MicroSHIFTが11S電動シフト eXCDを発表


自転車王国台湾で3月2日~5日の日程で台北サイクルショーが開催されています。ここ数日の各方面の新作パーツネタの大本がこの展示会みたいです。

 

プレスの日別ごとのPDFカタログには日本語版もあります。興味のある方はリンク先で読んでみてください。

 

で、MicroSHIFTにMTB用の11速の電動コンポが登場します。その名はMicroSHIFT eXCD!

 

シマノ、カンパ、SRAMに続いて、MicroSHIFTまでが電動コンポに参入です。

 

正直、他メーカーの後塵を拝しまくっているMicroSHIFTがちゃっかりハイテク機器を開発していましたか! 意外も意外、SRAM eTapより衝撃です。

 

こうなると、もうワイヤー引きの人力シフターは本格的に時代遅れですね。

 



これがMicroSHIFT 渾身のMTB用11S 電動コンポeXCDだ!

 

さて、その電動ドライブトレインのこんなのです。

 

 

なかなかコンパクトですね。ちなみに信号伝達は画像のとおりの有線ケーブル式です。MTB用の11Sですから、11~42Tのワイドレシオです。もちろん、フロントシングルです。

 

値段や発売時期はまだ未定のようです。eTAP METREAの流れで今年前半に出ないかな~。しかし、今年の自転車業界はまじで激動と革新の予感です。