ミニベロ油圧ディスクブレーキのおすすめ


現在、ブレーキの主流はディスクブレーキです。ロードバイクが最後の砦でしたが、オールロードの流行やレギュレーションの変更でこのアンチディスクキャッスルが一気に陥落しました。

 

スポーツバイクは近日中にほぼディスクオンリーになりますが、一般的な車両への普及はまだまだ未達成です。シティバイクやママチャリは旧態依然のローラーブレーキやドラムブレーキです。

 

しかし、このローラーブレーキ、わりにはんざつな構造です。固定を外すのが一苦労だ。メンテナンスの手間がまた一癖です。

 

Vブレーキやキャリパーブレーキみたいにワイヤー1本ですまず、専用のローラーブレーキ用オイルを使います。

 

ローラーブレーキとオイル注入口

ローラーブレーキとオイル注入口

 

ぜんぜんお手軽じゃありません。この分野にディスクが来るのはいつになりますかね~。

 

ミニベロブレーキあれこれ

 

さて、ミニベロのブレーキはどうでしょう? ローラーブレーキのミニベロてのはほとんどありません。低価格帯でも高価格帯でもキャリパーブレーキやVブレーキが主流です。

 

キャリパーやVブレーキの理想的条件化(晴天、パッドまっさら、リム面ぴかぴか)の最大制動力はディスクブレーキに勝るとも劣りませんが、ブレーキングの総合的な楽ちんさはディスクにものすごく劣ります。

 

げんに単車のブレーキは油圧ディスクです。キャリパーやVブレーキが勝るなら、単車にもそっちが採用されますね。

 

ミニベロディスク車の王道はキャノンデのあれ!

 

そんなわけですべての自転車にディスクブレーキが乗っかれ! とぼくはつよく思いますが、ミニベロのディスク車はまだまだ少数派です。

 

ミニベロディスクでまず思い浮かぶのはCANNONDALE HOOLIGANです、HOOOOOOOO!!

 

ミニベロディスクのパイオニア的モデルです。HOOLIGANの方向性がぼくの好みと完全にマッチします。

 

機械式よりぜったいに油圧式!

 

ミニベロのきびきび感と油圧ディスクブレーキのがつがつ感はベストマッチします。機械式より油圧式です。ワイヤー引きの利点はメンテ的にも実使用的にもとくにありません。

 

さらに機械式のディスクブレーキのレバーの構造はVブレーキと共通ですから、そんなにスタイリッシュになりえません。その店、油圧式のレバーはバイクチックでグッドルックスです。

 

 

HOPE TECH3 E4レバー

HOPE TECH3 E4レバー

 

これから自転車を買うなら、チャリにお金をそこそこ使うなら、車種にかかわらず、油圧ディスクブレーキのバイクを買いましょう。

 

「いや、わしはキャリパーディスク一筋でっせ」

「いやいや、カンチブレーキが最高ですえ」

 

て、人は別です。機能より思い入れです。若き日のファーストインプレッションはつねに偉大です。ガラケー、メール、ADSLて人はまだまだ少なくありません。

 

一発目の高チャリでディスクブレーキにすんなり入れたぼくはほんとに果報者でした。体験の第一印象はなかなか覆りませんから。

 

最近モデルチェンジしたShimanoのSLXの油圧ディスクなんかはレース用にもいけます。

 

 Shimano SLX M7000 Disc Brake

Shimano SLX M7000 Disc Brake

定価 12539円
割引 17%
特価 10449円

※2016/11/02 00:13:53のchainreactioncycles.comの価格

 

TERN VERGE、VEKTRON、DAHON HORIZE DISC、SAVANE、ARAYA MUDDYFOX mininaなどが注目です。

 

通販系の安ミニベロもいまやDBです。

 

 

FacebookでシェアはてなブックマークgoogleプラスWelcome Your Share