、ゆったりぽたぽた走れませんね~。

 

105とfulcrum racing Sportモデルの完成車はBURA 105と同額の164850円ですね。フレームセットの価格はおんなじみたいですね。てことは、NAZARE SLとBURA SLの6万の差はホイール代だあ?

 

ゆったりZephyr

 

エンデュランスモデルのZephyrはもともと105の完成車しかしませんね。やっぱし、価格は164850円です。

 

NeilPryde - Zephyr (105 - 2017)
NeilPryde – Zephyr (105 – 2017)

定価 235500円
割引 30% オフ
特価 164850円

※2017/08/13 08:21:28のwiggleの価格

 

105セットと完成車用の廉価ホイール Fulcurm Racing Sportのカーボンロードがこの価格です。

 

しかも、現在、夏休みキャンペーンでWggleの完成車の送料は無料です。わんポチでレアブランドのロードをおやすく買えます。ニルプラは常時在庫じゃありません。今がチャンスですよ~。

 

NAZARE 105がイチオシ

 

NAZARE 105のホワイトレッドが見ばえしますね。

 

NeilPryde - Nazare (105 - 2017)
NeilPryde – Nazare (105 – 2017)

定価 235500円
割引 30% オフ
特価 164850円

※2017/08/13 08:32:05のwiggleの価格

 

エアロバイク屋の風味をおいしく摘み食いできますし、来年の新型105発表まで現行モデルで遊べますね。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share