アマゾンで買えるミニベロのおすすめ2017


日本のコンパクトな道路事情のタウンユース、街乗り、ちょい乗りのベストはミニベロや折り畳み自転車などの小径車です。

 

小回りと加速性能、そして、ごちゃっとした駐輪場のちょっとしたスペースにねじ込めるコンパクトさはジャパニーズシティチャリダーの強い味方です。

 

次点は電動ママチャリですね。年々、バッテリーが改良されて、使い勝手が良くなります。現状のボトルネックは道路交通法の方ですね。法律的に24km以上のアシストが不可です。

 

三位はホームセンターママチャリ&シティチャリですね。これらはスポーツやホビー用でなく、生活の足ですね。転がるサンダルです。猛者や学生は100kmとか行っちゃいます、ははは。

 

あとはどんぐりの背比べですね。はやりのロードバイクは都市部では十分に機能しません。ロードは高速長時間チャリダー用で、タウンのまめなストップ&ゴーに向かない。高いものは盗難の的です。

 

でも、速度は最強だ・・・でもありません。速度最強はバンク用のピストやリカンベントですね。ロードはよくF1マシンに例えられますが、むしろ、その高速安定巡航性は特急列車や新幹線にそっくりです。

 

クロスバイクはロードバイクよりタウン向きです。準急列車ですね。ただし、サドルの高さとトップチューブがネックです。とくにハイポジションなトップチューブはおじゃま虫です。

 

さらに安価な5万前後のクロスバイクのギア数、フロント3速、リア8速の3×8は前時代的なテクノロジーです。MTBの基準はフロントシングル=1xで、ロードバイクのそれは2×11ですね。

 

3xの実際の用途的はインナー=チェーンガード、ミドル=実用、アウター=バッシュガードみたいになります。内側と外側はミドリリングのおまけですね。

 

見た目はいいが、またぎずらいのホリゾンタルトップチューブ

 

ちまたで人気のGIOSやビアンキのミニベロはクラシカルなホリゾンタルチューブです。が、これは見た目的にキュートでも、乗り降り的にぜんぜんNGです。スカート履きの女子は乗り降りのたびに難儀しまっせ。

 

実際、ジーパン男子さえが股の上げ下げに難儀しますし。ケツポケに財布やスマホを入れると、ひとしおに足を上げられません。

 

折り畳みのミニベロは無駄な折り畳み機構のせいで割高、ヘビー、むずメンテです。使用のたびにいちいち折り畳むのはめんどうです。

 

ブルホーンとドロップハンドルは前傾になって、視野が狭く低くなります。これは非常に危険です。フラットかライザーバーのものを選びましょう。安心感がまったく違います。

 

カゴは便利ですが、ミニベロのカゴはミニ容量です。また、でかいカゴはアンバランスになります。コンビニとかスーパーの袋用であれば、ハンドルバーにマウントできるフック的なものが有効です。

 

 

で、以上のことを踏まえて、おすすめの一台をあげるなら、ぼくはこいつを推します。My Pallas(マイパラス) ミニベロ 20インチ 6段変速 オールインワン M-709です。

 

 

友人のために安いミニベロを探して、アマゾンで購入し、組み立てと試走をやりました。451のホイールサイズ、Vブレーキ、外装6段変速です。かなりぐいぐい走ります。

 

ネットでよく「5万以下のネットの自転車にまともなやつはない!」てふかすのはただのあおり文句で、実体験じゃありません。ネットでチャリを買わない自称アカデミック派のファンタジーです。

 

ぼくはアマゾンで20万の高級折り畳みと2万のこのマイパラスを買って、実際に乗り比べました。デフォルトの乗り心地の差はそんなじゃありません。2万のミニベロは意外と良く走るな~。

 

まあ、20万のチャリは改造しまくりですでに別物ですが。

 

改造ミニベロ ペガサス号

改造ミニベロ ペガサス号

 

あ、ネット通販専用折り畳みのドッペルギャンガーも5年くらい前に買いましたね。やっぱし、アマゾンでぽっちしました。

 

とくに悪い印象はなかったなあ。折り畳みをフル活用して、阪急やJRで河原町や琵琶湖に輪行したりしました。六甲にも挑戦して、あえなく撃沈しました。なつかしー。

 

カンザキバイクでもマイパラスの扱いがありますね。何気にアマゾンに肉薄の17800円で、メーカー直送の送料無料です。販売元は新潟の池商という会社です。輸入雑貨屋さんのようです。

 

さて、このマイパラスの弱点は街中でかぶることです。2万でアマゾンで買える=ユニクロ、ですね。特別感はありません。実用的なバイクです。

 

多少の自分色を出すなら、グリップ、サドル、ペダルみたいな小物をちょいカスタムして、オリジナリティーを出しましょう。ステッカーぺたぺた。

 

とくにこいつのサドルは雨でぐじょぐじょになるタイプのやつです。まず、こいつを交換しましょう。2万のチャリは野ざらし雨ざらしの宿命ですし。ステッチやつなぎ目のあるサドルは禁物です。

 

こうゆうことですね。

 

外置き雨ざらしのサドルの宿命

外置き雨ざらしのサドルの宿命

 

ケツビチャリダー!

 

アマゾンの折り畳み自転車をピックアップ

 

はい、マイパラスオールインワンです。友達の白アイボリーはだんだん汚れてきました。たまには洗ったれ~。グリーンがぼくの好みですね。

 

 

日本企画、中華製造のドッペルギャンガーはネットミニベロの代名詞ですね。実店舗にはありません。ネット専用商材です。

 

 

遠目のルックスは悪くありません。それよりブラック・オレンジのカラパタが圧倒的に見栄えしますわ。マイルドストリート系ですね。細部の仕上げはご愛嬌です、ははは。

 

ブランドのダホンは倍額に跳ね上がります。

 

 

価格差ほどの性能差はありません。安グレードのものが数年でぐんとよくなりました。反面、上グレードはやや手詰まりです。

 

人気の海外自転車ブランドのいくつかが小径車を出します。が、海外ブランドのバイクの大半は通販NGですね。国内代理店の営業方針、自転車業界の商習慣のためですね。

 

ビアンキを買うなら、プロショップ系のセラーを見よう

 

そんな中でイタリアのしにせ自転車ブランド、ビアンキのバイクはなぜか例外的に通販OKです。これは非常に珍しいところですね。

 

 

 

ブランド系を、5万以上のモデルを買うなら、価格と共にセラーに注目しましょう。実店舗を構えるセラーは通販オンリーセラーよりだんぜんに安心です。

 

最後にわが町に古来より伝わるありがたい呪文を。

 

「一発で合うと思うな、靴とチャリ」

 

結局、店頭では吟味し切れませんし、ネットでは体感できません。一長一短です。

 

しかし、現代人のショッピング感覚では実店舗でスタッフとああだこうだとコミュするよりネットでじっくりとっぷりヒカクする方が気楽ですね。ぼくはそうです。

 

そもそも大方の現代人はなにがしかの専門店でものを買うのにもう慣れません。コンビ二、スーパー、モールで済ませます。肉屋で肉を、魚屋で魚屋を買う主婦はめっきり減りましたね。

 

専門の自転車屋で高い自転車を買うのはなかなか気重で一苦労ですわ。おしゃれなセレクト系の服屋に尻込みするのと共通しますね。

 

「なんか買わないと出られない?! ひょへー!」

 

です。そして、商品の知識不足をさらされたくないし、突け込まれたくない。他人はドロボーだ! スタッフと妙になれなれしくなるのもアレだし~。

 

ネットショップのハードルがめちゃめちゃ下がりましたから、実店舗のハードルが相対的に上がっちゃいましたね~。

 

インターネットめ!

 

で、2017年上半期の最有力候補はこれですね、ルノーマグネシウム6です。

 

 

14インチのシングルスピードで6.7kg! です。とにかく軽くコンパクトに! て折り畳みの理想系ですね。輪行派におすすめの一台ですね。

 

外装変速付きのマグネシウム8は8.2kgですね。重さより変速のリアメカがやや蛇足ですね。持ち運びに持て余しますわ。シングルのが売れますね、きっと。

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share